集客力を高める方法10選!アイデアや考え方も徹底解説

ビジネスを始めるにあたって集客は欠かせません。

しかし、集客がうまくいかずに悩んでいる経営者が多いことも実情です。

では、集客とは具体的にどのようにすればうまくいくのでしょうか?

この記事では「集客力アップの秘訣と集客方法」を紹介します。

集客の意味とは?

集客とは文字通り顧客を集めることですが、集客はビジネスにおける根幹と言っても過言ではありません。

集客が出来なければ、売り上げは立たないからです。

ビジネスといっても様々な業態がありますが、集客なしで成り立つビジネスはあり得ないはずです。

例えば、自分でお店を経営する場合、顧客が来なければ売上は立ちません。

インターネットで広告収入をいる場合にも、アクセスがなければ収入は得られません。

請負の仕事の場合は自分で集客する必要はありませんが、請負元が集客に成功していなければ、そのビジネス自体が成り立ちません。

ビジネスは集客ありきで考えなければならないのです。

しかし、集客はそれほど簡単にできるものではありません。

集客をするためにはビジネスモデルにストーリーを作り、仕組み化をすることがとても重要なのです。

そこには、様々な創意工夫が必要となります。
集客を考える上では、集客の意味や目的を念頭におきましょう。

これらのことを考えず、やみくもに集客しようと思うと、成果が出るまで回り道をしなければならないでしょう。

成果を得るまで非効率になってしまいます。

ビジネスにおいて非効率な集客は、時間とお金のロスに繋がりますので集客の意味や目的を最初に考えておくことが大切です。

つまり、集客の意味はビジネスの裾野を広げるものだと捉えましょう。

多くの人がお客さんさえ来れば売れるという風に勘違いをしがちです。

そのような人は、集客だけにとらわれてしまうことが多いです。

しかし、集客ができてもビジネスの本質が間違っていると逆効果につながることがあります。

例えば、あなたが取り扱っているサービスには全く魅力がないのに集客だけ、うまくいったとしましょう。

この場合、多くの顧客があなたのサービス目にしたものの、誰も購入してくれないはずです。

それどころか、サービスが悪いと言う口コミが広がるかもしれません。

ビジネスの本質は集客自体にあるのではなく、サービス内容や仕組みにあります。

集客はあくまでもビジネスという山の裾野を広げるものであり、山を高くするのはサービスや仕組みです。

集客の目的

集客はあくまでも手段であり目的ではありません。

集客が目的になってしまうと、サービス内容の向上や仕組み作りに目がいかなくなるのです

ビジネスは利益を得ることが目的であり利益を得るために集客をするのです。

しかし、利益を得ることと集客の間には様々な仕組み作りが必要です。

どうすれば利益が得られるのかから逆算すれば、商品サービスの向上、広報活動、宣伝の自動化、リピーター獲得の仕組みなど、様々な課題が浮き彫りになります。

まずは、ビジネスの目的を設定して、そこから逆算した集客の仕組みを検討しましょう。

また、集客とはあなたのビジネスに対する人気投票であると考えることができます。

このように考えると、集客は目的ではなく、あくまでも結果・手段だということがご理解頂けるはずです。

集客力を高めるための考え方

ビジネスにおいては準備がとても重要です。

ビジネスモデルを作る段階や実際にビジネスを遂行する時、そして、日々のタスクに至るまで準備でビジネスの成否が決まります。

準備が疎かになっていると後手後手のビジネスとなり、悪循環に陥りやすいのです。

集客も同じです。

集客アップを目指すのであれば、その前にしっかり準備してから集客しなければなりません。

では、集客における準備とは具体的にどのようなことなのでしょうか?

