1. TOP
  2. スキルアップ
  3. 【成功への秘訣】リーダーが仕事の失敗から学ぶべきこと8か条

【成功への秘訣】リーダーが仕事の失敗から学ぶべきこと8か条

仕事には成功もあれば失敗もあります。

現在、世界で活躍している経営者たちは、成功よりも多くの失敗を経験してきており、
その失敗1つ1つが身になり、力になっています。
一度も失敗をせずに成功を手に入れる人はいないのではないでしょうか。

ここでは、成功するためにリーダーが失敗から学ぶこと8か条を解説します。
これを読めば、失敗から学ぶことがとても多いことに気付き、仕事への意識が高まるようになるでしょう。

事前に準備できるようになる

仕事をしていると、予期しないことがたくさん発生します。

予定通りに荷物が届くと思っていたら、業者の配送が遅延することがあります。
十分なテストをしたシステムが不具合を起こすこともあるでしょう。
仕事で失敗をすることで、次の機会に準備ができるようになるのです。

先ほどの例であれば、お客様に納品する日を稼働日よりも少し前の日程でスケジューリングをしておくことで
配送が万が一遅延したとしてもお客様に迷惑をかけることがありません。

システムの不具合を経験することで、テストをより強化することができますし、不具合が生じた時に
どのようにエスカレーションすべきかをルール化することができます。

いくら準備していてもイレギュラーな事象は起こるものです。
失敗を繰り返すことによって、起こるべきリスクに対して隙を作らない準備ができるようになります。

成功へのプロセスが理解できる

いきなり成功につながる仕事はありません。

苦労や努力のプロセスがあってこそ、その先に成功があるのです。
リーダーになって成功を収めている人は、成功を手に入れるまでのプロセスをよく理解しています。

1年後のゴールに向けて、スタート時のメンバーのモチベーションはどうあるべきか、
半年が経過した時にはどの位置にいるべきか、プロセスが体に染みついていると、
成功の確率はグッと上がります。

成功へのプロセスを理解するためには、
仕事で失敗をするのが一番近道であり、その都度反省点をまとめて対策を取ることが大切なのです。

一人でない事を実感できる

リーダーは孤独である、とよく言われます。

経営層から見れば、1つのプロジェクトの結果はリーダーの責任となっていますし、
メンバーに何かあればリーダーが盾にならなければいけません。

相談できる人もおらず、孤軍奮闘しているリーダーもたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、自分で思っているほどリーダーは孤独ではありません。
一人で成功する仕事など無いのです。

メンバーと協力するからこそ、仕事が前に進むものですし、経営層の判断が無ければ
実行に移すこともできません。
仕事で失敗をすることで、一人で仕事をしているわけではないことを感じることができるようになります。

プロジェクトの責任は自分が背負っていたとしても、失敗をリカバリしてくれるのは
同じチームのメンバーですし、成功を喜び合うのも一緒に仕事をしてきたメンバーなのです。
一人ではない事を実感できれば、仕事のクオリティもアップし、自信につながるようになります。

反省と後悔を長引かせない

仕事で失敗をすると、大きな反省と後悔が訪れます。

「あの時こうすればよかった」「何であんな簡単な事に気付かなかったのか」と
自分を責めることもあるでしょう。

反省と後悔がなければ、次のステップへは進めません。
ただし、反省と後悔を長引かせてはいけません。

強いハートを持ったリーダーは、仕事で失敗をした時に立ち直るのが早いものです。
気持ちが沈んだままでは、次に良い仕事をすることはできないことを知っているのです。

失敗から這い上がってこそ、次に高いパフォーマンスを発揮することができるようになるのです。
失敗をしてしまった時には、後悔を長く引きずってしまっていないかを自分で確認してみるといいでしょう。

気持ちを明るくするためには、プライベートの趣味などを通してストレスを発散してみてください。
そして、仕事のモヤモヤは仕事で取り返すようにするのです。

次の新しい挑戦を早くスタートさせることが、成功への秘訣となるのです。

失敗のターニングポイントを見つける

失敗にはタイミングがあります。

失敗につながったターニングポイントをつかまないと、また同じことを繰り返してしまうことになるのです。

例えば、展示会への参加をしたけれども、集客が全くできず、費用対効果を出すことが出来なかったと
しましょう。会社としては展示会に出展するのに多額の費用を出していますから、
企業をしっかりとアピールし、受注につながらなければ意味がありません。
リーダーであるあなたは、今回の展示会の結果を受けて猛省しています。

では、どこが悪かったのでしょうか。

展示会で準備をするポスターのデザインでしょうか?
プレゼンをする人のスキル不足でしょうか?

