1. TOP
  2. 起業
  3. 【解決!儲かる仕事とは?】ホリエモンに聞いてみよう!確実に上手くいく起業の方法

【解決!儲かる仕事とは?】ホリエモンに聞いてみよう!確実に上手くいく起業の方法

  • いつか、自分でビジネスをやってみたい
  • 会社に頼らず、自分の力で稼げるようになりたい
  • でも、起業してしまったら、収入がなくなりそうで怖い…

というお声をよく聞きます。

できれば、確実に儲かる方法で起業したいですよね。
では、どうやったらそれが可能なんでしょうか?

ビジネスで成功したければ、先に成功している人に聞きましょう!

ということで、あのホリエモンの言葉から学びたいと思います。

儲けが出やすいビジネスと出にくいビジネスがあるの?
気になるあなたは、今すぐこちらを↓チェック

◆無料レポート→儲かる仕事はこれだ!起業前に参考にするべきビジネスモデル6選

起業するに当たって、自分の好きな商売ではなく、確実に上手くいく商売から始めたほうがいい

PASONA_8_TP_V

ホリエモンのおっしゃる通り、「いつか、自分でビジネスをやってみたい」という方の中には、
「自分でビジネスをする」=「自分の好きなことを好きなようにやる」と誤解している方も多いようです。

「会社を辞めて自分で事業をすれば、誰にも指示されないし、組織のめんどくさい人間関係もないから、
ラクそう」
と思っている方が多いのです。

 

でも、あなたが「自分はこれをやりたいんだ!」と言っているだけでは、「趣味」のレベルです。
「趣味」が悪いという意味ではありません。

「趣味」と「ビジネス」は違う、ということです。

  • 「趣味」は、自分のためにやること。
  • 「ビジネス」は、お客様のためにやること。

自分が「やりたいこと」をやるのは「趣味」。
やりたいかどうかにかかわらず、お客様に役立つことをやるのが「ビジネス」。

「自分がやりたいこと」より、「お客様に役立つこと」をやるのが、ビジネスの鉄則なのです。

やりたいこと<役立つこと。

これを忘れずにいましょうね。

 

ホリエモンの言う、「確実に上手くいく商売」とは?

◆無料レポート→儲かる仕事はこれだ!起業前に参考にするべきビジネスモデル6選

儲かるビジネスモデルとは? 今すぐこちらを↑チェック!

ホリエモンはこの4つを挙げていらっしゃいます。

1. 利益率の高い商売
2. 在庫を持たない商売
3. 定期的に一定額の収入が入ってくる商売
4. 資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

 

利益率の高い商売

YUKI_kodomookane15144623_TP_V

逆に、「利益率の低い商売」とはどんなものでしょうか?
それは、固定費が必要なビジネスです。

店舗が必要な飲食業や小売業。
そういったビジネスでも、高級レストランとか居酒屋とか、客単価が高いものはいけるかも知れません。

逆に、単価の低い、カフェとか雑貨屋さんなどは、個人で始めるのは厳しいです。
ドトールとかスタバなどの大手なら、単価が低くてもやっていけます。

でも個人起業では難しいかも知れません。

 

となると、「利益率の高い商売」とはどんなものでしょうか?
たとえば、店舗が必要ないビジネスです。

いわゆる「サービス業」ですね。

  • カウンセラー、コンサルタント、コーチ、占い、などの「相談業」
  • 社会保険労務士、税理士、司法書士、行政書士などの「士業」
  • 英会話の先生や研修講師
  • 整体師やマッサージ関係など

こういった商売は、「売上」が限りなく「利益」に近いです。
広告費など、もろもろの経費がかかっても、利益率は50パーセント以上でしょう。

 

ただ、そういったビジネスでも、いきなり事務所を借りるのはお勧めしません。
家賃という「固定費」がかかるからですね。固定費は極力かけないようにしましょう。

ただし、こういった「サービス業」は、参入する人が多いので、競争が激しいです。

「士業」は資格がないとできませんが、それ以外、たとえば、「カウンセラー」や「コーチ」などは、
自分が「カウンセラーです」「コーチです」と言えば始められる商売。

ビジネスの知識がないまま始めてしまう方も多く、
「とりあえずブログを始めたけど、集約できていない」という方が多いです。

ですので、もしあなたが「カウンセラー」や「コーチ」などの相談業を始められるのでしたら、
実績のあるコンサルタントからマンツーマンの指導を受けることをお勧めします。

 

◆無料レポート→儲かる仕事はこれだ!起業前に参考にするべきビジネスモデル6選

今すぐこちらを↑チェック!
高利益率ビジネスモデルの代表格xxxxxビジネスとは?