どのターゲット層に向けて宣伝・販売するのか考えよう

集客の準備として最初にすべきことは「マーケティング」です。

どのターゲットに向けて宣伝販売をするのかを考えましょう。

マーケティングは魚釣りで例えると分かりやすいです。

どれだけ良い餌(商品・サービス)を持っていたとしても、仕組み(竿や仕掛け)が貧弱であれば効率よく魚(顧客)を釣ることはできません。

また、どれだけ良い餌や竿を持っていたとしても、釣る場所(マーケット)に魚がいなければ釣れません。

逆に、魚がたくさんいるところでも、釣り人(競合)が多ければ苦戦を強いられるでしょう。

釣り人があまりにも多い釣り場の場合、魚がスレている場合もあります(レッドオーシャン)。

さらに、狙いたい魚の種類(ターゲット層)によって、使う餌や仕掛け、釣り場などが変わります。

そのため、マーケットやターゲット設定をしっかりと考慮した上で宣伝・販売する活動する必要があります。

ターゲット層の”本当の悩み”をしっかり分析できていますか?

ターゲット層が定まったら、今度はターゲットの分析をしましょう。

ターゲット層の本当の悩みを分析すれば的確な集客方法が選べます。

先ほどの魚釣りで例えると、魚が空腹の時間を狙う必要がありますし魚の習性を把握しておかなければなりません。

それに合わせて、適切に釣り糸を投入することで魚が釣れやすくなるため「ターゲット分析」というのは非常に重要なのです。

ビジネスにおける集客の場合もこれと同じで、ターゲットの本当の悩みを理解していることが重要です。

ターゲットに刺さるキャッチコピーが使えますし、広告などの露出時間も効率良い時間帯に行えます。

また、ターゲットの悩みを解決する提案セールスができれば購入してもらいやすくなるでしょう。

マーケティングでは、具体的なターゲット設定をペルソナと呼びます。

ペルソナは架空の人物像を描き、年齢や職業、休日の過ごし方まで細かく設定します。

このペルソナを予め設定することでターゲット層の悩みが理解しやすくなります。

集客手法を選び決める

ターゲット設定をして、ターゲット層の悩みを分析できたら集客手法を選びます。

集客手法は工夫次第で様々な方法がありますので、あなたのビジネスにあったものをチョイスしましょう。

また、集客はこれさえしていれば良いというものはなく様々な手法の合わせ技や仕組み化が重要となります。

集客方法を一旦選んだからといって、それに固執する必要はありません。

様子を見ながら、他にも良い集客方法があれば追加しても良いですし上手くいかないものは淘汰しても良いでしょう。

状況に応じて、フレキシブルに都度変えることも念頭に置きましょう。

かつての集客方法といえば、高いお金を払って広告を出したり手間暇かけてチラシを配るなどが一般的でした。

しかし、最近はインターネットやSNSの普及により集客の工夫がしやすい時代となっています。

無料でできる集客方法も多いため、いろいろなツールを活用してみましょう。

なぜ、集客が必要なのか?よくある集客のお悩みケース別・事例紹介

では、なぜ集客が必要なのかもう少し突き詰めて考えてみましょう。

そもそもビジネスは顧客があって成り立つものです。

言い換えると、顧客なくしてビジネスは成り立たないのです。

集客と言っても階層があります。
最もホットなのがリピーター、次に新規顧客、その次に見込み客、次に口コミを作ってくれる来訪者、そして、興味本位で来ただけの来訪者です。

