読書が最高な自己投資になる理由

読書が最高な自己投資になる理由
 

「読書は最高の自己投資と聞くけどどうなんだろう?」

「読書って時間の浪費にしかならなくて、自己投資とはいえないんじゃ…」

こんなお悩みを抱えている方もいるでしょう。

読書は最高の自己投資と聞くことは多いと思いますが、実はビジネスで成功している方のほとんどが読書をしています。

ではなぜこのように読書が必要なのか、理由がわからなければ人は動きづらいものです。

当記事では読書がなぜ成功者につながる自己投資になるかを解説し、本をたくさん読む方法やおすすめの書籍を解説します。

成功者になるためには読書への自己投資が必要な理由

成功者になるためには読書への自己投資が必要な理由成功者になるためには、読書への自己投資が重要である点は冒頭部分でお伝えしましたが、なぜ必要なのかという理由を深堀りしていきましょう。

具体的には次のような理由があります。

  • 本は投資効果が高いツール
  • 本は上質な記憶を作ってくれる
  • 成功している人の本を読むと本能的にレベルアップしやすい

それぞれ解説していきます。

本は投資効果が高いツール

読書が自己投資になる理由の一つ目は、他の成功できるツールよりも投資効果が高いからです。

たとえば、英会話をして英語力をアップしようと考えると1ヶ月に数万円が掛かりますが、参考書と勉強方法の本を買って自分で行えばたった数千円の出費で終わります。

もちろん、人から教えてもらわなければ学べないことも多いですが、最初の一歩は本で学べることも多いです。

ですから、いきなり高額の投資をするのではなく、触りだけでも小さく本からスタートするといいでしょう。

本は上質な記憶を作ってくれる

人間は過去の経験を記憶という形で脳にインプットしています。インプットされた記憶はあなたのノウハウとして定着し、あなたはその記憶の通りの自分のイメージで人生を歩んでいくことになります。

つまり、上質な記憶を持っている人は今後も上質な人生を歩む可能性が高くなりますし、質の悪い記憶を持っている人は今後も質の悪い人生を歩む可能性が高くなります。

しかし、読書をすることで新たな知識や知恵を手に入れるとそれも一つの経験として脳にインプットされるため、本で得た情報も今後の人生に影響を与える可能性があるのです。

成功している人の本を読むと本能的にレベルアップしやすい

知識や知恵を身に付けるだけでなく、本は面白い効果を発揮します。

実は人間の脳にはミラーニューロンという特殊な機能が備わってます。

ミラーニューロンとは相手の感情がうつるという機能です。

あくびがうつったり、梅干しを食べている人を見ると自分も唾が出てしまう状態がミラーニューロンの効果です。

実はミラーニューロンは本を読んでいる時にも効果が出るため、成功した人が書いている本を読むと成功者の感情や思考がうつりやすくなるのです。

そのため、成功者が書いた本をたくさん読むと自分自身を本能的にレベルアップさせやすいということがいえるでしょう。

読書が必要ないは嘘の事実

読書が必要ないは嘘の事実ここまで読書が必要な理由をお伝えしてきましたが、中には「読書は無駄!」や「読書なんて意味がない」と言われたことがある方もいらっしゃるでしょう。

もし、このような言葉を聞いたことがあるなら、嘘であると考えましょう。

というのも、ビジネスや何かの領域で学んでいる方のほとんどは、現在本を読んでいなくても、過去に何度も読んでいる経験があるからです。

私(田中直子)のクライアント様の中には、今はほとんど本を読んでいないという方もいらっしゃいます。

ただ、この方は小学生の頃に図書室にある偉人の伝記をすべて読破しているという経験があります。

このようにビジネスで成功している方の中で、幼少期を含めると本を読んでいる方がほとんどです。

ですから、読書が必要ないという言葉は、ほとんど嘘であり、実際には成功者のほとんどが幼少期を含めて考えると、圧倒的読書量を誇っていると考えたほうがいいでしょう。

自己投資を加速するおすすめの読書法

自己投資を加速するおすすめの読書法ここまで読書が必要ないという言葉には嘘がある点をお伝えしてきましたが、続いては自己投資を加速させるおすすめの読書法をお伝えしていきます。

具体的には次のとおりです。

  • 速読法を習得する
  • タイトルや目次から知りたい情報を意識しながら読む
  • 無理にすべてを読もうとしない
  • 大切なところを熟読する
  • 今日からスタートする習慣を考え・実行する

