【仕事辞める】勇気をもって決断しよう!辞めていい理由・ダメな理由 | 30代女性版

  • 仕事が忙しすぎる
  • 毎日上司と顔を合わすのがつらい
  • 毎日同じ仕事で飽き飽きしていた

『会社を辞めたい!』と1度や2度は思ったことがあるでしょう。

しかし、いざ辞めるとなると勇気も出ない。
30代になると転職が難しいけど、この会社に居続ける自分の将来も想像できない。そんな悩みを繰り返す日々。

中には腹痛や胃痛など、身体に出ている人もいるかもしれません。
それくらい、仕事は自分の中で大きな割合を占めるのでしょう。

でも、会社や仕事で人生が決まるのではなく
自分の人生をどう生きるかの手段のひとつなのです。

今の会社を辞めるべきか、考え直したほうがいいか、
自分が幸せで納得できる人生のために後悔しない決断をしたい。

ここでは、よくある退職したいと思う理由、悩みについてご紹介していきます。

本当に辞めていいの?
辞めてどうするの?
というあなた。今すぐこちらを↓チェック

★無料レポート★→
「仕事を続けるべきかどうかはこれで判断!あなただけのキャリアプランを作る5つのポイント」

女性の退職理由ランキング

実際仕事を辞めた人達は、どんな理由で退職しているのでしょうか。

下記のグラフは、青が会社に伝えた表向きの理由で緑が本当の理由を示したものです。

この調査結果を見てみると本当の退職理由では『人間関係』が圧倒的1位。
2位が『評価・人事制度』、次いで『社風や風土』『給与』、『拘束時間(残業・休日出勤等)』が同率3位となっています。

逆に、会社に話す退職理由としてありがちな『結婚、家庭の事情』、『体調を壊した』は意外と結果は低くなっています。

熱中できることや好きなことを見つけたい。
というあなたは今すぐこちらを↓チェック

★無料レポート★
→「仕事を続けるべきかどうかはこれで判断!あなただけのキャリアプランを作る5つのポイント」

仕事を辞めてもいい・逃げていい理由

人間関係がうまくいかない

会社には様々な性格や考え方の人間が集まっています。
ある程度の人数が集まれば、人間関係がこじれることもあるでしょう。

しかし、他人を変えて無理やり仲良くすることは出来ないし、言いたいことを言おうと正面衝突すると余計こじれるかもしれない。

そんな時は思い切って『逃げるが勝ち』という考え方があります。

だからと言って短絡的に退職を決めるのではなく、まずは社内にいながら環境を変える方法がないか考えてみましょう。

社内異動やジョブローテーション、転勤など、うまくいかない相手と
距離を置ける方法はないでしょうか。
会社に相談しても埒が明かず解決の糸口が見つかりそうもない場合は辞めてしまいましょう。

