1. TOP
  2. スキルアップ
  3. 【リーダー必見!】組織が求めるリーダーの条件

【リーダー必見!】組織が求めるリーダーの条件

自分なりのリーダー像を押し切ってしまうと、チームのメンバーから信頼を得ることができず、
組織から烙印を押されることにもつながります。

リーダーである以上、組織から求められる存在でなければなりません。
それは決して難しいことではなく、日頃から意識をしていれば自ずと身になるものばかりです。

ここでは、組織が求めるリーダーの条件について解説していきます。

会社の方針を理解している

リーダーはメンバーを束ねる事も重要ですが、まずは会社の方針をしっかりと理解して、
下に落としていかなければなりません。

大企業でも中小企業でも企業活動を続けていく中に「戦略」があります。

戦略を理解せずに勝手な行動をしてしまうと
一時はうまくいくかもしれませんが、継続的な利益を生み出すことはできないのです。

会社が掲げている方針をリーダーがしっかりと理解し、
大まかな戦略を戦術に落としていくテクニックが求められています

例えば、全国に展開しているアパレル企業において、あなたはある店舗の店長をしているとしましょう。
今期の企業方針が「ファー素材を展開していく」となっていた場合、お客様にファーが付いている商品を
魅力的に訴えていかなければなりません。しかし、店長が方針を理解せず、ファー素材を使った商品を
仕入れず、店舗レイアウトも独自に考えたとします。

アパレル企業のホームページにはファーを着飾ったモデルさんが並び、店舗のポスターにもファー素材が
前面に押し出されています。それなのに、店舗にはファー素材を使った商品が無くマネキンも違った
スタイルをしていたらどうでしょう?
お客様は購買意欲が湧いてくるでしょうか?

少し大げさな例かもしれませんが、会社が強みにしていきたい方針を理解し
エンドユーザーにどのように訴求していくのかを考えるのがリーダーに必要な条件となります。

成果を上げる方法を知っている

企業は成果を上げ続けなければなりません。
リーダーが成果を上げる方法を知らなければ、メンバーも成果を上げることが出来ないものです。

まず、リーダーはチームにとっての成果が何かを理解するところから始めます。

営業のリーダーであれば、もちろん受注件数が成果につながるでしょう。
製造部隊のリーダーであれば、品質を落とさずに納期をコミットすることです。

仕事の内容によって成果は違います。
リーダーになって最初にすることは、自分のチームにとっての成果が何かを知る事です。

成果を上げる方法を知っているリーダーには共通点がいくつかあります。
まずは、スケジュール管理がしっかりしていることです。何をいつまでにどのように、といった計画が
立てられなければリーダーにはなれません。

次に、仕事に漏れがないことです。
営業ならお客様への連絡、製造なら完璧なテストの実施、など仕事に漏れが無いようにして精度を高めて
いかなければならないのです。
成果を上げる方法を知っているリーダーは、小さな努力の積み重ねをしているリーダーです。

揺るがないビジョンを持っている

一度立てたビジョンが場面によって揺らぐようではリーダーとは言えません。

世間のニーズを把握し、何が課題となっているのかを理解した上で、チームが進むべき道を示してあげる
のです。途中に起こる弊害は、リーダーが事前に把握しておくことが大切であり、予想外の事が起きた
としてもビジョンを簡単に変えてしまってはいけません。

リーダーが揺るがないビジョンを掲げていれば、メンバーが迷った時にまた初心に戻ることができるのです。
そのためには、ビジョンを立てる前にしっかりとした調査が必要であり、ビジョンが継続できるもので
ありながら、メンバーのモチベーションが上がるものであるかを自分なりに検証をしておかなければ
ならないのです。

決断するスピードが速い

決断スピードが速くなければならない理由

リーダーには、決断するスピードが求められます。

リーダーのところには、日々メンバーから承認しなければならない案件が挙がってきます。
難易度の高いものから簡単なもの、気軽な相談まで、挙がってくる案件は様々です。

案件の内容を理解するのに時間がかかる、またはYES/NOの判断に迷うといった状態では、
リーダーのポジションが案件推進のボトルネックになってしまいます。

リーダーとして決断するスピードが速くなれば、PDCAサイクルのスピードも速くなります。

例えば、新たにチャレンジする案件の決断に躊躇してしまうと、D(行動)が送れます。
行動が送れるとC(チェック)も遅くなり、A(改善)が出来ないままに終わってしまいます。
リーダーの決断が速ければ、PDCAを何度も回すことができるようになり
仕事が効率化されていくスピードが上がります。

