【やりたいことが見つからない】40代から見つけて仕事にする方法

毎日会社に出勤していて、社歴も長くなり、役職に就く段階になったときに

「自分のやりたい仕事って何なのだろうか?」

と我にかえることがあると思います。

いつしか会社に出勤することが目的になってしまい今の仕事が自分の天職かどうか「好きなこと」なのかどうか、ということも考えたこともない人も実は多くいます。

やりたいことが見つからない根本的な原因

社会人として5年、10年と経験を積んでいくと、ふとしたときに「今の仕事は自分に本当に合っているのか」が気になってしまうことがあります。

35歳、40歳にもなってやりたいことが見つからないというのは、自分自身が無気力に感じられて「自分の今までのキャリアは何だったのか?」と落ち込んでしまう人もいます。

しかし、現実はやりたい仕事というのは思いつかなくて当然と言えます。

今までの日本の教育制度、キャリアやエリートに対する概念に問題があり、
無意識に洗脳されてきた結果なので
す。

◎自分自身の有用性の真価が問われる40 代

★無料レポート→現役世代40 代必見! 40 代が考えるべき 10・20年後のキャリアパス

「やりたいこと」を見つける必要性・目標

現段階で勤めている会社の仕事が自分にとって天職だと思えるのであればそのまま続けた方が良いです。

しかし

「自分のやりたかったこととは違う」
「生活のために会社に行っている」
「一生この仕事で食っていけるというものがない」
「会社が変われば全く通用しないスキルばかり」

この中で1つでも当てはまるのであれば「やりたいこと」を仕事にすることを考え始めるべきです。

とりあえず給料が毎月入ってくれば、当面は生きていくことができますし正社員として働いていれば、そう簡単には解雇されることはありません。

しかし「やりたいこと」を仕事にしていないツケを払うときは将来必ずやってきます。

「やりたいこと」を仕事にしておかなければ生きることは難しい

自分の「やりたいこと」を無視して会社の仕事だけを30年、40年と続けた人には定年退職した段階で退職金と年金しか手元にない状態になります。

生活のためにやってきた労働から開放されるまでは良いのですが会社に行かなくなった途端に、やる仕事がなくなります。

一方で、やりたいことを仕事にして60代を迎えた人には、その仕事の熟練者として仕事の依頼が止むことがなくなります。

今からでも遅くは無いです。

過去に「やりたいこと」を仕事にしようと考えてこなかったことは仕方が無いです。
あなたが35歳を過ぎていても、40代でも、男性でも女性でも関係ありません。
生活のために仕事をしてきたという事実に気付いた段階で「やりたいこと」を探せば良いのです。

「そんなことをいっても、やりたいことなんてすぐに見つからない」そんな方も多いと思います。

そこで「やりたいこと」を見つけるヒントをお伝えします。

◎ 10・20 年後のキャリアパスありますか?

★無料レポート→現役世代40 代必見! 40 代が考えるべき 10・20年後のキャリアパス

「やりたいこと」を見つけるための方法とは?

あえて仕事になるかどうかは考えない

やりたいことを仕事にできていないあなたは今、現在何か本業として仕事をされていると思います。
ですので、「やりたいこと」がすぐにお金になるかどうかは考える必要がないはずです。

仕事という概念にとらわれすぎると、会社員などの雇用される中での仕事の枠内で考えてしまうことになります。

まず紙に「やりたいこと」を書き出します。
どんなに馬鹿げたことに思えることでも良いので書いていきます。

どうしても思い浮かばない場合は「好きなこと」に置き換えて書き出します。

自分が出来ることかどうかを確認する

書き出した「やりたいこと」「好きなこと」は自分にとって『できること』なのかどうかをチェックしていきます。

出来ることにする理由は、仕事にするということは、お金をもらうということになります。
出来ないこと・苦手なことでお客様からお金をもらうというのは至難の業になります。

世間のニーズがある仕事なのかを調べる

仕事としてお金をもらえるようにするには、顧客の悩み・問題を解決する必要があります。

あなたが「好きなこと」「得意なこと」だとしても、誰の問題も解決しない世の中にニーズが無いと『仕事』としてやっていくことは難しくなります。

ニーズがあるかどうかはインターネットではYahoo知恵袋のようなQ&Aサイトで調べたり、書籍として出版されている内容かどうかで分かります。
書店に書籍として並ぶということはニーズがある内容ということです。

やりたいことが見つからないなら自分と向き合う時間を作ってみる

自分と向き合う時間を作ることは、やりたいことを見つけて仕事にするためにはとても大切です。

日常の喧騒に埋もれてしまっていては、やりたいことを探すことは難しいでしょう。
ましてやそれを仕事にして継続することは困難ですので自分と向き合う時間は意識的に作りましょう。