そして、いずれにしても、なぜうまくいかなかったか原因を具体的に分析しておくことをお勧めします。人間関係でトラブルが起こりやすいなら特に要注意です。

致し方なかったことなのか、自分の中に改善できる要素がないか、
今後同じような人間関係の問題に出会わないよう振り返りをしておきましょう。

実際の体験談

上司(先輩)との人間関係がうまくいかなかった
私は高卒で上場企業の営業事務として入社しました。とても忙しい会社で一度にいくつもの仕事を抱えなければ終わらないくらいの仕事量だったのですが、仕事が大変なこともあり、最初のうちは同じ営業事務の先輩も丁寧に教えてくれていました。ですが、入社して1か月ほどたった頃から「まだ覚えてないの?」「一回行ったら覚えて」など言葉が厳しくなり、『たった1か月で全ての仕事を覚えろって?』と心の中で思っていましたが、先輩なのでなかなか言えませんでした。 私より少し先に入った先輩に相談すると「あの人言葉きついからね~。あんまり気にしないでね」と優しくしてくれ、私が教わっていた先輩が営業事務として一番キャリアが長い「お局様」だったことを教えてくれました。お局様の言葉がきついのは周囲の人もわかっていたようで、私に気を使って優しく話しかけてくれる人が増えたので何とか仕事を辞めずに済みましたが、あの時に少し先に入った先輩に相談していなければ仕事を辞めていたと思います。
同僚との人間関係がうまくいかなかった
同期で入社した同僚と私は同じ営業課に配属され、うまくいかない時はお互い相談してライバルでもあり木の知れた仲間として共に成長していきました。 入社して3年ほどたつとお互いの成長速度も違ってきたため、私の方が成績が良いことが続きました。すると、同僚は手の平を返したように私に対して冷たくなり言動も厳しく、ひどくなってきました。私にできないことを彼ができる、その逆で私にできることでも彼はできないという部分が増えてきて、私はできない部分はお互い補い合えばよいと思っていたのですが、彼から出てくる言葉は「そんなこともできないのか」「そんなんでよく営業やってられるねなど、とても今までと同じ彼から発せられる言葉とは思えませんでした。 そして、最悪なことに同僚は私の顧客に根も葉もない私の嘘を流し、自分の顧客にするという事態が起こりました。 さすがに、これに対しては同僚に文句を言いましたが「取られる方が悪い」と言われ、上司にも相談しましたが営業成績が上がっているだけに同僚に注意するくらいで終わってしまい、結局私はその状況に耐えることができず仕事を辞めてしまいました。 自分を変えることで解決するならと色々考えましたが、あまりに同僚の言動がひどくエスカレートしていき、私も精神的に追い詰められたので辞めた方がよいと判断しました。
部下との人間関係がうまくいかなかった
私の会社の仕事はとにかく迅速に仕事をこなさなくては、後々の仕事がうまく回らないので、常に頭はフル回転の状態でした。 そんな時に同じ部署に新人の事務の女性が配属になり、私はその女性の指導係になりました。人当たりもよく、「ハイ、わかりました」と気持ちよく対応できる女性だったので、これなら指導もラクだろうと思っていたのですが、「ハイ、わかりました」とは言っていても全く仕事がわかっておらず、日にちが経つごとにその女性の本性が出てきました。 最初のころを同じように「ハイ、わかりました」と返事はするのですが「え~?これなんだったっけ?」と良い年をした女性が高校生のような言葉を使うようになりました。「さっき聞いたんですけど、わからないですぅ」という言葉がよく出てくるようになり、言葉使いでイライラはしていたものの、人それぞれ覚えるスピードが違うので仕方ないかと我慢して指導していました。 ですが、ある日給湯室に行くと、その女性がお茶の準備をしながら携帯電話で誰かと話していました。 その会話を聞いていると「面倒くさいんだよね~」「わからないって言っていればやってくれるし」「女って笑っていれば男の人はやってくれるからチョロいよね~」など、びっくりするような会話が聞こえてきました。 私が知らないふりをして給湯室に入ると「お疲れ様で~す」とニコッと笑い仕事に戻っていきました。 こっちは怒りを我慢して仕事を教えていたのに、あまりに自分勝手で仕事をしない彼女に腹が立ちましたが、何も知らないふりをして普段通りに仕事をしました。 ですが、「わからないんです~」「どうやって書くんですか~?」など、相変わらず知らないふりをするので、その日私は残業をして事細かに書いたマニュアルを作り翌日彼女に渡しました。「いつもいつもわからないって言ってるのは、マニュアルがなかったからだよね。気づくのが遅くてごめんね。これでわからないところは一切ないと思うから仕事してね」と言うとしぶしぶ仕事をするようになりました。まだ部下だったからよかったものの、これが上司だったら手の打ちようがないのでゾッとします。

心の病気・うつになってしまった

うつ病など、心の病気にかかってしまったら即会社を辞めたほうがいいかというと、一概にそうとは言えません。

病状にもよりますが、会社が社員に対してどんな対応をするのかでも違います。
今やうつ病は珍しい病気ではありません。

大概の会社である程度のルールや受け入れ方は制度化されていると思います。
休職の取り方、復帰後の勤務体系、相談窓口の有無など、確認してみましょう。

最近は休職から復帰後すぐにフルタイム勤務となる会社も増えてきました。
私自身うつ病からの復帰で経験があるのですが、復帰近くになってから知ると それだけでもかなりの心的負担になってしまうものです。

ただし、制度があってもそのとおりに運用されていないケースもあります。

  • 休職した人はいるのか
  • 復帰した人はいるのか
  • 復帰後の働き方はどうか

実態によって、辞めなくても大丈夫か、すぐに辞めたほうがいいか判断できるでしょう。

いずれにしてもおかしいなと思ったらすぐ病院へ行き、早いうちに治療を始めることと、診断書をもらうことが大切です。決して一人で抱えないことです。

やることが多すぎて残業の日々

これからの人生をどう生きたいんだろう?
今すぐこちらを↓チェック

★無料レポート★
→「仕事を続けるべきかどうかはこれで判断!あなただけのキャリアプランを作る5つのポイント」

毎日仕事に時間が費やされ過ぎて、毎日家に寝に帰るだけ。やってもやっても仕事が終わらない。

ブラック企業体質か、残業が美徳とされている会社なら早々に見切りをつけて安全に働ける仕事を探しましょう。

そうじゃない場合、今の仕事のやり方を見直す必要があるかもしれません。
例えば、周りと比べて自分の仕事量や残業が多い、抱えてしまいやすい場合です。

今やっている仕事を細かく棚卸をして、以下のような要素がないか分析してみましょう。

  • 仕事が属人的になっていないか
  • 自分がやるべき仕事なのか
  • 今すぐやらないといけないことなのか
  • 単なる以前からの慣習なだけではないか

仕事を抱えがちな人は『自分でやったほうが早い』『断ったらその人が困るから』『ほかの人にお願いするのは悪い』などと思い込みやすい傾向にあります。

仕事を受けなかったり、他の人に助けを求めたりすると『自分の存在価値がなくなってしまうのでは』と不安になってしまうことはないですか?