在庫を持たない商売

CL201_syorui2320140830185655_TP_V

在庫を抱えるということは、それだけでお金がかかるということ。

以前、経営コンサルタントをしている私の友人が、1000部ほどDVDを作ったのですが、
まったく売れなかったことがあります。それで、泣く泣くすべて廃棄したとか。

しかも、きれいなパッケージも作ってしまったので、そのパッケージをはがして分別するのが
すごく大変だったらそうです。

たぶん、DVDの撮影やプレス、パッケージのデザインで50万円はかかっていますよね。
その友人は50万円を「勉強料」として費やしてしまったわけです。

その彼は今、その学びを活かし、売れっ子コンサルタントとなって、かなり稼いでいます。
勉強料を払ってしっかり学んだのでしょう。

在庫は、入手するにも、保管するにもお金がかかります。

売れるという保証もありません。
「DVDなら腐るもんじゃないし、いいんじゃないの?」と思うかも知れませんが、そんなことはありません。

腐りこそしませんが、数年たつとDVDで話しているノウハウが古くなることもあります。
ですので、在庫はくれぐれも持たないようにしましょうね。

定期的に一定額の収入が入ってくる商売

起業前に参考にするべきビジネスモデルをご紹介!
今すぐこちらを↓チェック

◆無料レポート→儲かる仕事はこれだ!起業前に参考にするべきビジネスモデル6選

PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V

「定期的に一定額の収入が入ってくる」というのは、どんなビジネスでしょうか?

あなたが毎月支払っているものを思い浮かべてみましょう。

  • 携帯料金
  • ネットのプロバイダ
  • 家賃
  • 生命保険料
  • 公共料金

などなど。

つまり、そういうビジネスをあなたがやればいい、ということです。
毎月毎月、一定額が入ってきたら、安心ですよね?

たとえば、飲食店などは逆。

一度来たお客様が、リピートしてくれるかは分かりませんし、ましてや、よほど馴染みのお客様でない限り、
定期的に来てくれるわけではありません。

「えーっ、でも、携帯の会社とか生命保険会社をいきなり始めるのは無理!」
と思いましたよね。

もちろん、携帯会社や保険会社を始めろとは言っていません。

儲かる仕事で起業したいのであれば、そういった会社と同じように、
定期的に継続的に売上が上がるビジネスを始めましょう。

では、定期的に売上が上がるビジネスで、個人でできるのものには、何があるでしょうか?
たとえば、私を含め多くの方が行っている「コーチング」や、「カウンセラー」「コンサルタント」
「士業」などのお仕事。

クライアントさんとお話して、いろいろなお悩みを解決していきます。
こういった、相談に乗るお仕事で、お客様との契約を「月額払い」にし、長く続けていただくことです。

大事なのは、「長く続けていただくこと」。

単発の売上では、ビジネスが不安定になるのが想像つきますよね?

たとえば、あなたがカウンセリングの仕事をしているとします。
一度来てくれたお客様が「スッキリしました!ありがとうございます!さよなら~」と、
去ってしまったら、それは単発の売上です。あなたは、また次のお客様を探さなくてはいけません。

でも、もし、そのお客様が、毎月毎月あなたのカウンセリングを受けに来てくれたら?
とっても安心じゃないですか?

という風に、
「毎月一定額が入ってくる」のは、長期的、安定的にビジネスする上でとても大事なのです。

 

◆無料レポート→儲かる仕事はこれだ!起業前に参考にするべきビジネスモデル6選

こちらを↑チェック
ビジネスモデルを構築する時に知っておきたい注意点もあります。

 

資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

PAK85_tosutool20140830_TP_V

「1. 利益率の高い商売」と似ていますが、初期投資が必要ないビジネスがいいです。
飲食店はもちろんのこと、コンビニなどは、損益分岐点が高くリスクが大きいです。

そういった、初期投資とリスクの大きいビジネスは、最初から手を出さない方が賢明かも知れません。

市場における価値の提供

儲かる仕事というテーマを扱う時には、
「価値」を提供するということを念頭に置かなければなりません。

価値を追求することで、市場や営業手法などがより明確となります。

たとえば、モノがない時代には、モノを持っているだけで売り上げは上がりました。
営業は足で稼ぐだけで良かったのです。
しかし、モノが足りて来た時代には、説得しなければ売れなくなりました。
モノが足りて来たためにモノの価値が下がっり、営業に力を入れなければならなかったのです。

