1. TOP
  2. 起業
  3. 【起業おすすめ】これからするならどんな業種?「ストックビジネス」なら成功しやすい?!

【起業おすすめ】これからするならどんな業種?「ストックビジネス」なら成功しやすい?!



独立起業をお考えの方から、

  • これから起業するならどんな業種がいいですか?
  • 起業してしまったら、収入がなくなりそうで怖いです
  • 失敗が怖いです

とのご相談をよくいただきます。

起業するのはカンタンですが、それを続けるのは誰にでもできるわけではありません。
せっかく起業するなら、できるだけ成功しやすい方法を取りたいですよね。

実は、「起業して成功するかどうか」は、最初の「業種選び」の時点ですでに決まっているのです!

失敗しやすい業種でビジネスを始めてしまうと、どんなに努力しても成功の確率が低くなります。
私の周りの様々な業種で起業している人たちを見て、また、自分自身が2010年に起業して
継続している経験から、「うまくいく業種」と「うまくいかない業種」を解説します。

ぜひお読みになって、失敗のない起業を目指しましょう。

 

でも・・・ストックビジネスの注意点!
気になる方はこちら↓をチェック!

◆無料レポート→堅実に稼ぐならストックビジネス! 事前に知っておきたい注意点と成功のポイント

起業するなら、これからどんな業種がおすすめ?

AL001-3doorhiraku20140830_TP_V

起業を考えているあなたに、まず失敗してほしくないことは、「業種選び」。
世の中にはいろんな業種がありますが、単に「好きだから」「売れるから」という理由で選んではいけません。

業種選びによって、最初から成功するか失敗するかがほぼ決まってきてしまいます。
では、起業するならどんな業種がいいのでしょうか?

世の中の業種には、大きく分けて「フロービジネス」「ストックビジネス」の2種類があります。
それぞれどんなものか、解説していきますね。

フロービジネスとは


ストックビジネスのメリットは継続的に収入が入ること。
でも、これがデメリットになる
ことも。それは・・・

◆無料レポート→堅実に稼ぐならストックビジネス! 事前に知っておきたい注意点と成功のポイント


単発型

一発、大きく売上げる可能性はあるけれど、それ以降は基本的に発生しない売上のこと。

特長1特長2特長3特長4特長5
売上のブレが大きく不安定
継続が難しい
精神的に不安になる
売上予測が立ちにくく、資金繰りに苦労する
新規投資の計画が立てにくい

 

ストックビジネスとは

継続型

毎月など、定期的に定額で入ってくる売上のこと。
お客さんが増えれば収入も比例して上がっていきます。

特長1特長2特長3特長4特長5
売上のブレが少なく安定する
継続しやすい
精神的に安定する
売上予測が立ちやすいので、資金繰りがしやすい
新規投資の計画が立てやすい

実際の会社の例

ストックビジネスのデメリットとは?
こちらを↓チェック!

◆無料レポート→堅実に稼ぐならストックビジネス! 事前に知っておきたい注意点と成功のポイント

SAYA071134715_TP_V

フロービジネス、ストックビジネスそれぞれの特徴が分かったところで、
実際にどんな会社が行っているのか、事例を見てみましょう。

携帯電話の販売代理店だと

ストックビジネス:
販売したお客さんが支払う携帯利用料の一部が販売会社に入ってきます。
1台当たり毎月数百円だそうです。

フロービジネス:
1台売れるごとに、携帯会社から販売奨励金などが入ります。
これは1台当たり数万円。

 

ストックビジネスの例

ストックビジネスを成功させる為のポイントを紹介 ↓をチェック!

◆無料レポート→堅実に稼ぐならストックビジネス! 事前に知っておきたい注意点と成功のポイント

  • コピーやコピー機のメンテナンス(リコー、富士ゼロックスなど)
  • プリンターやプリンターのインク(エプソン、キャノンなど)
  • 生命保険(日本生命、第一生命など)
  • スポーツジム(コナミスポーツ、セントラルジム、ティップネスなど)
  • レンタル倉庫(キュラーズ、ハローストレージなど)
  • ホームセキュリティ(アルソック、セコムなど)
  • ウォーターサーバー(アクアクララなど)
  • ネットのプロバイダー
  • 学習塾、英会話スクール、各種月謝制の習い事
  • 定額のコンサルや顧問契約
  • 大家さん
  • その他月額課金ビジネスなど

ご自宅にプリンターがある方も多いと思います。
プリンター自体はさほど高くないのに、カートリッジが高額でびっくりしませんか?

私は、買うのをためらってしまいます(笑)

プリンターの会社は、機器自体の販売ではなく、
カートリッジを定期的に購入してもらうことで利益を得ているのです。

同様に、オフィスにプリンターやコピー機をリースしている会社も、
リース料やインク、コピー用紙の補充でストック収益を得ています。

また、毎月何かしらの生命保険料を支払っている方もいらっしゃると思います。
生命保険は、一度入ってしまうと、解約も面倒ですし、長く保険料を払い続けることになりますよね。

生命保険会社は、私たちが支払う保険料のお陰で、安定した経営をしているということですね。

フロービジネスの例

  • 車や住宅などのメーカー
    (車や家は、1回の売上の額は大きいですが、1回売ったらそれっきりですよね。
    典型的なフロービジネスと言えます。)
  • 飲食店などの店舗
  • 単発のカウンセリングや整体
    など

7年間ほど居酒屋を経営している友人がいるのですが、彼の店の隣は、7年間で3回ほど変わりました。
もっとも最近のお店は、なんと半年ほどで閉店してしまったとか。

飲食店などは、常連のお客さんが頻繁に来てくれるなど、
お客さんとの関係性を作っていかないと、継続が難しいと言えますね。

また、大手スーパーの「イトーヨーカ堂」が、不採算店を中心に次々と店舗閉鎖を決めているそうです。
徒歩10分圏内に、同業のスーパーが多く進出したのが原因だそうです。

店舗ビジネスはなかなか大変ですね。

これから起業するならストックビジネスをしよう!