抱えやすい仕事のやり方や思い込みをもったまま転職しても同じ状況になってしまいます。
断る勇気、助けを求める勇気も仕事を円滑に進めていくためには必要です。

仕事を優先?プライベートを優先?それとも両方?
今すぐこちらを↓チェック

★無料レポート★
→「仕事を続けるべきかどうかはこれで判断!あなただけのキャリアプランを作る5つのポイント」

ほかにやりたいことができた時

ほかにやりたい仕事ができた時には、今の仕事を辞めた方がいい場合が多いです。

ほかの仕事に対する思いが募れば募るほど、今の仕事に集中できなくなり結果的に会社や同僚に迷惑がかかることになるでしょう。

また、ほかにやりたい仕事があるのに、今の仕事を続けていれば機会損失となる可能性もあります。
やりたいことをやってみて、上手くいかなくても後悔しませんがやりたいことをやらずに後悔することはありますので、このような時には仕事を辞めても良いかと思います。

お金のためだけに働いていると感じた時

仕事は生活のために行うものではありますが、仕事に費やす時間は日常生活の中でも大部分を占めています。

そのためお金のためだけに仕事をしていると幸福感を得ることが難しいでしょう。もしも、お金のためだけに働いているのであれば今の仕事に固執しなくても、ほかにもたくさん仕事はありますので辞めても良いでしょう。

仕事でパワハラやセクハラを受けた時

パワハラやセクハラを受けた時には、さまざまな選択肢があります。
その中で、今の仕事を辞めるというのも選択肢の1つです。

パワハラやセクハラはを受けた場合には法的手段に出ることも視野に入れるべきですが、慢性的な状態や組織的に常習性がある場合には、改善が見込めないことが考えられます。

また、法的手段に出ると時間も労力もかかる上、その会社に居ずらい雰囲気となるかも知れません。
それならば、さっさと辞めた方が手っ取り早いと考えることもできるでしょう。

実際の体験談

パワハラを受けた体験談
私の勤める会社は体育会系と言われる会社で、「気合で乗り切れ」「根性でなんとかしろ」という言葉が普通に飛び交う職場でした。ですので、ある程度の厳しい言葉は仕方ないとあきらめていたのですが、あるプロジェクトのメンバーになった時の上司が最悪でした。 少し文章を間違えると「脳なし!」「文章がまともに書けないなんて、お前は人間か」 「普段何語をしゃべっているんだ」と、一つの間違いに対してひどい言葉がいくつも飛んでくるのです。 仕事のことで注意されるならまだしも「人間か」「脳なし」といった侮辱するような言葉や 「何語をしゃべっているんだ」と言いながら笑い者にされた時はさすがに 「もっと違う言い方できないでしょうか」と言ってしまいました。 これが今後、最悪なパワハラを引き起こすきっかけになってしまい反発した人間はこうなるんだぞと言わんばかりに言葉で攻め立てられ、精神的に追い込まれていきました。 さすがに上司や同僚に相談しましたが、「そんな会社だから仕方ない」「プロジェクトが終わるまだだからなんとか踏ん張れ」と解決にならない回答ばかりで、このままこの会社にいると 自分がだめになると思い転職しました。 聞き流せと言う人もいましたが、聞き流せるような内容ではなくどんどんストレスが溜まっていくのがわかったので転職しましたが、転職して正解でした。 せっかく入社したのだから頑張ろうと思いましたが、自分がマイナスに落ちてしまったり、自分の力ではどうしようもない場合は転職もありだと思います。
セクハラを受けた体験談
私は商業高校を卒業して経理などの資格を持っていたため、比較的大きな企業に就職することができました。 「せっかく良い会社に入社できたのだから、出産するまではこの会社で頑張ろう」と心に決めて毎日一生懸命仕事をしていました。入社した時にびっくりしたのが、私は当時18歳、同じフロアには私と同年代どころか私と一番歳の近い人で30歳という平均年齢の高い職場でした。 ですが、皆さんとても良い方で丁寧に仕事を教えてくれたり、仕事が終わったら皆で飲み会など楽しく社会生活を送ることができていました。 入社して6か月が過ぎ、仕事や職場にも慣れてきたろ、同じ職場の30代の男性に食事に誘われました。 6か月仕事をしていた仲間だと思っていたのと、「いつもメンバーで飲みに行こう」と言われたので、その人と1対1で食事をするのではないと思い、何も疑うことなく仕事が終わったあとに食事に行くことにしました。 ですが、待ち合わせのお店に着くとその30代の男性しかおらず「あれ?他の人はどうしたんですか?」と聞くと「え?今日は俺と2人だよ」と言われ嘘をつかれたことに気付きました。最初は仲間だと思っていたので嘘をつかれたことに傷ついていましたが、2人きりで飲みたくないなぁと思い
「じゃあ、皆さんお忙しいそうですし今日は解散しましょうか」と言うと「あれ?そんなこと言っていいの?明日から仕事しにくくなっちゃうよ」と言われ、何が何だかわかりませんでした。なぜ仕事をしにくくなるのか聞いたところ「俺、会社から信用あるからみんな俺の話信じちゃうんだよね。だから、〇〇ちゃん(私)の根も葉もない嘘流すことくらいなんてことないよ」脅しきたのです。 とりあえず、怒らせない方がいいかと思い、その日は食事だけという約束ですぐに帰らせてもらたのですが、その日を境に私にべったり張りつくようになりました。 全く私の仕事とは関係がないのに、仕事の話を理由に話しかけてきて顔を近づけたり、同じイスに座ったりと言動がエスカレートしてきました。 さすがに怖くなり、仲の良い上司に相談したのですが、私にセクハラをしている男性の信用は厚く「あいつが下心持って仕事をすることはないよ」「あいつ仕事の時は本当に一生懸命だから、一生懸命すぎて近づきすぎてるだけじゃない?」と私の話は「考えすぎ」で終わってしまいました。ですが、ある日再度食事に誘われ、さすがにここで行くとやばいと思ったのでお断りしたのですが、断った瞬間、会社の廊下であるにも関わらず大きな声で根も葉もない私に対する嘘を言い出したのです。慌てて「やめてください!」と言ったところ、「じゃあ、食事ね」と言って去っていってしまい「これって脅しじゃないの!」と思った私は上司に相談しました。 すると、さすがに2回目の相談だったので上司は念のため30代の男性のことを色々調べていてくれたようで、同じような目にあって退社した女性がいることを教えてくれました。そして「会話を録音してきて」と言われたので、これまでのことが分かる会話を録音して上司に渡したところ30代の男性は退社することになりました。私の場合、協力してくれる上司がいたので助かりましたが、助けてくれる人がいなければ会社を辞めていたと思います。 セクハラのことを相談するのは恥ずかしかったですが、相談してよかったと思います。