展示会に出展するプロジェクトが失敗に終わったターニングポイントが分かっていないと、
全てを反省するのに時間がかかってしまいますし、次に活かすことができないのです。
もしかしたら、展示会に出展すること自体が間違いだったかもしれませんし、
そうであれば戦略の立て方に問題があったわけです。

リーダーは広い目で見て、失敗のポイントを探すようにしなければ、
対策を立てるのに時間がかかるだけでなく、次の成功への道のりが遠のいてしまうことになります。

新たなルールを作る

会社には様々なルールがありますが、仕事で失敗をすると既存のルールを見直すことができます。

ルールはそれが正しいと思って作られているのですが、実践で活きなければ意味がありません。
いわゆる、PDCAサイクルを回さなければ、会社のルールも成長をしていかないのです。

リーダーは失敗によってPDCAを回し、新たなルールを作っていきます。
失敗した事象から作られたルールは、何もないところから考えるよりも仕事に適したものになりやすいです。

後輩への教育に利用する

自分が失敗したことは、後輩たちにも失敗しないように教えてあげるようにします。
これを繰り返すことで、会社で過去に起こった失敗を繰り返すことが無くなります。

また、教育の際に失敗談を話していると、新たな発見をすることもあります。
後輩たちに教育する際には、実体験に基づいた内容である方が、理解してもらいやすく説得力が増します。

失敗談を後輩に話すのには抵抗がある人がいるかもしれませんが、
それが会社の成長につながると思えば、案外すんなりと話せるものです。

チャレンジを恐れない

冒頭、失敗したことがないリーダーはいないとお伝えしました。
それは、次のチャレンジを恐れていないからです。

仕事で失敗すると、次にチャレンジすることが怖くなり、安全策を取ろうとする気持ちが出てきます。
しかし、チャレンジをしなければ成功はありません。
リスクの無い仕事など無いのです。

失敗したからといって恐れることなく、次のチャンスに果敢に挑戦するようにしてください。
チームのメンバーや後輩たちは、チャレンジを続けるリーダーの背中を見て育ちます。

自分のチャレンジは、自分だけのものでは無く、チームや会社で実施していると思うようにしましょう。

まとめ

仕事には失敗がつきものです。

リーダーはたくさんの失敗の先にある成功を求めて、日々努力を続けなければなりません。
辛いことも多いですが、成功を手にした時には
何物にも変え難い充実感を手に入れることができるようになります。

 

転勤や転職、異動は
ワクワクと同時に不安や心配事も多いものです。
緊張してしまう不安を解消するための方法を5つに分けてご説明します。

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Sasaki

Sasaki

経営管理やマネジメントの考え方はお客様やパートナーの方に高く評価されている。
新人教育からキャリアアップ講習など人の成長を実感することに喜びを感じており「個人の成長が組織の成長につながる」ことを信じている。
お客様の悩み事に関しては、お客様の親身になって考えることをモットーとしている。これまでに実施したプレゼンは、300回以上、資料作りにもこだわりをもっている。大阪生まれ、サッカー大好きのスポーツマン。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 今すぐ始めよう!専業主婦必見!内職・在宅(事務系ワーク)おすすめ10選

  • 【成功への秘訣】リーダーが仕事の失敗から学ぶべきこと8か条

  • 【リーダー必見!】組織が求めるリーダーの条件

  • 新しい職場で緊張する?大丈夫!不安を解消する方法5つ

この記事も読んでみて!

  • 失敗を引きずる人の特徴と対処方法をご紹介!

  • モチベーションが上がらない理由と3つの取り組み

  • 成功者の共通点が教えてくれる本質!あなたも簡単に成功できる?

  • ホントにできるの?好きなことを仕事にする方法!メリットとデメリットも分かります

  • 人間関係にうんざりして仕事に行きたくない時に効く『4つの処方箋』

  • 知らなかった!自分に自信がないときはこうすればいい!