オシャレなカフェでノンビリと過ごしても良いですし、川や海の堤防で物思いにふけっても良いでしょう。
坐禅やヨガで精神性の高い時間を過ごすのも良い方法ですので自分をリセットするつもりで取り組みましょう。

仕事や家庭などの個別項目から共通点を探す

仕事や家庭などの個別項目から共通点を探すこともおすすめです。

具体的には自分にとって理想の状態を書き出すと良いでしょう。
「家庭における自分の理想像」
「仕事における自分の理想像」
「友人関係における自分の理想像」の項目ごと
に理想像を書き出し、それらの共通点を探しましょう。

その共通点が本当に自分がやりたいことである可能性が高いので、それを仕事化するには、どうすれば良いかというプロセスをたどるとやりたいことを仕事にしやすくなるでしょう。

今まで気づかなかった自分に気づけるかと思いますよ。

◎ターニングポイントの40代の今、もう一度見直しませんか?

★無料レポート→現役世代40 代必見! 40 代が考えるべき 10・20年後のキャリアパス

やりたいことが見つからないなら常にやりたいことを意識する

常にやりたいことを意識しておくことも大切です。

人間の脳は意識したことに情報が集まる性質があります。
たとえば、新しい車を買った途端に町中に自分の買った車と同じ車が走っていることに気が付くでしょう。

それと同じように、今まで心理的盲点となっていたことに対して意識をすることで新たな気づきを得ることができるのです。
そのため、常にやりたいことに焦点をあてておくと、それに必要な情報がどんどん舞い込んできます。

お出かけ中のお店がヒントになったり、友人とのひょんな会話から発想を得たり、たまたま見たテレビが気づきのきっかけとなるなど必要な情報が引き寄せられることでしょう。

幅広く読書をする

やりたいことを仕事にするためには読書も重要です。

本は1,000円前後の少ない費用でさまざまな知識やノウハウを得ることができます。
とても投資効果が高いため、読書量が多い分だけ自分への投資を効率よくすることができます。

専門知識を得るためには1つのジャンルを掘り下げて読んでも良いのですが、やりたいことを見つけて仕事にする場合には幅広い分野の本を読むことで、多くの気づきを得ることができます。

ぜひ本屋さんに行って、興味のある分野の本を入手しましょう。

異業種交流会に積極的に参加する

異業種交流会には、文字通りさまざまな業種の人が集まります。
そういう会に積極的に参加して、刺激を受けることも良い方法です。

異業種交流会に出席している人とのコミュニケーションは今まで自分が知らなかった分野の生情報を得ることができるため視野が広がりやすいのです。

狭い視野ではヒントすら得ることができなかったにも関わらず、視野を広げた瞬間に多くのヒントや気づきが舞い込むことがあります。
人脈ができて協力者を得やすくなるというメリットもありますので積極的に参加しましょう。

資格をいくつか取ってみる

興味のある資格をいくつか取ってみるというのもおすすめです。
資格の勉強をすると、その資格を必要とする業界の事情が分かります。

また、合格を目指して勉強をしているプロセスで自分の新たな可能性に気が付くこともありますので、ぜひ何らかの資格取得を目指してみましょう。

また、取得した資格が、結果論的に自分のやりたい仕事に活きてくる可能性もありますし、単純に拍が付くメリットもあります。

勉強したいことを資格にするという感覚で構いませんので、ぜひチャレンジしてみてください。

やりたいことが見つからないなら副業にチャレンジしてみる

副業で世界観を広げることも良いでしょう。

サラリーマンの場合は、自分が働いている会社以外の世界を見る機会が少ないため副業はとても刺激となるはずです。
アルバイトをしても良いですし、在宅ワークにチャレンジしても良いかと思います。

副業を選ぶ場合の注意点は自分の興味が湧くものであること」と「就業規則の順守」です。
興味がないのにお金のためだけに副業をしていてはやりたいことが見つかりにくいですし就業規則に違反していては、本業に支障がでるかも知れません。

本末転倒にならないように気をつけましょう。

ネット転売で商売のコツを知る

ネット転売で商売のコツを知るという方法も推奨できる方法です。

ネット転売とは、商品を仕入れて、Amazonや楽天などのECサイトで販売する方法です。中古品をリサイクルショップなどで仕入れてECサイトで売ることもできますし新品商品をヤフオクで仕入れてECサイトで売ることも可能です。