仕事を辞めないほうがいい場合

一旦仕事を辞めたいと思ってしまうと
今の仕事の嫌な所ばかりに焦点が当たってしまい
どんどん仕事を辞めたくなる傾向があります。

感情的に辞めたいと思うと理性が利かなくなり、長期的な視点や総合的な視点でものを見れなくなってしまいます。

その結果、早まった判断をしてしまう可能性があるため一旦は自分を客観視する必要があります。
その判断材料として、辞めない方がいいケースを紹介します。

仕事にやりがいがない・向いていない

毎日同じことの繰り返しあるいは、仕事が楽しいと思えない。
イヤイヤ仕事をするのは確かに苦痛です。

でも、ちょっと考えてみてください。
今の仕事のやり方、捉え方、向き合い方、工夫することは出来ませんか?

前任者や先輩に仕事を教えてもらった時から
ずっと同じやり方でやっていませんか?

長い期間同じことをやっていると新鮮味もなければ、気づきもありません。

  • 当たり前にやってきたことを改善してみる
  • 問題意識を持つ

など違う角度で仕事を見直してみるとどうでしょうか。

その職種そのものが嫌なのか、その中の特定の仕事が嫌なのか。
本当にやりがいがないのか、自分に向いてないのか。
自分に問い直すことも出来ます。

一定期間やってみて、それでも辞める決断に至ったとしても改善意識や問題意識をもって仕事した経験はその後必ず役に立つはずです。

ぶれない【自分の人生の軸】を作りませんか?
そんなあなたは、今すぐこちらを↓チェック

★無料レポート★
→「仕事を続けるべきかどうかはこれで判断!あなただけのキャリアプランを作る5つのポイント」

やりたいことのために時間・期間が欲しい

退職理由の中には、起業したい、将来のために勉強したい、プライベートを充実させたい、そのための時間を増やしたい理由で会社を辞めるケースもあります。

しかし、一定の収入が得られなくなる場合、ある程度の経済的な貯えが必要です。
失業保険にも限りがあるし、いつまでも無収入ではいられませんね。

いつまでにどうしていたいか、目標の期限を立てておき、どの段階で会社を辞めるのがいいか、準備にどれくらいの時間がかかるか計画や調査をしておきましょう。

やりたいことへの情熱は素晴らしいですが
やる気だけでは難しいのが現実です。

不測の事態が起きたり、なかなかうまくいかないことが続いたりして『会社を辞めなきゃよかった』と後悔しても遅いのです。
また『辞めてからゆっくり考える』と流暢なことを言っていると、いつまでも決まらず妥協した道に進みかねません。

補足ですが、勉強やプライベートの時間確保のために派遣社員を選択する人もいます。
しかし安易に派遣社員になることはお勧めしません。

よほどの専門職でない限り正社員より年収が低いことが多いですし正社員には当たり前の福利厚生も派遣社員ではあまり恩恵を受けられなくなります。

自分の人生なんだから、自分で決めて良いんだよね・・・?
今すぐこちらを↓チェック

★無料レポート★
→「仕事を続けるべきかどうかはこれで判断!あなただけのキャリアプランを作る5つのポイント」

結婚・出産を機に専業主婦になる

30代での結婚や出産が当たり前になってきていますが、仕事もそれなりのポジションやレベルになっている年齢で、家庭との両立は体力的にも楽ではないでしょう。

しかし、女性だけが頑張らなければいけないことでしょうか?