それぞれ解説します。

速読法を習得する

本をたくさん読むための手法として、さまざまな速読法が提案されています。

それらのノウハウを得るために、最初は速読に関する本を読んでもいいでしょう。

すると今後、数多くの本を読む時に最初から効率よく読むことが可能です。

ただし、速読法の活用は内容の理解のためではなく、読みたい本を選ぶ場合に活用することをおすすめします。

なぜなら、速読法を活用しても内容を深く理解することは難しく、あくまでも全体像を理解するためのものだからです。

カリフォルニア大学の心理学者であるKeith Rayner氏は、速読では理解度が深まらないことを科学的に証明しています。

そのため速読は、概要を知りたい場合や読みたい本を選ぶ際に速読を活用しましょう。

タイトルや目次から知りたい情報を意識しながら読む

読みたい本を選ぶときや、急ぎで読まなければならない本がある場合におすすめの方法は、自分の知りたい情報をピンポイントで収集する読書法です。

タイトルや目次を見ながら、自分がその本から得たい情報を意識し、その後で読むと、速読をしたとしても必要な情報が頭に入ってきます。

人間の脳にはRAS(網様賦活系)というシステムがあり、脳が必要と判断した情報のみを入手する傾向があります。

不必要な情報はふるいにかけて遮断されるため必要な情報を意識しておくと、効率的な読書が可能となります。

無理に全てを読もうとしない

几帳面な人の中には、一度読み始めた本は最後まで読まなければ本の代金がもったいないと思う人もいらっしゃるでしょう。

しかし、途中で読みたくないと感じた本を読んでいると時間のほうがもったいないので、そんな時は思い切って途中でやめましょう。

ひょっとするとその時間に他の本を読むと、より有益な情報を得られるかも知れません。

本を自分への投資という位置づけをしていると、無駄な本を読んでいることが無益であることが分かるはずです。

ですから、途中で投げ出すことも読書のうちだと考えておきましょう。

大切なところは熟読する

自分にとって大切だと思う所はしっかりと時間をかけて読みましょう。

自分の中に知識が定着するまで繰り返し読んでもいいでしょう。

不要なところは効率化を図り、必要なことはじっくり読むというメリハリを付けることで、数多くの本を読むことができるようになります。

今日からスタートする習慣を考え・実行する

読書をしたらその本に書かれていることの中で実行できることを、チェックリスト形式にして習慣化していきましょう。

たとえば、ノウハウ系の本を読んだら、今日から何をするのか明確化します。

これをアウトプットといいますが、習慣になるまで行っていくといいでしょう。

また〇〇しないという習慣ではなく、〇〇するといった言い方に変えて「行動目標」にすると達成しやすいです。

【読書】自己投資におすすめの本

【読書】自己投資におすすめの本効率のいい読書方法がわかったところで、自己投資におすすめの本を紹介していきます。

具体的には次のとおりです。

  • 成功者の自伝・伝記
  • 道は開ける.カーネギー
  • Full Power.ベンジャミン・ハーディー

これらの本は自己投資初心者向けの本なので電子書籍や書籍問わず、今から購入して読んでみることをおすすめします。

成功者の自伝・伝記

もっとも取り組みやすいのは成功者の自伝・伝記です。

冒頭部分でもお伝えしましたが、ミラーニューロンによって成功者の人生を追体験することで、考え方や行動を真似できるようになります。

成功者の自伝や伝記でおすすめなのは次のとおりです。

  • 戦国武将系列の伝記(マネジメントを学ぶ・ビジネスを学ぶ)
  • 本多静六(節約や投資を学ぶ)
  • エジソン(失敗を学ぶ)
  • 三国志(自分にあった人物を追体験する)

最初はこのあたりからスタートすると、多くの伝記を読みたいと感じるようになるでしょう。

読書が苦手という場合には、漫画から入って面白そうな人物がいれば、どんどん書籍に移れば大丈夫です。

道は開ける.カーネギー

少しずつ本で学べるようになってきたら、Dカーネギーの『道は開ける』を読んでみましょう。

ポイントは次のとおりです。

  • 今日一日を全力で生きること
  • 起こり得る最悪の事態を想定して行動する
  • 悩みを断ち切る方法
  • 精神状態を養う方法

とくに新卒から脂が乗ってくる30代までに読んでおいてほしいポイントをまとめました。

社会人になって2年目・3年目となってくると惰性で生きてしまったり、悩み続けた結果精神状態に異常をきたしたりすることもあります。

ですから、まずはどう生きればいいのかをこの本で学んでみてください。

Full Power.ベンジャミン・ハーディー

Dカーネギーの著書は昔から名著といわれていますが、直近の本で自己投資になるおすすめの本としては、『Full Power』があります。

この本のポイントは、環境の力がどれだけ人生にいい影響を与えるかを伝えてくれるところです。

たとえば、次のような話が本書では記されています。

  • 意志の力はただの精神論であること
  • 環境に投資することの大切さ
  • 背水の陣で挑める環境を作ることの重要性

ちなみにこれらの言葉は、成功している経営者の方々が常に言ってらっしゃることです。

そのため、ここに書かれている内容を一つずつ習慣化することでも、成功者への第一歩になるでしょう。

読書は最高の自己投資

読書は最高の自己投資成功者に近づくためには本をたくさん読むことをおすすめします。

本は手ごろな金額でプラスの影響をたくさん与えてくれるツールで投資効果は絶大です。

本記事で何度もお伝えしているように、読書で自己投資したらアウトプットし習慣化することで、どんどんあなたは成長していきます。

誰もが第一歩として取り組めるのが読書という自己投資なので、あなたも今日からスタートしてみるといいでしょう。

ただもし、あなたが自己投資をする前に働きたくないと感じているようなら、次の記事を読んでみると参考になるかもしれません。