1. TOP
  2. スキルアップ
  3. 失敗から立ち直る方法を心理カウンセラーが分かりやすく解説

失敗から立ち直る方法を心理カウンセラーが分かりやすく解説

失敗をしてしまうとしばらく落ち込んでしまい、
なかなか立ち直ることができないという人は多いのではないでしょうか?
仕事での失敗や友人との人間関係における失敗、自分のキャリアにおける失敗や人生設計での失敗など、
その状況や程度はさまざまです。

失敗をしてしまったがゆえに精神的ダメージが甚大で、しばらく失敗の虜になってしまうケースも
多々あります。
しかし、どんな大きな失敗をしても、あっけらかんとしてエネルギッシュに過ごしている人も
いらっしゃいます。その差は一体どこにあるのでしょうか?

この記事では、心理カウンセラーの資格を多数保有する著者が、失敗から立ち直るための方法を専門用語を
使わずに解説します。

失敗をした時の典型的な思考パターン

失敗をした時になかなか立ち直ることができない人は、失敗した人特有の思考パターンをする傾向が
あります。
もちろん、長い人生の中で落ち込んでしまうような失敗経験は誰しも持っているかと思います
ので、失敗した時の思考パターンは誰もが経験しているはずです。

まずは、失敗した時にどんな思考をする人が多いのかを一緒に見て行きましょう。
もちろん、典型的だということはあなた特有のパターンではありませんので、「みんな自分と同じなんだな」
という軽い気持ちでお読みいただければと思います。

失敗してはいけないのにしてしまった自分が情けない

失敗して立ち直ることができない人は、自分を責める傾向があります。
「どうしてあんな失敗をしたんだろう」と、何度も繰り返し自分を責めてしまうのです。その根底には
「本来失敗するはずのない自分が失敗するなんて自分らしくない!」という思いと
「私は能力がないので失敗するんだ!」という2つの思考パターンがあります。

前者の場合は、本来の自分の価値を認めている思考なので早く立ち直ることができるのですが、
後者の場合にはなかなか立ち直ることができません。つまり、失敗した事柄と自分に自信がないことが
合わさって、立ち直るために余計に時間必要としているのです。

失敗したことによる周りの人の評価が怖い

失敗したことで周りの目を気にするということも典型的な思考パターンです。

失敗したことで
「上司の目が気になる」
「同僚や後輩に対して恥ずかしい」
「できれば誰にも知られずに隠したい」

など、とにかく周りの目が気になって仕方がありません。

しかし、これは外部に目が行っているように思えますが、実は自分の内面に作用している事柄です。
自分自身に主眼を置いているため、人目が気になってしまうのです。
別のいい方をすれば、他人が失敗してもあなたが落ち込むことはないはずです。
失敗した時の主役が自分だという思いが強い人ほど、周りの目が気になるという傾向があるのです。

失敗のシーンを頭の中で何度も繰り返す

失敗をした時にありがちなこととして、
「どうしてあの時こうしたのだろう?」とか「あの時こうしていれば失敗しなかったのに」と、
何度も失敗のシーンを頭の中で繰り返すケースがあげられます。
しかし失敗シーンを頭の中で繰り返すと、また同じ失敗をしやすくなってしまうのです。

失敗を頭の中で繰り返すということは、失敗のイメージトレーニングを繰り返していることに他なりません。
失敗を思い出しそうになったら、指をならすなどの簡単な動作をして、意図的に考えないようにしましょう。
しかし、それでもつい考えてしまうのが人間です。それはそれで仕方がないこととして受け入れながら、
考えそうになったら指をならしましょう。
指の音を聞くたびに自分への戒めとなりますので、忘れるための効果的な方法としておすすめです。

失敗から立ち直るためには失敗の捉え方を変える

失敗から立ち直るためには、失敗したという事実に対する捉え方を変えることが大切です。
同じ事柄に対しても、後ろ向きに捉えることも、前向きに捉えることもできますので、
前向きに考える癖をつけておきましょう。失敗から立ち直るために大切な考え方を紹介します。

失敗はあなたにとって最高の財産

失敗は短期的に見ると悪い出来事に思えるかも知れませんが、長期的に見ると必ずしも悪い出来事とは
いいきれません。なぜなら、失敗はもっと大きな失敗を防ぐための良い経験になるからです。
また、1つの失敗から派生して、他の失敗を未然に防ぐこともできますので、失敗をしたおかげで数多くの
学びを得ているともいえるのです。

また、失敗の学びの中には成功のヒントが隠されていることも多く、
「あの時失敗したおかげで今の成功を得ることができた」というケースも多いのです。
失敗に対してそのまま「失敗」というレッテルを貼るのではなく、「経験」というレッテルに変えてしまうと、あなたにとって最高の財産と成り得るのです。