本当に仕事を辞めたいわけではないなら、パートナーとじっくり話し合ってみましょう。妻や母の立場であっても、自分自身の人生の選択権がなくなるわけではありません。

実際、子供を保育園に預けながら働く女性に聞いてみると、

『両立は大変だけど、自分自身で居られる環境は生きがいになる』
『一日中子供とべったりするより、関係がうまくいく』

という声をよく耳にします。

また、30代で結婚や出産で会社を辞めた場合、数年経って再就職するのはハードルが高くなります。
また、パートナーの収入がずっと安泰、なんていう保証はないですね。
会社の制度を活用しながらパートナーとともに助け合える方法を考えてみてはいかがでしょうか。

実際の体験談

結婚を機に専業主婦になった人の体験談
入社してずっと同じ会社で一般事務をして、結婚を機に退職することにしました。夫の「結婚したら専業主婦になってほしい」という希望もあったので先のことは何も考えず寿退社することになりました。ですが、結婚して専業主婦になってみると子供もまだいないので午前中に掃除や洗濯などの家事が終わりあとは夕飯の買い物まで暇な時間が増えてしまいました。最初のうちは「専業主婦ってラク~」と専業主婦を楽しみ、子供ができたら忙しくなるんだろうななど将来のことを考えていると暇な時間も楽しめました。ですが、夫の仕事が忙しくなり子づくりに消極的だったため、子供もなかなかできず暇な時間をもてあますようになってしまいました。「専業主婦になって、と言われたけど暇な時間がもったいないな」と思い、夫に仕事をしていいか相談してみたところ「家事に支障が出ないならいいよ」と言われたので仕事を探すことにしました。ですが、一般事務しか経験がなく、資格もない上、年齢が30歳を超えていたためなかなか 雇ってくれる 企業はなく、雇ってもすぐに子供ができたらやめてしまうのでは?ということもあり転職先がみつかりませんでした。こんなことなら、会社を辞める前に資格を取ったり、暇な時間を使って資格を取っていればよかったと後悔しました
出産を機に専業主婦になった人の体験談
結婚した時、上司に「結婚したら会社辞めるの?」と聞かれましたが子供ができるまでは仕事をしたいという思いを伝え、仕事をさせてもらっていました。夫は「出産したあと、仕事がしたいならしてもいいよ。家事は分担しよう」と言ってくれていたのですが、私は早く専業主婦になりたくて「子供と家のために専業主婦になるよ」と言いました。実際、子供ができて出産を機に退社して専業主婦になったのですが、初めての子で育児疲れが出てしまったり、両親が近くにいないため子供を預けてリフレッシュすることもできず、育児に対するストレスがたまってきてしまいました。 結婚した時は専業主婦になりたいと言っていたのですが、子育てと家事がこんなに精神的に大変なんだと気づきました。それでもなんとか子育てに奮闘し専業主婦として頑張っていましたが、子供が3歳くらいになったころ、「え?幼稚園って毎月こんなに費用がかかるの?」と幼稚園に通う費用の高さや、保育所でも同じくらいの費用がかかること、小学生になったら…中学生になったら…と考えると、子供のためにお金を貯めていかないと生活できない!と思うようになりました。ましてや、子供が2人、3人と増えていけばさらにお金がかかります。子育てで疲れていたこともあり、仕事の間は子供と離れて少しリフレッシュできると思い仕事を探すことにしたのですが、普通課の高校を卒業したため資格もなく、今までした仕事と言えば事務しかなかったため、なかなか自分の理想の会社が見つかりませんでした。結局転職エージェントを使って転職に成功しましたが、こんなことなら前の会社に「育児休暇」があったので使えばよかったと後悔しました。

家族の介護に専念しなきゃいけない

30代にもなると、親の介護の必要がある人も増えてきます。
私自身も経験があるので、仕事と介護の両立は体力的にも精神的にも大変なことがわかります。

しかし、先ほどの結婚・出産と同様、自分一人が抱える必要はありません。

40歳になると給与から介護保険が差し引かれる今の時代、会社に考慮してもらえる制度や体制がありませんか?

また、ケアマネージャーなど福祉の機関に相談することも大切です。
病状が進めば医療費も増えてくるかもしれません。

先ほどの結婚・出産と同様、今の会社に制度があるなら活用しながら働き続けられる方法がないか検討してみてください。

仕事でどうしようもなく疲れてしまった…

うつ病などの心の病気ではないけれど、心も体もクタクタになってしまった。
そうなってしまったら辞める・辞めない以前に、まずは一度立ち止まりましょう。

思い切って休むのです。

人間は誰でもずっと同じテンション、モチベーション、パワーを維持して走り続けることは出来ません。
そんなに走り続けたら疲れて当然ですし、それこそ病気になってしまいます。

大切な自分の長い人生です。
一度きちんと休みませんか?