一口に集客と言ってもこのような階層があるため、多く顧客を集めることで階層の高い顧客が見つけられます。

しかしながら、集客がうまくいかずに悩んでいる経営者はとても多いです。

経営者の悩みとして最も大きなことなのではないでしょうか。

以下にて集客のお悩み事例を紹介します。

集客の悩みその1. 「新規顧客が増えない」

集客のお悩みとして、新規顧客が増えないことは多いです。

そもそも新規顧客が増えなければビジネスは成り立ちませんので、新規顧客獲得に躍起になる経営者は多いのです。

ビジネスにおいてはまず新規顧客を獲得し、リピーターに発展させることが重要です。

リピーター率を高めることで、そこから口コミ・紹介が得られ、さらなる新規顧客獲得につながるという好循環となります。

このような好循環も立派な集客方法であることを覚えておく必要があります。

その為には、先述の顧客像を明確にしている必要があります。

自社商品やサービスに合わない顧客がリピーターとなっている場合は、あなたのビジネスの仕組みや宣伝方法のどこかに改善する余地があるのかもしれません。

また、合わない層の顧客を紹介されても発展が望めませんので、顧客が増えてきた段階でもマーケティングが必要です。

都度、見直してみましょう。

集客の悩みその2. 「売上が伸びない」

集客ができても、売り上げが伸びないというお悩みもあります。

上記でも触れましたが、顧客は得られているにも関わらず売り上げが伸びないのであれば、顧客にとって有益な商品サービスではないということです。

もう一度ターゲット層の本当の悩みを分析しましょう。

分析結果を商品サービスに反映させることで改善できるはずです。

また、マーケティング手法やセールスの見直しも重要です。

集客方法が適切かどうか、なぜ購入に至らないのか理由を検証しましょう。

もし顧客が購入してくれているにもかかわらず、売り上げが伸びない場合は商品代金が不適切であったり回転率が低い可能性があります。

それぞれ一つずつ見直してみると良いでしょう。

集客の悩みその3.「 ターゲット層の顧客がこない」

ターゲット層の顧客が来ないというお悩みもあります。

ターゲット層の顧客が来ていないのであれば、そもそも商品サービスのターゲット設定が間違っている可能性があります。

つまり、ターゲット層の顧客と自分が提供する商品・サービスのニーズが合っていない可能性を疑いましょう。

また集客窓口の数も検証しましょう。

集客窓口が少ないために狙ったターゲットからの問い合わせがないケースも想定されます。

メールアドレス登録からメルマガ、SNS、ホームページからのお問い合わせ、電話など狙ったターゲット層が問い合わせしやすい適切な窓口設定が大切です。

ただし、狙ったターゲット層が来ないことがマイナス要因だけとは限りません。

あなたの商品サービスは最初に狙ったターゲットではなく、他のターゲットにウケるものかもしれません。

この場合、思い切ってターゲットを変更するという選択も考えられます。

マーケティングには中核価値と付随価値というものがあります。

これは、商品サービス本来の価値と付随する価値という意味です。

この中核価値と付随価値をあえて逆転することによって、商品サービスのコンセプトを変えたりターゲットを変えるという手法もありますので念頭におきましょう。

集客の悩みその4. 「ゼロからビジネスを始める・・何から手をつけて集客すればいいか分からない!」

ゼロからビジネスを始める場合には、何から手をつけて集客すれば良いのかわからないというお悩みもあります。

確かにゼロからビジネスを始めた場合、考えなければならないこと・やるべきことが山ほどあります。

このような場合、効率よく行うには、まずはプロの集客コンサルタントへの相談がおすすめです。

コンサルタントに相談すれば、考えなければならないことの負担軽減ができ、客観的な視点でアドバイスがもらえるため多忙なあなたの業務が効率化可能です。

コンサルタントを利用すると多角的な視点でビジネスを成功に導いてくれます。

1人で悩むより、プロに協力を仰ぐことが建設的なのです。

最初のスタートダッシュでつまずき時間のロスも抑えられるでしょう。

そして、ネット経由メインでビジネスをするなら、まずは「リスト取り」に集中しましょう。

では、そのために必要な方法とはどのような方法なのでしょうか?