失敗を成功への糧と捉えよう

電球を発明したことで知られるエジソンのエピソードは失敗に対する考え方を変えるための参考になります。
エジソンは電球を長時間点灯させるためのフィラメントの材料を探していました。5,500種類もの材料の候補
から、2,000種類を実験したのですが上手くいかず、
奥さんから「そんなに失敗したんだからもうやめたら?」といわれました。

しかしエジソンは「2,000種類失敗したんだから後3,500種類しかない」といったんだそうです。
つまり、エジソンは失敗を失敗と捉えておらず、成功のための糧と考えていたのです。
その結果、京都府八幡市にある竹でフィラメントの材料を作り、見事電球の発明を成し遂げたのです。

実は失敗によって落ち込んでいるのではない!

失敗した人は失敗したことによって落ち込んでいると思っているかも知れませんが、実はそうではなく
失敗した自分に対して「落ち込むという選択をしている」のです。失敗しても落ち込まない人もいますし、
落ち込む人もいます。その時に落ち込むという選択をしたから落ち込んでいるのが真の原因であって、
決して失敗したことが原因ではありません。

もしも失敗してしまったら、「あ、今落ち込むか落ち込まないかの選択の時だ!」と実感し、
「落ち込まない選択をしよう!」と思ってみてください。
さらに「これを成功の糧にするとしたらどういう糧になる?」と考えることができれば尚良いでしょう。

事実と想像の区別をつけてみよう!

失敗から早めに立ち直るためには他にも方法があります。それは起こってしまった事柄に対して
事実と想像の区別をしっかりと付けるという方法です。失敗をすると事実以上に想像が膨らんで、
あなたの中で失敗が勝手に巨大なものに増幅されているケースが多々あります。
そうならないように、落ち着いて失敗の中身を検証してみましょう。

ただし、前述したように何度も繰り返すと失敗のイメージトレーニングになってしまうので、
なるべく回数は少なくする必要がありますので気を付けましょう。

どこまでが事実でどこまでがあなたの想像なのか?

たとえば車で事故を起こした時に「事故を起こしてしまって最悪な一日だ!」と考えたとします。
この思考を分解すると「事故を起こした」のは事実ですが「最悪な一日だ!」というのはあなたの想像です。
人によっては「これくらいの事故ですんでラッキーだ!」と思うかも知れません。

起こしてしまった失敗に対して、どこまでが事実でどこからが想像かという線を引くと、
あなたの心の中で失敗を最小限のものにとどめてくれるでしょう。

第三者の立場で自分を見る

失敗は当事者だから落ち込むのです。当事者でなければ落ち込みません。
そこで、第三者の目で自分を客観的に見てみると、意外とこっけいに思えることもあります。
自分を客観視すると、自分の問題がどうでもいいことに気付く場合や、冷静になれることが多いので、
失敗の渦中に入った時には一歩外に出てみましょう。

まとめ

失敗をして落ち込むと、なかなか立ち直れない人がいらっしゃいます。
しかし、同じ失敗をしても落ち込まない人もいますし、それどころか成功の糧だと前向きに捉える人も
いらっしゃいます。結局のところ失敗そのものではなく、考え方が失敗しているのだといえるでしょう。

失敗を教訓に成功体験に変えることができれば、失敗の数だけ成功できます。
失敗=チャンスと考えて、失敗を味方につけてしまいましょう。

人間ですから、失敗は誰でもするもの。
大切なのは、失敗したときの適切な対処と、同じ失敗を繰り返さないようにすること。

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中英哉

田中英哉

ことぶら結婚相談所代表、フリーライター。

コーチングや心理カウンセラーの資格を多数保有し、その知識で一人でも多くの人に良い影響の輪を広げるべく日々活動中。

婚活者マッチングやライターとしての情報発信、京都でのユニークイベントなど、さまざまな活動に励んでいる。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 失敗を引きずる人の特徴と対処方法をご紹介!

  • 営業マンの心得とは?営業なら知っておきたい虎の巻!

  • 成功体験は自信につながる!今あなたに自信がなくても大丈夫

  • ビジネスで成功したい人が知っておくべき秘密

この記事も読んでみて!

  • 知らなかった!自分に自信がないときはこうすればいい!

  • ビジネスで成功するためのたった一つの秘訣

  • 自分が何がしたいのかわからない!やりたいことを見つける方法10選

  • あなた大丈夫?ヾ(ーー )仕事が遅い人の特徴6つと改善策

  • 元・銀座ホステスが教える、魅力的な女性になるための6つのコツ

  • 成功体験がない人におススメする、失敗をしない生き方