会社をすぐ辞めるのは得策ではないですが会社が人生を守ってくれないのも事実です。
休んで心身を整えないと自分にとって一番いい判断が出来ません。

しっかり休んでからこの先を考えてもいいんだ、と
自分に許可してあげてください。

プライベートを主軸にしてキャリアプランを描いてもいいんです。
あなたの人生だから。

今すぐこちらを↓チェック

★無料レポート★
→「仕事を続けるべきかどうかはこれで判断!あなただけのキャリアプランを作る5つのポイント」

辛いのは今だけという時期

辛いのは今だけという時は、辞めない方が賢明です。

たとえば、移動の多い会社で上司とウマが合わない時や入社したてで仕事を覚えるのが辛い時、マンパワー不足で仕事がキツイ時などは環境が変われば状況が一変する可能性があります。

数カ月から数年経てば、今まで辛かったのがウソのような状態となっていることも珍しくないため、短期的な内容で仕事を辞めるのは控えましょう。

仕事を辞めた後の計画がない時

今の会社を辞めた後にノープランである場合には辞めない方が良いでしょう。

辞めた後にどうするのかが決まっているか、長期ビジョンから逆算して辞める必要があるなら辞めても良いですがノープランであれば、この先どうなるのかが分かりません。

この場合は仕事を辞めるかどうかよりも、人生設計ができていないことの方が問題です。

無計画な人生だと場当たり的な生き方しかできなくなりますのでプランニングは重要です。

実際の体験談

ノープランで仕事を辞めた人の体験談
特に今の職場が嫌だということはなかったのですが、違う仕事がしてみたいと漠然としたプランしかない状態で仕事を辞めることにしました。 今の職場は7年勤めていたので、仕事のやり方もわかっていましたし、やりがいもあったのですが、楽観的に他の仕事もしてみたいなぁという気持ちが出てきました。結局、1か月後に仕事を辞めることになり、その1か月間は引き継ぎなどで忙しかったのですが、自分がこの先どんな仕事をしていきたいのか、どうやって転職するのかなど全く考えないまま退職する日になってしまいました。 それでも「なんとかなるかぁ」と楽観的に考えていたため、結局ノープランで退職してしまったのです。ノープランで退職して一番こまったのが生活です。 仕事を辞めると収入が入ってこないということはわかっていましたが、ノープランで辞めたため、どんな仕事をしたいのか全くまとまらず、仕事を探しだすまでに時間がかかってしまいました。「仕事なんてすぐに見つかる」と高をくくっていたため、貯金ももちろんしていません。 仕事を辞めた直後にもらった給料しか手元になく、それでも生活していかなければならないため、水道光熱費や食費は必ずかかります。 前職を退社して、1か月ほどしてからやっと仕事を探し始めたため、転職するまでにトータルで3ヵ月かかってしまいました。 結局最初の1~2か月はなんとかギリギリの生活で乗り越えたのもの最後の1か月は生活費が足りなくなり、実家にお金を借りて迷惑をかけてしまいました。 退社する時は「必ず最低3ヵ月分の貯金はしておくこと」「きちんとどんな仕事につきたいのか次のプランを考えておくこと」「転職先が見つかってから辞めること」この3つは最低でも必要だとわかりました。
プランを立ててから仕事を辞めた人の体験談
仕事を辞めるきっかけは、今までやりたい仕事がなく適当に会社を選んで、適当に仕事をこなしていたのですが、同級生がしている仕事に興味が出て、その仕事がしたいと思ったからです。私がやりたいと思った 仕事は「建築士」だったのですが、簡単に建築士になれるわけではないこともわかっていました。同級生の友人は専門学校を出ていましたが、私は全く建築とは関係のない大学を出ていましたし資格ももちろんありません。そこで、まず辞める前に2級建築士の資格を通信教育で取得しました。 1級建築士の資格は実務経験が必要ですが、2級建築士の資格は勉強すれば取得できるので、退社する前に資格を取得し、1級建築士を目指せる企業への転職が決まってから退社しました。建築士を募集している企業は色々ありましたが、1級建築士を目指せる企業でなければ意味がなかったので、その点も重視して転職活動をしました。そのため、転職までに時間はかかりましたが、きちんとプランを立てて退社したため、退社後に何かに困ることもなく希望通りの仕事ができています。

同じことを繰り返す可能性がある時

会社を辞めた時に同じことを繰り返す可能性がないかは、しっかりと確認しましょう。

たとえば人間関係悪化の原因が自分にある場合、転職先でも同じ悩みを抱える可能性があります。
賃金に不満があって転職しても、次の会社も低賃金という可能性があります。

このように、環境だけが変わって悩みが変わらなければ意味がありませんので
辞めることで、改善できるのかどうかを考えることをおすすめします。

「仕事を辞める」と決断したらやっておくこと

様々な悩みについての向き合い方をお話ししました。
もし心身が疲弊しているのならもちろん休みましょう。

転職、起業、フリーランス、専業主婦を考える人はそれぞれのメリット・デメリットをもう一度整理してみましょう。
信頼できる人や家族と相談するのもおすすめです。

特にすぐ転職しない人は、会社を辞めた場合の生活費もシミュレーションしておく必要があります。
意外にお金はかかるものです。
転職を決めた人は、転職時期を決めて目標から逆算して転職活動をスタートしましょう。

ここでは会社を辞めた場合の生活費や転職成功や円満退社のコツご紹介します。

会社を辞めた後の生活にはいくら必要か計算する

会社を辞めたらどんな生活になるでしょうか?