ストックビジネスを成功させる秘訣には・・・「◯◯◯の向上が重要。」
気になるあなたはこちら↓をチェック

◆無料レポート→堅実に稼ぐならストックビジネス! 事前に知っておきたい注意点と成功のポイント

PAK85_telshinagaramemowosuru1292_TP_V

ここまでお読みいただいたあなたならお分かりかと思いますが、
これから起業するなら「ストックビジネス」が断然お勧めです。

企業規模に関係なく、成功し続けている会社が行っているのは、継続型のストックビジネス。
また、金融機関や投資家などから高い評価が得られるのも、安定したストックビジネスの収益構造を
持っている会社です。

具体的にどうしたらいい?


ストックビジネスの注意点とは・・・ ↓

◆無料レポート→堅実に稼ぐならストックビジネス! 事前に知っておきたい注意点と成功のポイント

PAK13_moshimoshiOL20131019_TP_V

ここまでは、大手企業の事例も挙げながらお伝えしてきましたが、
「ストックビジネスがいいのは分かったけど、じゃあ、実際に自分が起業するならどんな業種がいいの?」
という方がいらっしゃると思います。

これから個人で起業する場合、どんなストックビジネスをしたらよいのでしょうか?
お勧めなのは「サービス業」で、お客様との契約を「月額課金」にすること。

具体的なビジネスとしては、

  • カウンセラー、コンサルタント、コーチ、占い、などの「相談業」
  • 社会保険労務士、税理士、司法書士、行政書士などの「士業」
  • 英会話など習い事の先生など

なぜ、ストックビジネスの中でもこういったビジネスがお勧めなのかは、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

安定収入が見込めるストック・ビジネスモデル。
でも、同時に注意点も把握しておかないと成功は遠のきます・・・こちら↓をチェック!

◆無料レポート→堅実に稼ぐならストックビジネス! 事前に知っておきたい注意点と成功のポイント

いかがでしたか?

これから起業を考えているあなたに断然お勧めな「ストックビジネス」。
ぜひ、経済的にも精神的にも安定したビジネスを実現してくださいね。

 

「ストックビジネス」の進め方を、私の例でお話します。
私は「コーチング」という仕事をしています。

月に数回、クライアントさんの様々なご相談に乗る仕事です。

私は、クライアントさんから毎月一定額のご料金をいただいていますが、
コーチングをされている方の中には、「単発セッション」と言って、クライアントさんの相談に乗るのが
1回限り、という方もいらっしゃいます。

もし月商30万円がほしいとすると、単発セッションの場合、1回の相談料が3万円なら、
毎月毎月、10人のクライアントさんを集客する必要があります。

これはなかなか大変です。

単発セッションでなく「月額課金」であれば、1人のクライアントさんとは一度契約すれば、
毎月3万円をいただくことができます。

一度、10人のクライアントさんを集客すれば、クライアントさんが契約をやめない限り、
月商30万円がずっと続くのです。

これは心がラクになります。

「月額課金」の仕組みがないと、ある月は100万円売上げても、翌月はゼロ、なんていうことになります。
これでは不安で落ち着かないですよね?

ちなみに、よく「プロダクトローンチ」と言って、動画を使ってプロモーションしている方がいます。
私も何度かやったことはありますが、ああいった方法は典型的な「フロービジネス」なのです。

一時的にドカンと売上が上がりますが、販売期間が終わってしまうと売り上げはゼロ。
売上げを作り続けるために、いつもプロダクトローンチをやり続けなければならなくなります。

なので、たまにやってみるのはよいですが、頻繁にやることはお勧めしていません。
ぜひ、ストックビジネスを始めて、安定的な収入を確保しましょう。

 

実は「仕事」と「ビジネス」は全く違います。
今のあなたはどっち? そして、今後どちらの世界で活躍したいですか?

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中直子

田中直子

外資系企業OL時代に、「やりたいことが分からない」と悩み、転職活動をするものの、40社ほど履歴書を送って1社も内定せず。
コーチングに出会い、「自分には価値がない」と思い込んでいたことに気づき、起業。
コーチングをとおして、「本当にやりたいこと」を見つけて「ビジネス」として実現できる人が増えるよう活動中。
著書に「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」(セルバ出版)がある。
好きな食べ物はホルモン焼き。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自分の強みを診断し、強みを活かすビジネスを始めたベテラン主婦の例

  • 仕事にやる気が出ないと泣いていた彼女はどうやって適正な仕事を見つけたのか?

  • 確実に儲かる仕事で起業する方法なんてあるの?ホリエモンに聞いてみよう

  • メルマガとは何?ブログとの違いから配信する方法まで初心者向けに解説

この記事も読んでみて!

  • 個人で起業するときの手続きはこれでOK!社会保険労務士が教えます

  • ビジネスで成功する人が持つ4つの考え方

  • 自分の強みを診断し、強みを活かすビジネスを始めたベテラン主婦の例

  • 【やりたいことが見つからない・やりたい仕事がない】40代から始めるには

  • 堀江貴文さんに学ぶ、起業してほぼ確実に成功する方法と、失敗する原因

  • サラリーマンも節税対策!リスクなく起業する方法と節税を実現する方法