例として、ダイレクト・レスポンスマーケティングの手法をご紹介します。

広告やWebサイト上で情報発信し、何らかの返答(問い合わせ・注文など)が来た消費者に対してのみ直接的に「商品(サービス)」を販売していく仕組みのことで、消費者側から「名前」や「住所」・「電話番号」を登録してもらえるよう促すことで、さらに効率よく商品を販売する事ができるようになりました。

情報発信とともに返答アクションを促すような要素を含んでいるので、飛び込み営業といった完全にプッシュ型の営業手法と違い、何らかの返答アクションを起こした消費者のみをターゲットとするので非常に効率的で費用対効果が良いのが特徴です。

自分の商品・サービスに興味を持ってくれた顧客のみをリスト取り(集客)していく手法ですので、最終的なステップである営業がしやすいメリットがあります。

前記事参照・引用先「初心者でも簡単に理解できる!ずばり、マーケティングとは?解説まとめ」

集客力を高めるアイデア・方法の代表例10選

ここまで集客について解説してきましたが、いざ実践的に集客しようと思ってもどうすればいいのか分からない人もいらっしゃるでしょう。

そこで「集客力を上げるアイデアや方法の代表例」を10個紹介します。

もちろん他にも様々な集客方法はありますが、昨今の時代に合った集客方法の中でおすすめのものをピックアップいたします。

ぜひ参考にしてください。

 チラシ・ポスティング・DM

チラシやポスティング、DMは集客方法として有効です。

チラシやポスティングは費用がかかる反面、顧客に直接宣伝することが可能です。

業者に依頼してチラシ配布やポスティングをすることも出来ますし自分で隙間時間に行うことも可能です。

ただし、チラシ配りは警察署に許可申請しなければなりませんので気をつけましょう。

DMは名刺交換した相手や問い合わせフォームからコンタクトを取ってきた相手などに行いましょう。

こちらも直接顧客に宣伝できますので有効な方法です。

とはいえ、勝手にDMを送ってしまうとコンプライアンスに引っかかる可能性がありますのでDMを送る許可が必要です。

問い合わせフォームなどで「情報や案内を希望する」と言うようなチェック項目を作っておくと手軽に許可が取れます。

ただし、これらの方法は宣伝手法です。

宣伝手法は広報ができてから行うべきものです。

メディアへの露出やインターネットなどでの露出により、あなたの商品サービスが広く報られた上で宣伝をすることが最も効果的です。

もしも、いきなり宣伝から行うには、同じターゲット層に何度も繰り返し行いましょう。

そうすることで広報と宣伝を兼ねることができます。

チラシ配りやポスティングは範囲を絞って同じところに定期的に行うと良いでしょう。

イベント・セミナー・キャンペーン

イベントやセミナー、キャンペーンで集客するのも良い方法です。

自主開催のイベントやセミナーでも構いませんし、誰かが開催したイベントに出店したりセミナー講師として登壇するのも良いでしょう。
期間限定のキャンペーンも良いでしょう。

その際に名刺交換をすれば「見込み客」になり得ます。

また、いきなり集客を狙わなくても人脈が増えた結果、将来的な集客が見込める場合もあります。

イベント・セミナーやキャンペーンと一口に言っても、その形態は様々です。

例えば、個人が主催しているイベントやセミナーにひょっこりと顔を出す方法もありますし、東京ビッグサイトや幕張メッセのようなビックイベントにブースを借りて出展することもできます。

ただし、あなたのターゲット層や商品サービスにあったイベントセミナーを利用しないと時間の無駄となる可能性もありますので目的から逆算したアプローチを心がけましょう。

ちなみに、自主開催の場合はイベントやセミナーでも収入が見込めますので上手に活用すると良いでしょう。

サイト(検索SEO対策)