すぐ転職先で働く人はともかく、辞めてからの定収入がしばらくない人は一度毎月の生活費をシミュレーションしてみましょう。

2018年8月に総務省が発表した家計調査によると35歳未満の女性の一カ月の生活費平均は152,931円、住居費を除くと121,826円です。
出典:総務省家計調査「男女、年齢階級別筧支出」2018年4月~6月)

つまり、自宅暮らしの女性も月に10万円以上の生活費がかかります。

さらに、すぐ転職した人以外は、会社を辞めると国民年金、健康保険なども自分で払う必要があります。
2018年現在、国民年金保険料は月16,340円です。
健康保険や住民税は地域や扶養のあるなしでも異なりますが年収300万円なら健康保険料を約17,000円、住民税を約1万円は想定しておいたほうが安全です。

会社を辞めて無収入になると年収300万円の1人暮らしの女性なら最低でも月20万円くらいはお金がかかってしまうのです。

例:年収300万円・独身1人暮らし・女性 1カ月の支出

生活費:150, 000円
国民年金:16, 340円
健康保険:約17, 000円
住民税:約10, 000円
合計:195, 731円

つまり、月に約20万円で仕事をしない期間が半年続けば約120万円ものお金が出ていきます。

メリットとデメリットを挙げてみる

辞めるべきか迷う場合、次の点について思いつく限り紙に書き出してみることをお勧めします。

  • 辞めた場合のメリット、デメリット
  • 辞めなかった場合のメリット、デメリット

頭の中で悶々と考えるより、書き出して言葉で視える化すると客観的に考えやすくなります。
その中で改善の余地はないか、自分の思い込みの要素はないか分析していきましょう。

それでも辞める決断になったとしても客観的にじっくり分析した結果なので自分の判断に自信を持てますね。

どんな将来を手に入れたいか明確にしましょう!
今すぐこちらを↓チェック

★無料レポート★
→「仕事を続けるべきかどうかはこれで判断!あなただけのキャリアプランを作る5つのポイント」

信頼できる人に相談してみる

客観的に分析と何度かお話してきましたが、自分一人だけで考えていると独りよがりになってしまうこともありますね。

信頼できる社内の人に自分の思いや考えを聞いてもらいましょう。

自分一人では気づけなかった考えや問題解決のヒントを得られたり、自分の考えがより具体的で明確になったりする可能性が高いですね。
また辞めることになった時、円満退職するための味方になってもらいやすいです。

結論を出す前に勇気を出して家族に話す

生計を共にする家族に話しておくのは必須と言えるでしょう。
退職することになった時、直接影響するのは生活を共にする家族です。

退職や転職が決まってからではなく、悩んでいる段階から相談というスタンスで話推しておくと家族の共感や理解が得られやすくなります。
辞める目的・考え・思いなど大切な家族だからこそ時間をとって話をしましょう。

自分が逆の立場なら悩みを話してほしい、一人で抱えないでほしいと思いませんか?

人生の最後は、どんな風にして過していきたいですか?
というあなた、今すぐこちらを↓チェック

★無料レポート★
→「仕事を続けるべきかどうかはこれで判断!あなただけのキャリアプランを作る5つのポイント」

次の転職先の確保やタイミングは?

金銭面でクラッシュしないためにも、会社を辞めると決めたらまず次の転職先を確保する必要があります。
今は、転職サイトや転職エージェントのサービスも充実しています。
土日や休日を活用すれば転職活動はできます。

在職中なら面接の際に気持ちの余裕が持てます。
また、あなたの市場価値も高くなります。

人事担当者には履歴書のブランクを気にします。
特にブランク期間が6カ月以上になると
「この人はどこにも採用されなかった?」
「計画性がない人かもしれない」
と判断されるリスクがあるのです。

転職活動で最初に行うことは、いつまでに転職するかを決めることです。
「3カ月で決める」「4月から新しい会社で働く」と具体的に決めてください。

一般に転職活動には1~3カ月かかります。
条件にこだわれば6カ月以上かかる人もいます。
転職時期を決めたらそれに合わせ逆算して活動プランを立てましょう。

キャリアの棚卸・職務経歴書の作成・面接など、転職はやはりパワーも必要です
短期決戦で集中して行うが吉です。
4月1日入社と決めたなら12月~1月には転職サイト・転職エージェントに登録して、自分の希望求人を収集しまましょう。

転職サイトや転職エージェントは大手1~2社、希望業界や職種、自分の年代に特化したところ数社は登録してください。

言いづらい・・現職へ何か月前に報告する?どんな言い方・伝え方?