モノが溢れて来た時代になると、どれだけ説得しても要らないモノは売れませんから
提案型の営業が必要となりました。
モノの価値がさらに下がったために付加価値が必要となり、営業方法もさらに高度となったのです。

このように、価値は相対的に変化するため、市場性や営業手法などを検討する物差しとなります。
価値を追求して市場の相対性の中において抜きん出たものを提供すれば自ずと売上は上がるでしょう。

儲かる仕事は価値の人気投票

儲かる仕事というのは、価値の人気投票だと考えましょう。
どれだけあなたが価値が高いと考えた商品やサービスでも、
市場に受け入れられなければ無価値に等しいのです。

たとえば、人気アイドルのライブチケットを手に入れたとしましょう。
そのアイドルに興味がない人にとっては、ライブチケットはただの紙切れに過ぎません。
しかし、アイドルのファンにとっては、ライブチケット宝物です。

もしも、あなたが価値が高いと考える商品やサービスにファンがいなければ、
購入されることはありません。しかし、ファンがいれば財布の紐を緩めてくれることが期待できます。

つまり、
価値というのは誰にとっての価値なのかであり、価値が高くて市場に支持されるほど高値で売れる
ことになります。また、ファンの数が多ければ多いほど、多くの人に購入されることになるため
まさにアイドルの人気投票のようなものだと考えることができます。

従業員の価値とは

視点を変えて、社会人の立場から自分の労働価値を見て行きましょう。
もしもあなたが会社の従業員であった場合には、どのような価値となっているのでしょうか?

あなたは会社の歯車の一部として一生懸命働き、その成果として、会社から給料を受け取っています。
つまり、労働者としてのあなたの価値は、給料明細を見れば分かるということになります。

しかし、あなたは毎日会社に出勤し、あなたにとっての大切な時間を切り売りしているため
本当にあなたの時間に見合った給料をもらっているのかは定かではありません。

あくまでも会社が定めた給料に規定に乗っ取って働いているため、疑問を持たずに
大切な時間を搾取されている可能性もあるのです。

表現を変えると、時間とお金の間にテコの原理が働いていないので、
労働時間と給料の関係がほぼ比例する状態となります。

1+1=2にはなりますが時間と価値の間に相乗効果が得られないため、
労働に対して最小限の収入となっています。

経営者の価値とは

経営者の価値は労働者の価値よりも、その属性が上がります。
経営者は人を使って利益を得ているため、効率良く稼ぐことができるのです。

極端な例ですが、もしもあなたが1人で毎月20万円稼げる仕事があったとしましょう。
1人で稼いでいるうちは、どう頑張っても毎月20万円となります。

しかし、10人のパートアルバイトに手伝ってもらい、利益を折半したとすると、
100万円の収入が入ります。こうなると、あなたは自分で20万円を稼ぐよりも、
いかにしてパートアルバイトに効率よく働いてもらえるかをマネジメントすることが大切となります。

また、1人あたりの労働時間や稼げる額がもっと大きな場合には
正社員を雇うことも視野に入れることができます。

このように、経営者は自分の時間の切り売りをやめ、人の時間を効率よく買う側に回ります。
自分の時間にテコの原理を働かせ、今まで1人分だった労働の価値を大きくあげて行くことができるのです。

投資家の価値とは

投資家は、人の時間を買い取るのではなく、お金に働かせて収入を得ています。
ただし、投資家とひと口にいっても、事業に投資をして発展させ、世の中に価値を
提供している場合と利益を目的にマネーゲームとして収入を得ている場合があります。

前者の場合には、投資先の会社がしっかりと働き、利益を出せれば
投資家にも還元されるため、社会利益と自分の利益を両立させることになります。

後者の場合には、社会に価値をもたらすとはいいにくい面があるのですが
労働価値という意味ではあなたの代わりにお金が働いてくれているため、
効率良く稼ぐことができます。

もちろん、投資は必ず勝てるというものではありませんので、損失となることもありますが
大きく利益を得ている人も数多くいらっしゃいます。

投資で成功するためには、
投資ノウハウをしっかり学び、それを実践して経験を積まなければなりませんので、
投資のための投資が必要となります。

その時に得た知識や技術、マインドも、ほかの価値を生むための財産と成り得ますので
副産物もあるといえるかも知れません。

会社オーナーの価値とは

会社オーナーの価値も考えてみましょう。会社オーナーは経営者と混同されやすいのですが
同じ経営者でも企業家としてバリバリ働いている経営者
会社の所有者として自分は働いていない経営者がいらっしゃいます。