webサイトでの集客も検討しましょう。

webサイトはとても高い集客効果が見込めます。

なぜなら、webサイトは24時間365日あなたに代わって集客をし続けてくれるからです。

あなたの広報担当かつ営業マンとして活躍してくれるはずです。

しかし、誰も見てくれないwebサイトであれば人が通らないところに設置する自動販売機のようなものです。

あなたのwebサイトにアクセスを集める工夫が必要となります。

そのためには検索SEO対策を行いましょう。

SEO対策とは、検索エンジンであなたのページが上位表示される対策です。

検索数が多いキーワードで上位表示されるほど、あなたのサイトに訪れる人は多くなります。

SEO対策は書籍やインターネットリサーチで調べることができますが、一言で言うと閲覧者に有益な情報を提供することです。

閲覧者に有益な情報を掲載していると、検索エンジンから評価が得られキーワード検索の上位に表示してもらえます。

ユーザーニーズを掴んで良質な情報を掲載しましょう。

ブログ

ブログで集客することもおすすめです。

ブログであなたの商品サービスや、あなたの人となりが分かる情報、顧客に役立つ情報などを提供し続けていると次第に、あなたのファンが増えていくでしょう。

ブログを書くときのコツは、自己満足にならず相手満足の内容を更新することです。

また、できるだけ頻繁に更新しましょう。
更新頻度が多ければ多いほど、たくさんのアクセスを集めることができます。

ただし、気をつけなければならないことがあります。

それは、無料ブログの使用です。

無料ブログでビジネスをした場合、あなたのブログに広告が貼り付けられてしまったり、ブログサービスのポリシーが変わるなどのリスクがあります。

ポリシー変更によって使い勝手が悪くなる可能性がありますし、ポリシー違反によってブログが消される可能性もあります。

また、ビジネス利用を禁止しているサービスもありますので、なるべく一からブログを作りましょう。

一からブログを作るには、サーバー契約をして独自ドメインを取得した後にWordPressのようなサービスを活用することで作れます。

オウンドメディア(ワードプレス)

オウンドメディアとは、企業が自社で運営しているメディアサイトのことを指します。

自社商品やサービスに関するお役立ち情報を更新することで見込み客を増やしたりファンを増やすことが可能です。

閲覧者としては様々な有益な情報を得られる上、それに即した商品サービスの検討ができるため使い勝手が良いメディアでもあります。

また、メディアを運営する側からすると余分な宣伝・広告費を抑えながら根強いファンを作ることができますので、導入している企業も増加しています。

一方で、運営をすることは地道な作業が必要です。

信頼性の高い有益な情報を更新続けなければなりませんので、一定の労力は覚悟しなければなりません。

自分で更新してもよいですし、時間がなければ外部ライターに依頼するなどの方法もあります。

また、記事を圧倒的に増やしたい場合には、複数の外部ライターに依頼すると良いでしょう。

売り込みの色合いが弱いため、ユーザーに受け入れられやすい方法でもあります。

 LP (ランディングページ)

LPとはランディングページのことです。

ランディングページというのは、1枚物のホームページです。

一つの商品や一つのサービスに特化して、その内容を詳しく紹介するページです。

売りたい・知ってもらいたい商品やサービスがあるけれどもホームページを作る時間やお金がないというのであればランディングページを作るのがおすすめです。

ランディングページ一枚あれば、SNSから誘導したり、ネット広告から誘導するなどの手法が取れます。

また、商品サービスを人に説明する際にプレゼン資料の代わりにもなりますので、とても使い勝手が良いページです。

ランディングページは有料のものだけでなく無料のものもありますし、先述のワードプレスによって自分で作ることも可能です。

とても簡単に作ることができますので、ぜひチャレンジしましょう。

ランディングページはSEO対策に弱いというデメリットがありますので、ブログやSNSとの併用が大切です。

ネット広告(Google広告, Youtube動画配信など)

