1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 真似したい!成功する人の口癖とは?

真似したい!成功する人の口癖とは?

あなたの周りにいる成功している人はどんな人でしょうか?

会社の社長さん?ファッションデザイナー?大型店舗の店長?

周りを見渡してみると、様々な業種において成功者を見つけることができます。
成功している人と成功していない人には、どのような差があるのでしょうか。
同じことをしているはずなのに、あの人には勝てない、なんて思ったことがありませんでしょうか?

実は、成功者には共通した「口癖」があるのです。

ここでは、成功者がよく使っている口癖をご紹介していきます。口癖の背景にある意図を理解できれば、
あなたの行動は変わり、成功者の仲間入りをすることができるでしょう。

成功者の考え方について

成功者の口癖をご紹介する前に、成功者の考え方についてお伝えします。
そもそも、成功者とは誰かが認定をしているわけではありません。
ここからここまでが成功者です、といった区切りがあるわけでもありません。

成功者とは、
生活が活き活きとしており、ビジネスでもプライベートでも周りへの影響が強い人のことを言います。

つまり、成功者=幸せな人生を送っている、ということになります。
収入が少なくても幸せな人生を過ごしているのならそれは成功者なのです。

あなたが成功者を目指すのであれば、日々の生活が充実したものにならなければなりません。

そして、充実した生活を送っている時には「私は今成功者だ」と思うことはありません。
一生懸命に日々を過ごしていく中で、ちょっと足を止めて振り返ってみて
「毎日がとても幸せだな」と思うことが成功者なのです。

成功者の考え方には、以下のような特徴があります。

・ポジティブシンキングである
・簡単に諦めたりしない

・嫌なことがあってもずっとくよくよしない
・家族や友人を大切にする

これらの考え方を基に、成功者がいつも使っている口癖をご紹介していきます。

成功する人の口癖について

口癖1:面白い

成功者は、ビジネスでもプライベートでも面白いものを探しています。

苦労するプロセスよりも、結果の楽しさを求めるのです。
何気なく、「面白い」という言葉が出てくる人は、人生が充実している事が多いです。例を挙げます。

・先ほどお聞きしたサービス、ものすごく面白いですね!
・その話、すごく面白い!
・面白い商品を見つけたんですよ。

どうですか?

難しいとか、困難だとかを考える前に、もっと先を見ている事が分かるのではないでしょうか。

面白いという口癖を使っていると、
物事を前向きに考えることができるようになり、
違った将来が見えてくるようになります。

これから起こるワクワク感を周りと共有しようとしているのです。

口癖2:やってみよう

チャレンジをしないと、新しい道は開けてきません。

成功者は、常にチャレンジしたいと思っていますし、チャレンジできるものを探し続けています。
見たこともないものに対しては、誰もが恐怖心をいだくものです。

しかし、怖気づいて止まっていては成功が訪れることはないのです。こちらも例を挙げてみます。

・まだ不安な部分がありますが、とりあえずやってみましょうか。
・その提案、やってみよう。お客様に怒られたら俺がついていってやるから。
・これまでやったことはないんですが、スキューバダイビングをやってみようと思ってます。

勘違いしてはいけないのは、無茶な事に手を出すという意味ではありません。
ハイクラスなビジネスマンであれば、「やってみよう」と決めた後にしっかりと調査をします。
ある程度のリスクを洗い出すことができたら、100%じゃなくても始めてみるのです。

とにかくやってみるという意識を持っていれば、新しい事へのチャレンジが楽しくなってきます。
失敗してもいいから、やってみることが成功者への近道と言えます。

口癖3:なんとかなる

成功している人は、過去に成功した分だけ失敗もしています。
もしかしたら、失敗の方が多いかもしれません。
これまでにご紹介した口癖の例で言えば、面白いね、とりあえずやってみよう、としてスタートした事業が
うまくいかないことだってあります。

重要なのは、失敗してからどのような行動を起こすか、なのです。
あーもうだめだ、と沈んでしまうのか、いや、絶対なんとかなる!と奮起するのかでは、
成功への距離に雲泥の差があります。