営業職なら提案方法も早くにブラッシュアップされていくことでしょう。

決断スピードを速くするために

リーダーが決断スピードを速くするためには、覚悟と経験、そして、勉強が必要です。

まず覚悟ですが、リーダーである以上決断には責任が付きまといます。
リーダーが決断した以上、先に進めることになりますから、躊躇してしまうのも分からなくもありません。

「やる!」と決めるためには、リーダーとしての覚悟が必要になるのです。

次に経験です。
これまでに経験してきた実績が体に染みついているリーダーは、決断スピードが速くなります。
そのため、若い頃から様々な案件にチャレンジし、成功も失敗もたくさん経験している人ほど
リーダーとしての素質が高くなるのです。

最後が勉強です。
ニュースを常にチェックし、本を読んだりして知識を蓄えていきます。仕事の引き出しが増えれば増えるほど、自分に自信が持てるようになり決断スピードが速くなるのです。

常にリスクを考えている

リーダーたるもの、リスクを把握しておかなければなりません。

リスクマネジメントができないリーダーは、大きな失敗を引き起こしてしまいます。
案件にリスクを理解せずに前に進めてしまうと、イレギュラーが起こった時に対応できなくなってしまう
のです。特に若いメンバーは、リスクを恐れずに仕事を進めるものです。

リーダーがリスクマネジメントをしてあげなければ、大きな失敗につながりかねません。
決断は早く、リスクは的確に、がリーダーに求められている条件なのです。

部下が成長を続ける

部下が成長を続けるためには、リーダーが成長できる環境を用意してあげなければなりません。

組織が求めるリーダーは、チームのメンバーを成長させることができるリーダーです。
メンバーを成長させるためには、「指示」だけでは不足しています。

例えば、メンバーから「明日のレジュメをチェックしてください」と依頼があったとします。
初めて作るレジュメなので、間違いもたくさんあります。

1つ1つ丁寧に赤ペンを入れて返してあげるだけではメンバーが成長しているとは言えません。
リーダーは、「何でそのように考えたか?」「この順番を入れ替えるとどう感じるか?」など
誤った内容について質問をしてあげるのです。

質問をされたメンバーは、自分の頭で考えることになりますので成長が早くなるのです。
部下を成長させるためには、指示型ではなく、コーチング型の教育が重要です。

まとめ

組織が求めるリーダーの条件をいくつかご紹介してきました。

リーダーに任命される人は、組織に利益をもたらす人です。
これからリーダーに挑戦する人や、今のリーダーに満足をしていな人は、
1つ1つの条件をチェックしてみるといいでしょう。

 

あなたは、管理職になりたいですか、それともなりたくないですか?
ここでは、管理職が実際に取り組んでいる役割やその責任についてご紹介します。

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Sasaki

Sasaki

経営管理やマネジメントの考え方はお客様やパートナーの方に高く評価されている。
新人教育からキャリアアップ講習など人の成長を実感することに喜びを感じており「個人の成長が組織の成長につながる」ことを信じている。
お客様の悩み事に関しては、お客様の親身になって考えることをモットーとしている。これまでに実施したプレゼンは、300回以上、資料作りにもこだわりをもっている。大阪生まれ、サッカー大好きのスポーツマン。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 今すぐ始めよう!専業主婦必見!内職・在宅(事務系ワーク)おすすめ10選

  • 【成功への秘訣】リーダーが仕事の失敗から学ぶべきこと8か条

  • 【リーダー必見!】組織が求めるリーダーの条件

  • 新しい職場で緊張する?大丈夫!不安を解消する方法5つ

この記事も読んでみて!

  • 成功者を目指す人が習慣にしておきたい朝時間の過ごし方

  • 管理職は辛いって本当?管理職が果たすべき8つの役割と責任

  • 仕事は楽しい?あなたの仕事には楽しさが何割占めますか?

  • 【信頼される人は安心感を与える】たった5つの心がけ: 信頼関係の構築力

  • 自分は空っぽな人間と思っていた女性が「本当にやりたいこと」を見つけるまで

  • モチベーションが上がらない理由と3つの取り組み