転職先が決まったら次は「退職」手続きを行います。
これがいわば、最後のハードル。

まず直属の上司に遅くとも1カ月前には伝えましょう。
ポジション、仕事の責任の重さによってはもっと早いほうがいいケースもありますが、ごく一般的な仕事であれば1~2カ月前で十分です。

もちろん法律上は2週間前で問題ありません。
しかし、社会人として働いた経験があればわかると思いますが
2週間前に辞めると言われると周りは結構大変です。

上司や人事担当者は次の人を急いで探さなければなりませんし同僚は予定外の業務に追われます。
彼らが「どうせならもっと早く言ってほしい」という気持ちを持つのも人情です。

法律は法律。
日本の社会はいわゆる「義理・人情・常識」というもので動いています。
30代の女性らしく、周囲への配慮もしながら綺麗に去っていきましょう。

最近は人手不足なためか「退職を慰留されるケース」が増えています。
会社としては優秀な人材や、頑張っていた人材に去られたくないものです。
これは致し方ありません。
慰留されたら、自分の評価ということでその気持ちはありがたく受け止めましょう。

そのうえで「自分のキャリアを違う分野で活かしたいと決めた」など上司が納得しやすい転職理由を伝えること。
これが円満退社のコツです。

中には、昇給や昇格、異動の話を持ち出されるケースもあります。
もちろん、一度は辞めると決めた会社です。

残ったところでそれほど大きな変化はないかもしれません。
でもその提案であなた自身の悩み、人間関係、評価や収入面の不満などが解決するなら別に残ってもいいのです

シンプルに、次の会社の条件(仕事内容、社風、待遇)や期待感、その提案(新しい人間関係、責任、やりがい)などを比較して決めましょう。

要は、あなたにとって何が大切かです
転職はよく結婚や恋愛と例えられますが最後の別れの時に自分の本心に気づくことも実はよくある話です。
もちろん、情に流されてはいけません。
自分がどのように仕事をしていきたいかで決断してください。

同僚に、辞めることをいつ話すか?
これは基本的に上司が許可したタイミングです。

その時期より早く周囲に伝わると上司の立場も悪くなります。
あなた自身にも周りから「どうせ辞める人」という見方をされたり緊張感を失ってしまったりする可能性があります。

最後の日まであなたはその会社の社員です。
職場での転職話は慎みましょう。

辞めるときに一番大事なのは引継ぎです。
できる限りわかりやすいマニュアルを整備するなど、気配りしましょう。

退職の挨拶は、基本的に社内も社外も最終日に行います。
もちろん、相手によっては最終打ち合わせのときなど多少早めでもかまいません。
お世話になった人は対面や電話で、それ以外の人たちにもご挨拶メールを送信しましょう。

退職願や届出の出し方

退職願と退職届の違い。

この2種類は、ほぼ同じフォーマットですが
「願い」と「届」の文字でわかるように
退職願は「依頼」で、退職届は「告知」です。

辞表という言葉もよく使われますが、一般社員が退職するときは退職願か退職届を出します。
会社によって異なる場合もあるので就業規則を確認してください。

一般にB5の白の便箋に、手書きで黒のボールペンまた万年筆で書き、三つ折りで下から折ります。
「退職届 テンプレート」で検索すると、いろいろなサイトが出てきますが餅は餅屋です。大手転職サイトのマニュアルを参考にして書きましょう。

リストラされた場合は「退職届」を出したほうがベターです。

リストラによる退職はあくまで会社都合
うっかり退職願を出すと失業給付の即支給が受けられなくなり、解雇予告手当ももらえません

一昔前と違い最近は会社都合のリストラが珍しくないため企業側もリストラ=能力がないという見方を以前ほどしなくなっています。
退職届で問題ないといえます。

最終日には、会社のものは全て返却します。
また、あなたが会社から受け取るものもあります。

総務の人が声をかけてくれるとは思いますが、自分でもあらかじめ確認しておきましょう。
会社の経費で購入したものはボールペン一つであっても会社の資産です。
全て返却する必要があります。

会社に返却するもの
社員証・名刺(自分の名刺、顧客の名刺)・健康保険証・タブレット・モバイル・ノート・社内資料全て・ロッカーのキー・制服・文房具など
会社から受け取るもの
年金手帳・源泉徴収票・健康保険資格喪失証明書・離職票・退職証明書(家族の扶養に入る場合)※郵送で受け取る場合もあり

「立つ鳥跡を濁さず」。会社のものは全て返却してお世話になった人に挨拶をして会社を去ります。
近年は「出戻り採用」もブーム。

また、一緒に働くこともあるかもしれません。
いずれにせよ、最後は美しく締めくくりましょう。

まとめ

世の中は転職や起業に成功した人の話があふれています。
実はそれ以上に同じところでコツコツ頑張って成功している人もいるのです。

仕事を辞めたいと思う人は
今一度なぜ辞めるのかを考えてみましょう。

一つの会社に長く勤めることで成長していく道もあります。
次の目標がはっきり決まっているなら、転職に一歩踏み出し新しい人生を切り開く道もあります。

大事なのは、あなたが自分の人生を自分で決めていくことなのです。
基準は、あなた次第なのです。

転職する!と決めたら・・・転職に成功するには何が必要?
情報収集方法や面接に役立つコツ・ノウハウを紹介