・一緒に謝りに行こう!絶対なんとかなる!
・明日になれば、この流れもなんとかなるよ。
・頑張れがきっとなんとかなるさ。

なんとかなる、という気持ちでいれば、踏ん張って努力をすることができるようになります。

もうだめだ、と諦めてしまっては力が湧いてきません。
部下が仕事で失敗をした時にも「なんとかなる」と声をかけてあげ、手助けしてあげることが
成功者の振る舞いです。部下は失敗から学ぶことも多いでしょうし、なんとかなると思ってくれる上司を
信頼してついてきてくれるようになります。

周りも元気にさせることができるのが「なんとかなる」の口癖なのです。

口癖4:ありがとう

ちょっとした事にも感謝の気持ちを伝えることができるのが成功者です。

「ありがとう」の口癖は、一見当たり前のように感じるかもしれません。
誰でもお礼を言う時にはありがとう、を使いますからね。
しかし、日常生活の中にはもっと感謝すべきことがあるのに、たくさん見落としていることがあります。

いつもきれいなトイレを使うことができているのは、トイレを掃除してくれる人がいるからです。
いつもプリントアウトができるのは、誰かが毎朝紙の補充をしてくれるからです。
仕事でインターネットができるのは、情報システムの担当者が定期的にメンテナンスをしているからです。

成功者は、日常生活にある当たり前のことにも感謝の気持ちを忘れません。

トイレの掃除をしている人とすれ違うことがあれば、
「いつもありがとうございます」と言葉をかけるようにしてあげてください。

使ってはいけないネガティブな口癖

成功する人が使っている口癖をご紹介してきましたが、
ここでは、使ってはいけないネガティブな口癖をご紹介します。

・忙しい
・大変
・疲れた

これらのキーワードが口癖になっている人は、意識して言わないようにしてみてください。

成功者は、忙しいことを楽しんでいます。暇であることを嫌うのです。
忙しい忙しいと口癖のように言う人は、
誰かに忙しいことを認めてもらいたいと思っていることもあるでしょう。

「大変」や「疲れた」に関しても同じことで、ついつい口癖のようにつぶやいてしまうものです。

これらのネガティブキーワードには、「けど」を最後につけるといいでしょう
そうすることで成功にまた一歩近づくことができるようになります。

・忙しいけど、やりがいがある
・大変だけど、どこか楽しいんですよ
・疲れたけれど、明日まではがんばるぞ

イメージが180度変わったのではないでしょうか。

成功者はプライベートでもポジティブ!

成功者は、ビジネスだけに充実している人ではありません。

プライベートでもポジティブに活動をしており、成功を収めている人たちです。
仕事では前向きな発言をし、家に帰って後ろ向きな発言をしていては、成功者にはなれません。
家庭を持っている人は、家庭でも前向きな口癖を使えるようにしてみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

成功者の口癖がどのようなものかイメージできたのではないでしょうか。
中には、口癖だけ変えても行動を変えなければ意味が無い、と思う人がいるかもしれません。

しかし、不思議なものでご紹介した口癖を使っていけば、自然と行動が変わってくるようになるのです。
口癖から意識が変わってくるのです。

最初は少し意識をしながら、成功者になれる口癖を活用してみてください。
あなたの人生が、より楽しいものに変わっていきますよ。

 

口癖だけじゃない!?
成功している人は皆、特定の習慣を身につけ、そして実践することで成功を手繰り寄せています。
それでは具体的にはどのような習慣を身に着けているのでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

やりたいことでビジネスする方法編集部

やりたいことでビジネスする方法編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 気分の浮き沈みはつきもの!仕事のモチベーションを高めるための5つのメソッド

  • 職場の人間関係が辛いと感じたら…ストレスチェックを行うべき3つの理由

  • やりたいことを仕事にするため、転職する?副業する?

  • 仕事の効率大幅アップ!いま話題のマインドフルネスとは

この記事も読んでみて!

  • 引き寄せの法則の前兆を見逃すな!仕事にも役立つ脳科学

  • 子育てと仕事の両立に疲れたときの対処法

  • お金が不安な子育てママの「働き方」と「お金との付き合い方」

  • 子育てと仕事の両立の悩み、タイプ別解消法

  • 輝く女性が実践する!成功する女性の共通点とは?

  • 疲れたときにアロマの香りで疲労回復する方法