会社オーナーは権利収入を得ているため、何もしなくても勝手に収入が入ってくることになります。
不労所得を得ているので、時間の自由を得ることができるため、また新たな事業にチャレンジできたり
ライフワークなどの仕事以外に時間を使いやすいという特徴があります。

労働時間がなく、収入を得れるということは、
対お金に関する自分の価値を最大化した状態といえるため多くの人から羨望の眼差しで見られます。
もちろん、会社のオーナーになるためには、それまでの苦労も多いでしょうし、
投資リスクを負っている場合もありますので、簡単になれるというものではないでしょう。

仕組みビジネスによる収入の自動化

ここまでご覧いただいたことでお気づきかも知れませんが
収入を得る方法を仕組化すれば、収入の自動化を実現させることが可能です。

自分が1人で一生懸命働いているということは、何の仕組みもできていません。

しかし、組織化して多くの人に手伝ってもらう仕組みを作れれば、効率よく稼ぐことが可能です。
完全に人に任せてしまえば時間の自由を得ながら、不労所得を得ることができますし
投資をする場合にはお金にお金を稼がせることも可能です。

収入という名の元では、時間の自由と労働力は反比例しますので
いかに労働力をかけずに高収入を得るかは、仕組化への知恵にかかっています。
自動的に収入が入ると、できることの裾野が広がるため、また新たなチャンスを得やすくなります。

ぜひ、最初は小さな仕組みであったとしても、収入の自動化を目指すと良いでしょう。

市場における価値ってなに?

不労所得が入るようになったということは、あなたの市場における価値が最も上がっている状態です。

不労所得によって自分が仕事から離れることができる訳ですから、
何となく自分は市場に不必要だと感じてしまうかも知れませんが、実はそうではありません。

市場における価値が高まって、あなたが生み出した商品サービスや仕組みが支持されたからこそ
逆にあなたがいなくても回って行けるということなのです。

つまり、
市場における価値とは、あなた自身ではなくあなたが生み出したものにあるでしょう。

もしも、あなたが超一流の寿司職人だったとします。
あなたの美味しいお寿司を食べに来る人はいつも大喜びで帰っていきます。
そんなあなたが10人の弟子を育て上げ、あなたと同じ水準の寿司を提供できるようになったとすれば、
あなたは10倍の価値を作り上げたことになります。

10倍の人の幸せにアプローチすることができるため、あなたがいなくても10倍の幸せは継続するのです。
あなたのノウハウが市場の中で価値があるとみなされ、あとはその価値が独り歩きしてくれるのです。

今の世の中に求められている価値ってなに?

では、今の世の中には、一体どのような価値が求められているのでしょうか?
それは「環境」「情報とコミニケーション」ではないでしょうか?

環境はいうまでもなく地球環境です。
世の中にエコを意識した商品が数多く登場するのは、環境意識の高まりによるものです。
利便性の追求だけでは市場に支持されない時代になっているため
環境を意識した商品サービスが重要です。

情報に関しては、インターネットやスマートフォンの普及により、
誰でも簡単に情報収集ができる時代となりました。
その結果、情報を得ることよりも、情報を簡潔にまとめてくれるサービスが求められています。
まとめサイトが重宝されるのも、そのような背景があるからだといえるでしょう。

コミニケーションは、SNSなどの普及で見て取れます。
昔と違ってコミニケーションが希薄となっているといわれがちですが、
今の時代の方がより多くの人と簡単にコミニケーションを取ることができるのです。

今後台頭してくる価値とは?

今後台頭してくる価値は、人間にしかできないものだと考えられています。

たとえば、工場で働いているあなたが、社員として何の付加価値も生み出さないまま
会社員生活を過していた場合、新たに入った機械に取って代わられるかも知れません。

ハイテクノロジーの時代に、わざわざ人間が行わなくても機械が代わりにやってくれるのであれば、
より正確でよりスピーディーな仕事ができます。
人間では太刀打ちできませんので、明日から仕事がなくなるでしょう。

このようなことは、多くの業界にいえることです。
個人の話しだけでなく、もしかしたら業界や業種の中に、今後消えていくものもあるかも知れません。
逆に人間だからこそできるクリエイティブな仕事は、ますます価値を高めて行く可能性があります
ので一体どのような仕事が価値を高めるのか、しっかりと観測しておく必要がありそうです。

あなたが経営者になったらどんな価値を市場に提供する?

