成功者の共通点はすべて行動と思考に現れる

あなたの周りにも何故か成功している人がいるはずです。

世界には知らないだけで、想像を絶するほどの成功者が存在していて、そこには考えられないほどの成功譚やドラマチックストーリーがあるものです。

けれど、実は成功者たちには、成功者の共通点が存在しており多くの行動が共通していることはあまり知られていません。

ここでは、彼ら彼女らがどのような行動をしているか見ていきます。

成功者は努力をしていない

信じられないかもしれませんが、成功者の共通点に「努力をしない」というものがあります。

そんなバカな話があるわけがないと思うかもしれませんし、成功者が才能や家柄など恵まれた存在だと思うかもしれません。

しかしながら、そういうことではありません。

成功者にとって、努力とはそもそも存在していないのです。

彼ら彼女らにとって、成功に至るまでの行動の全ては好きでやっていること

いわば趣味の延長です。仕事であっても楽しんで行っている。

好きなことに熱中した結果、その手の中に成功が握られているのです。

だから本物の成功者は努力という言葉使いません。

客観的に見て苦労の連続や失敗の連続であっても、成功に至った後「自分は楽しんでいただけさ」と晴れやかに語るのです。

強靱な肉体を作っている

成功者の共通点として目に見えやすいのは、どの人も非常に良い体つきをしていることです。

これは、そのもの肉体であったり表情などの見栄えだったりします。

何をするにも体が資本とはよく言いますが、現実問題、人が何かを成すにあたって最終的に必要になるのは体力や精神力といった、実際に自分を構成しているものです。

知識や技術などよりも肉体や精神がよりどころになるのです。

そのため、成功者は、日々トレーニングを欠かしません

強靱な肉体を得るために行動し、強靱な精神を得るために表情からメンタルを育てあげます。

多くの人は、日々の仕事や生活でくたくたになり、トレーニングというトレーニングを行うことにためらいがちですが成功者はたとえわずか時間であっても逃さずにトレーニングの時間をしっかりと取ります。

誰よりも自分のことを理解している

成功者の共通点には、彼ら・彼女らが誰よりも自分のことを知っているということがあげられます。

多くのテレビやニュースでは、成功者たちがいかに無謀な挑戦をし、それを成し遂げたかがセンセーショナルに描かれますが、当の本人達にしてみれば、それは非常に愉快な演出と言えるでしょう。