その価格差を狙って利益を得る方法なので商売のキホンやコツを体感しやすいのです。

資金に合わせて仕入れができますので、小資本からスタートできます。
小資本すらないという人はヤフオクで不用品販売をすることで雰囲気と資金を得ることができますので手軽に始めることが可能です。

仕入や売り上げ、利益や回転率など常に「経営視点が必要」となりますので学ぶことも多いかと思いますよ。

やりたいことが見つかって仕事にする段階でこのノウハウが役に立ちますし、やりたいことを実行する時の貴重な資本を稼ぐこともできるでしょう。

SNSで情報発信してみる

やりたいことを見つけるためには、SNSで情報発信をしていると良いでしょう。
SNSで情報発信を続けようと思うと、何らかのネタがなければ継続できません。

誰も相手にしないような投稿ではなく反応を見ながら投稿することを心がければ
どのようなものが世間にウケるのかが見えて来るでしょう。

結果的に、マーケティングをしているのと同じ効果が期待できますのでニーズが見つかる可能性が高まります。
そのニーズを満たすことができる仕事にできるかも知れません。

ブログを書いてみる

ブログを書いてみるのもオススメです。
本来的な意味合いでは、ブログもSNSの1つですがブログの場合は記事の分量が他のSNSよりも圧倒的に多いためあえて分けて紹介します。

ブログで情報発信をするには情報収集能力と発信力が必要となるので読者満足の視点が必要となります。
正確な投稿をするには、それなりにリサーチする必要も出てくるため記事の分野で知識が付くかと思います。
その知識が、仕事につながることもあるでしょうから、なるべく頻繁にブログを更新すると良いでしょう。

ウェブライターの仕事をしてみる

ブログと同じ理由でウェブライターの仕事をしてみるというのも良いでしょう。

ウェブライターとは、ネット上にアップするための記事執筆の仕事でウェブメディア用の記事やオウンドメディア用の記事、コラムなど、さまざまなニーズがあります。

自分が知らない分野の記事を執筆することも多々あるため今まで知らなかったことに詳しくなることができます。
見識を広げることで、やりたいことが見つかる可能性もありますので学びと実益の一石二鳥となるでしょう。

とにかく趣味を追求する

とにかく趣味に没頭するというのもやりたいことを仕事にする上での近道となる場合があります。
多くの成功者の中には趣味に没頭した結果、いつしかそれが本業となって成果を収めたというケースもあります。

今は仕事につながらないような趣味だとしても、そこから派生したことが仕事になったり、趣味を通じて出会った人から仕事のヒントを得ることがありますので
どんどん趣味を突き詰めて行くのは、とても良いことだと思います。

やりたいことが見つからないなら新たな分野にチャレンジする

新たな分野にチャレンジすることも意識してみましょう。

人間は放っておくと、今の環境から出ずに、ずっと同じ環境で居続けようとしてしまいます。
なぜなら、その方が楽だからです。

しかし、やりたいことを仕事にするためには、あらたな発見が必要ですので新しい分野に果敢にチャレンジすることで、さまざまな気付きやご縁やチャンスを得ることが可能です。

そのようなチャンスの中から、自分が本当にやりたいことが見つかる可能性がありますので積極的に新たな分野に切り込みましょう。

◎キャリアの棚卸しの仕方・ポイントをお伝えします。

★無料レポート→現役世代40 代必見! 40 代が考えるべき 10・20年後のキャリアパス

 行ったことがない所に行ってみる

今まで行ったことがない所に行ってみるのも良い方法です。

いつも自宅や勤務先の周辺にいたり、出かけても同じような場所ばかりに行っているのでは全く刺激はありません。
下手をすれば、その景色を見なくてもどこに何があるのかが分かってしまうケースもありますので新たな気づきを得ることが難しいでしょう。

今まで行ったことがない街や、今まで行ったことがない国に行って見聞を広げる取り組みをすると、逆にいつもの街の見え方も変わるはずです。

街歩きをしてみる

街歩きをしてみるのも面白いかと思います。

歩いてのんびり街の隅々まで見て歩けば今まで知らなかった発見があるかと思います。
もちろん、知らない街で街歩きをするのが最も良いのですが、お金と時間に余裕がない場合には住み慣れた街でも構いません。

いつもは車や自転車で走り去っていたところも、ノンビリ歩いてみると普段見落としている部分があるかも知れません。

お店や史跡、旧街道など、いろいろなものに着目して歩けば新たな発想が生まれるかも知れませんよ。

新しい友達を作る

新しい友達を作ることも意識して見ましょう。

既存の友達と、なれ合いの関係を続けていても新たな情報はなかなか入って来ません。
しかし、新しい友達ができると今まで知らなかった新たな世界観に浸ることが可能となります。