1つ、ぜひ考えていただきたいことがあります。
それは、もしも、あなたが経営者になったらどんな価値を市場に提供するか?ということです。

このことを考えて働いていると、あなたの会社に足りないものが見えて来たり、
どこに向かうべきなのかが分かってきます。

会社のあるべき姿を想像できると、その中におけるあなたの役割やポジションも分かるでしょう。
その結果、あなたは他の社員よりも高い次元で仕事をすることができます。

このことは、会社内でのあなたの価値を上げることにもつながります。
具体的な事柄にばかり目を向けている人は、
抽象的な思考ができず、ワンランク上の次元で物事が見えません。

視点を高める訓練と、社内での価値を高める訓練を同時に行うことに繋がりますので、
日頃から意識してみると良いかと思います。

あなたが価値を提供できるために必要な方法

あなたが価値を提供できるために必要な方法も一緒に考えてみましょう。
抽象的な視点で全体像を見る癖が付いたら、あなたがどのような価値を提供できるのかが分かってきます。

たとえば、野球選手の場合、ベンチに入る人が必ずプレイできるとは限りません。
レギュラーに選ばれず、いつもベンチを温め続ける可能性もあります。
しかし、チームが勝利をするためには、ベンチにいるあなたも何かできるはずです。

伝令役だったり、声を出してチームを応援したり、バットの整理やアイシングの準備などの
雑用を手伝うなど、縁の下の力持ちになることも可能です。
気が付けばチームのムードメーカーとして、なくてはならない存在になっている可能性もありますので
チームの中で価値を高めたといえるでしょう。

常に、あなたが提供できる価値を意識しておきましょう。

あなたの価値は何だろう?

最後に、あなたの価値とは一体何なのでしょうか?
仕事という意味では、その物差しとして収入や市場価値を紹介して来ましたが、
究極的には「自分は価値があると思っているかどうか」に尽きると思います。

たとえ、稼げる仕組みを作って、多くの収入を得ていたとしても、
本人が無価値だと感じていたならば、人生において意味がないことかも知れません。
逆に、思うように稼いでいなかったとしても、「自分が価値がある」と思っている人は
幸せに過ごすことができるでしょう。

自分自身を突き詰めれば、自分の価値というものが見えてくるかと思いますので
些細な価値でも構いませんので、自分の価値を1つでも多く拾っていく癖を付けましょう。

ただし、仕組化して稼いでいる人の方が、自分に価値を見出しやすい傾向があります。
実績は自信に繋がるということも知っておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ホリエモンのおっしゃる「起業してほぼ確実に成功する方法」、本当に的確だと思います。
儲かる仕事で起業して成功するには、こういった「ルール」があるのです。

失敗する方は、たいてい、これらの「ルール」を知らないか、
知っていても「自分なりにやってみます」と言って、自己流にやっています。

せっかく起業するなら、できれば失敗は避けたいですよね。
ぜひあなたも、これらのルールを参考にして、起業の成功を目指してくださいね!

 

◆無料レポート→儲かる仕事はこれだ!起業前に参考にするべきビジネスモデル6選

↑近年注目を浴びているビジネスモデルをご紹介します。

 

 

あなたはは、
収入の低い好きなやりたい仕事か、収入の高い嫌なやりたくない仕事
どちらが良いと思いますか?




\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中直子

田中直子

外資系企業OL時代に、「やりたいことが分からない」と悩み、転職活動をするものの、40社ほど履歴書を送って1社も内定せず。
コーチングに出会い、「自分には価値がない」と思い込んでいたことに気づき、起業。
コーチングをとおして、「本当にやりたいこと」を見つけて「ビジネス」として実現できる人が増えるよう活動中。
著書に「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」(セルバ出版)がある。
好きな食べ物はホルモン焼き。

この人が書いた記事  記事一覧

  • メルマガとは何?ブログとの違いから配信する方法まで初心者向けに解説

  • 自分は空っぽな人間と思っていた女性が「本当にやりたいこと」を見つけるまで

  • ビジネスで成功しない人の特徴7つ

  • 仕事もプライベートも空回り、やりたいことがわからない彼女が夫に愛されながらやりたいことで起業できた理由

この記事も読んでみて!

  • 失敗例から学ぶサラリーマン週末起業を成功させるジャンル選択の秘訣

  • ビジネスで成功しない人の特徴7つ

  • 【いまの職場でいいの?】転職や起業を考えて迷ったときの判断基準11選

  • 堀江貴文さんに学ぶ、起業してほぼ確実に成功する方法と、失敗する原因

  • 会社にバレないように週末起業するときに最低限気をつけておくこと

  • 起業するにはお勤めのうちに絶対これを準備して!必須のスキルとノウハウ7選