「自分たちの行動に、無謀なことなど何一つなかった」と一笑に付すかもしれません。

なぜならば、成功者の誰もが、自分のポテンシャルを誰より理解しているからです。

つまり自分ならば「このくらいのことはできる」と知っている。

逆を言えば、成功者は、自分たちの限界も理解しています。

自分たちがどこ
までできて、どこからできないかを分かっていることから彼ら彼女らにとって、無謀なことは何一つないのです。

して、だからこそ成功者は成長し続けることができるのです。

成功を収めてなお、更なる高みを目指すことができる。

失敗ばかりする人は、多くが自分の限界を理解できずに、ただただ無謀なことばかり行い、成長の機会を逃し続けるのです。

他人への思いやりが深い

成功者の多くは、他人に寛容です。

自分自身、失敗をものともしないことから、他人の失敗にも寛容であり、新たなチャンスを共につくりあげようとします。

誰かが何かに失敗しても、その責任を押しつけることはせず、自分自身の問題として捉え解決策を見出そうとします。

また、挑戦意欲の塊とも言える成功者は他人の話を聞く際に、決して否定から入りません。

常にその話の実現可能性を考え、どうにか実現できないか前向きに考えます。

他人を否定してしまっては、その人は、そこで止まってしまいます。

成功者の共通点は、
否定から入ることをせず受け入れることで、すべてを自分自身の血肉にして、
活用方法を探るのです。

そして、その他人と何かを成し遂げたならば、必ず感謝します。

他人を道具
のように扱い、利用するだけ利用して目的が達成されるやいなや捨ててしまう、などということは、絶対にしません。

それは、その人が将来的に更なる良い種を持ってくる可能性を信じているからです。

成功というものは、小さな種から大きな花を咲かせること。

成功者はその種は、いつだって他人から提供されることを知っており自分の成功は他人あっての成功だと理解しているのです。

未来を語り周囲を巻き込む

成功者の共通点とは、行動だけでなく言葉にも見られます。

彼ら彼女らの語る内容はいつだって未来を向いているのです。

日本で成功者と賞賛される人の多くは、自分がいかに苦労してそれを手にしたか、その成功に至る道すがらどのような痛みを感じたかなどひたすら過去ばかりを語りますが本当の成功者は、そのような価値のない言葉で自分を飾るようなことはしません。

真の成功者は、いつだって未来を見ており、今の成功をただの過程としか
感じていません。

彼ら彼女らの周りには常に未来が芽を伸ばしており、自然と人も集まってきます。

集まった人は、彼ら彼女らが見据える未来に強く感化され自分たちもその未来を創るために協力を惜しみません。

過去ばかり振り返ってくる人には、その一時の成功による利益をむさぼろうとするハイエナばかりが集まりますが本当の成功者のもとに現れるのは、いつだって共に未来を創り出すパートナーなのです。

止まっているときも動き続ける

成功者にも等しく停滞はやってきます。

大きな成功を収めている人には、停滞など縁がないかのように思われますが彼ら彼女らにも停滞は必ずやってきます。

しかし、成功者の共通点として、停滞時にも恐れず行動します。

それは、一見無謀に見える行動かもしれません。

一方で、成功者にとって停滞期というのは何をやっても物事がうまくいかない時期であり、うまくいかないのであれば、試行錯誤を行う良い時期だと考えるのです。

つまり、停滞期には、それを抜けるための芽を育てるのです。

多くの人が停滞期には気持ちごと行動も抑えるか、あるいは大きな博打をしようとしてしまうのですが
成功者は静かに淡々と成長の芽を育てるのです。

そして、多くの失敗の末に、停滞期を抜け出す最高の芽を見つけ、それを一気に伸ばし、停滞期を吹き飛ばす。

その後にやってくるのは、試行錯誤に裏打ちされた大きな成功です。

しっかりと決断し迷わず行動に移す

成功者は迷いません。

成功者の共通点として、多くの人が彼ら彼女らの決断力を褒め称えますが事実成功者は誰もが決断力に優れています。

人は誰しも重大な局面では、悩み、迷ってしまいますが成功者は迷わず決断し
すぐに行動に移します。

彼ら彼女らにも失敗はつきものですが、それでも決断し、行動するのです。

それは、彼ら彼女らが常に成功を疑わず、前進し続けるからです。


失敗したところで、それはすべて糧になるのだと信じているからです。

好奇心旺盛ですべての時間を自分につぎ込む

成功者の共通点として最大のポイントは、とどまることのない好奇心とすべての時間を自分の興味関心につぎこむ圧倒的なまでの集中力です。

人は、誰しも自分の好みや感情的な判断で多くのことに興味関心を持ちません。

自分の好きなものや得意なことばかりに目を向けてしまいます。

しかし成功者は、とにかくあらゆることをやってみます。

合うか合わないかは行動してみてから判断するので少しでも気になれば、すぐに手を出してしまうのです

そうやって、すべての時間を自分の突拍子もない興味関心からくる行動に向け
あらゆるものを自分の糧として取り込むのです。

多くの大人は、色々なものをつまみ食いするかのような行動に目くじらを立て
節操なしや飽きやすいとなじってしまいますが、成功者はそのような凝り固まった価値観にひるむことはありません。

自分の目に映るものすべてが自分の糧になると信じ、それらに時間をつぎ込むのです。

まとめ

成功者の共通点は、言葉だけでも突拍子がないものが多く、実際に行動するとなれば手控えるものばかりです。

しかし、だからこそ、成功者は誰もがなしえない大きな成功を収めるです。

逆に、成功しない人に共通する5つの特徴も見てみましょう。
自分への戒めとし今から変えて行きましょう!