新鮮な情報が入って来たり、知らない話しに臨場感が持てるなど、あなたに新しい風を吹き込んでくれるでしょう。

また、新たな友達は、さらにまた新たな友達を紹介してくれることもあるでしょうから
友達作りを積極的に行うのもひとつの手です。

一人会議の時間を作る

一人会議の時間を作ることも忘れないことが大切です。

情報をインプットするだけでは、それらの整理ができず、やりたいことを見つける後押しとはなりにくいのです。

しかし一人会議をすることによって、さまざまな情報を整頓し発想を形にすることができる場合があります。
一人会議は瞑想をしながらでも良いですしウォーキングやジョギングをしながらでも構いません。

自分一人でゆっくり考えごとができる場所と時間の確保が重要です。

◎自分自身の有用性の真価が問われる 40 代、最良な決断の仕方とは?

★無料レポート→現役世代40 代必見! 40 代が考えるべき 10・20年後のキャリアパス

とりあえず「普通課」に進学する時代は終わった

「やりたいこと」を見つけることができるかどうかの岐路は高校進学の段階にあります。
今までは高校進学と言えば、「普通課」に入学することがセオリーでした。

高校進学=大学受験

この図式があるために、ほとんどの中学生は少しでも偏差値の高い「普通課」の高校進学を目指してきました。

一昔前では、工業高校といえば普通課に進学できない人が進学する学校という不名誉なイメージがありました。
(当然、昔から目的を持って進学している人もおられましたが)

時は流れ、バブルの崩壊、リーマンショックなどの経済危機を何度か超える中で進学に対する価値観も大きく変わってきました。
大手の状況企業に就職することや、難関の公務員試験に合格して官僚になることが成功のゴールであると教えられてきました。

確かに、東大・京大を頂点とする学歴のピラミッドのどの位置にいるかで就職先が決まっているという構造は現在でも変わっていません。

普通課の高校に入学し厳しい受験を突破して、偏差値の高い大学を卒業して名のある大手企業に就職して人生の目的を達成したと思いきや自分には「専門性が無い」現実に気がつくことになります。

35歳、40歳になり、ある程度の役職について「やりたいこと」が見つからないという現象に陥ることになります

「やりたいこと」が見つかっている人や「やりたいこと」を職業にできている人というのは、普通課の学校ではなく工業課や商業課、専門学校を卒業している人の方が比較的多いことに気がつきます。

例えば、イラストを描くのが子供の頃から好きでアニメーションの専門学校を卒業してアニメ事務所に就職している。

工業高校を卒業して、学校時代からの車イジりの趣味が高じて自動車のチューニングショップを経営する等です

バブル景気の頃までは、会社員として就職しておけば給料が上がり続け、好きなことを仕事にした人よりも多く給料がもらえ、社会的にも地位があるように見る世間の風潮がありました。

しかし、バブル崩壊・リーマンショックを経て立場は完全に逆転しています。

専門性もなく、やりたいことも見つからない
ホワイトカラーの30代、40代が大量に発生する社会になって
しまいました。

【人生を変える】仕事に対する考え方を完全に変えなければいけない時代 

 ブルーカラーよりホワイトカラーの方が上だという考えや大企業に勤めていることが仕事選びに成功しているという考え、総合職の方が無難だという考え方のことです。

一旦、自分の中にある仕事に対する概念を白紙にした上で、自分の「やりたい」仕事は何なのかを見つけ出す必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なぜ「やりたいこと」を仕事にする必要があるのか、「やりたいこと」の見つけ方のヒントはつかめたのではないでしょうか。

「今は給料をもらえているから大丈夫」
「生活費を稼ぐために会社に行っている」
「本当は今の会社を辞めたい」

そんな考えが頭をよぎったら、すぐにでも「やりたいこと」を仕事にできるようにする準備にとりかかるべきです。

まだ切羽詰まっていない今だからこそ、焦ることなく、じっくりと「やりたいこと」を考えることができます。

1日も早く「やりたいこと」を仕事にして人に感謝されながら、お金がもらえる生活に入れることをお祈りしてします。

◎現役世代の 40 代必見! 40 代が考えるべき 10・20 年後のキャリアパス
◎ターニングポイントの40代の今、もう一度見直しませんか?
◎自分自身の有用性の真価が問われる40 代

★無料レポート→現役世代40 代必見! 40 代が考えるべき 10・20年後のキャリアパス

女性が事業を営もうとする場合、家事や育児とのバランスに悩まされることがあります。
自分の経歴・強みなどを活かして問題を解決していこうとする10名の女社長を紹介します。