ネット広告での集客も良い方法です。

具体的にはGoogleアドワーズ広告、ヤフーリスティング広告、Facebook広告とYou tube動画配信などがあります。

Googleアドワーズ広告、ヤフーリスティング広告は、キーワード設定して検索者を誘導する方法です。

あなたのサイトにどのようなキーワードで訪問されるのかを分析し、そのキーワードにて広告を出稿します。

検索エンジンの上位に、あなたのサイトが広告表示されるためアクセスを集めやすくなります。

ただし、キーワードごとに料金が異なるため、人気のキーワードは高くなる傾向があります。

そのため、掘り出し物のキーワードを見つける必要があります。

Facebook広告は、ターゲットの属性を詳細に設定することができますのでリーチしやすい広告です。

Facebookページを持っているのであれば、誰でも簡単に出稿が可能です。

また、You Tubeを利用して動画広告を出したり、YouTubeの動画を広報に使うことも良い方法です。

このようにネット広告と一口に言っても様々な広告があります。

 SNS(Facebook, LINE, インスタ, Twitter,

LinkedInなど)

SNSはデメリットがほとんど無いため使わない手はありません。

Facebook・ LINE,・Twitter・ LinkedIn・Instagramなど、様々なSNSが無料で利用可能です。

頻繁に投稿していると次第にファンが集まりますし、フォロワーが多い人がシェアしてくれると一気に認知度が上がる可能性もあります。

俗にいうインフルエンサーが、あなたの商品・サービスを広げてくれるかもしれません。

また、フォロワーに役立つ情報を提供し続けているとフォロワーが増加し、あなた自体がインフルエンサーになる可能性もあります。

使っているうちに露出方法のコツが分かり広報や宣伝がうまくなることも期待できますので、すぐにでも活用しましょう。

どの媒体がより有効かは商品・サービスによって異なります。

例えば、Facebookは広報に役立ちますし、Twitterは宣伝に役立ちます。

LINEはリピーター獲得に役立ちますので、各SNSの特性の違いを掴んで適切に利用しましょう。

 メルマガ

メルマガは新規顧客獲得だけでなく、見込み客の獲得や集客の仕組み作りなど様々な使い道があります。

メルマガはもう古いと考える人もいらっしゃるようですが利用方法によってはとても良い集客ツールになり得るのです。

例えば、無料メルマガを発行することによってメルマガ登録者を増やし、あなたのサイトに誘導することができます。

これによって新規顧客獲得ができるわけです。

また、すでに顧客となっている人にメルマガ登録してもらえば常にあなたの情報に触れさせることができるためリピーター獲得が狙えます。

さらに、ステップメールを利用すれば一定数のメルマガを自動配信することができます。

例えば、予め書いておいたメルマガを登録された日から10日間毎日配信される自動設定機能があるのです。

つまり、あなたの代わりに自動で宣伝・営業活動してくれるのです。

このステップメールの活用によって、あなたのファンを作ることができるのです。

一方、メルマガを購読した結果、離脱する顧客もいるでしょう。

このような顧客はターゲット層から外れているため離脱してもらった方が良いのです。

文章を作り込まなければならないという手間が始めにありますが、利用価値は大きいため是非賢く活用しましょう。

口コミ・紹介

最後は、口コミ・紹介にも留意しておきましょう。

インターネットが発達しているこの時代ですから、口コミはすぐに広がります。

良い情報もネガティブな情報も広がるということを念頭に、商品・サービスを提供しなければなりません。

ネット上には口コミサイトなどもありますので自分の商品サービスが、どのように評価されているのかチェックすることも大切です。

紹介料の設定を予めしておけば、積極的に紹介してもらえるかもしれませんので集客手段の1つに加えておきましょう。

まとめ

これからビジネスを始める場合には、「集客」という一つの課題に必ず直面するはずです。

多くの経営者が集客のお悩みを抱えている反面、集客にはコツがあることも知っておきましょう。

この記事で紹介した内容をご理解いただいた上で、あなたの商品・サービスにあった顧客層に向けての集客方法を模索しましょう。

トライアンドエラーでも構いませんので、都度、振り返ってマーケティングしながら進めていってください。

こちらも合わせてお読みください!

ビジネスで成功するために欠かせない「継続する力」とは?

最初のコメントをしよう

必須