1. TOP
  2. スキルアップ
  3. あなたは大丈夫?仕事ができない人の特徴7つと、仕事ができるようになるカンタンな方法

あなたは大丈夫?仕事ができない人の特徴7つと、仕事ができるようになるカンタンな方法

  • 仕事で自信がない
  • 周りから、「仕事ができない人」と思われているんじゃないのかな?
  • 仕事で評価されるようになりたい
  • 頑張っているのに、なぜか認められていない気がする

と、心配なあなたへ。

仕事ができない人の言動にはどんな特徴があるでしょうか?

外資系企業で12年間人事の仕事をし、その後起業して多くの起業家を見てきた私が、
「仕事ができない人の特徴と、仕事ができるようになる方法」をお伝えします。

ぜひ、セルフチェックしてみてくださいね。

仕事ができない人の特徴:自分の力を過信している

060ee69dedd85ed3aedf796bbd819fe0_s

仕事ができない人ほど、「自分は平均以上にできる」と思っています。

心理学で「平均以上効果」と言うそうです。
人からアドバイスを受けても、「自分なりのやり方」でできると思っていて、考え方や行動を
変えようとしません。

自分の力を過信している人には、

  • 「自分なりにやってみます」
  • 「心の声を聴いてみます」
  • 「エンジンがかかりません」
  • 「降りてきません」
  • 「ピンときません」

などの口ぐせがあります。

「結果が出ていない」という現状を、見て見ぬふりをします。
「私はまだ本気出してないだけ」という感じです。

こういった方は、
実は自信がなく、行動を変えても「結局自分はできないのではないか」という恐れを持っています。
なので、行動を変えることなく、「自分だってやればできる」というところにいて安心したいのです。

そして、そこに気づいていれば変われる可能性はあります。
その場合、大切なことは学ぶ姿勢を持ち続けることです。

大切なことは人から学ぶことが難しいのであれば、
まずは本から知識を得て、自分で実践してみること。

また、どんなに敬意を持てない相手だったとしても、その人から学べることは何かという視点を
持ち続けることです。それができるようになれば、少しずつ自分の実力は高まっていき、
かつ自然と人から学ぶこともできるようになっていきます。

仕事ができない人の特徴:ポジティブ思考すぎる

max16011518_TP_V

一般的には「ポジティブ思考」はよしとされていますが、
実は、ポジティブ思考すぎても、仕事に問題が出ます。

なぜなら、「失敗することも想定して深く考える」ということをしないから。

「詰めが甘い」のです。

そういった方はよく、「大丈夫~何とかなるよ」と言います。
「何とかなる」と、期待から来る妄想をして、準備が不十分なことが多い。

実際には、全然大丈夫ではないのです。

仕事ができる方は、想定通りにいかなかったことも考えて、あらゆる手を打っています。
はたから見ると、「ネガティブ思考」な方も多いです。

でもそういった方は、
失敗することを想定して、あらゆる準備をするので、結果的に成功することになります。
仕事において、想定通りに進まないことはざらにあります。

だからこそ、ネガティブに考えてあらかじめ準備をしておく、つまり、
リスクマネジメントをしておくことが、成果を上げる確率を高めるために重要なのです。

極端に言ってしまえば、仕事が「できる」人はこのリスクマネジメントが「できる」人であり、
仕事が「できない」人はリスクマネジメントが「できない」人と言っても過言ではありません。

それほどまでに、ネガティブに物事を考えることは仕事の行方を左右します。

リスクマネジメントができるようになるコツは、
自分の取り組みにおいて最高の結果と最悪の結果を想定することです。

例えば営業で最悪の結果とは破談になることかもしれません。

それであれば、もしその営業先が破談になったとしてもその穴を埋められる営業先を確保しておくとか、
またはそもそも破談になる理由を想定してあらかじめ手を打っておくといった対策が考えられるでしょう。

仕事におけるポジティブ思考とは、何も考えずによい未来を願うことや失敗を気にしないことではなく、
何があってもそこから学べる人のことを指します。

そのためにも、やるべきことをやり切る準備が必要です。

仕事ができない人の特徴:いつも忙しがっている

aeabde5b311d0c1c90718376285f508d_s

Facebookなどで、「今日は○件もアポが入っています!」「今日は終電まで働いていました!」などと、
忙しさをアピールしている方がいますよね。

いつも忙しがっている人は、仕事ができません。

なぜなら、

  • 人に仕事を頼めない
  • 効率を上げることに頭が回らない
  • 労働時間と仕事の成果が比例すると思っている

からです。

「常に忙しくしていないと、できない人間だと思われる」ことを恐れているのです。

だから、「人に頼むより、自分がやった方が早い」と、仕事量を増やしてアピールしようとします。
人に仕事を頼んで、自分よりできてしまうのが怖いのです。

実際は逆です。

仕事ができる人は、常に「時間効率」を考えています。
「どれだけ、仕事の効率を上げられるか?」ということです。

そのために、必ずしも自分がやらなくていいことは人に頼んだりして、
自分の時間を減らさずに成果を出しています。

つまり、目の前の仕事を最も素早く、そして高い質でこなせる人は誰なのか、そして、
自分が取り組むべき仕事は何なのかを考えて少ない時間で高い成果を生み出すことに意識を向けています。

そもそも、仕事に長い時間がかかるということは人件費というコストが発生していますから、
その分だけ会社としての利益は圧迫されます。
ですから、短い時間で高い成果を生み出すことを会社は求めているのです。

そのためにも、日々問題意識をもって業務改善に取り組み、
定時で上がれるときは定時で帰る取り組みが重要です。

また、本当に仕事ができる人は膨大な量の仕事を任されており、その中には自分が不得意とする仕事も
含まれています。そこで知っておきたいのが、人に任せることの重要性です。

世界の自動車王と呼ばれたヘンリー・フォードが持つ有名なエピソードとして、高度な教養を必要とする
問題を問いかけられた時に、自分では答えられないが、
その道の専門家となら5分で連絡が取れるといったという話があります。

人の時間と能力には限りがありますから、自分が全てを高いレベルでこなすのは困難です。

だからこそ、自分よりできる人を見出し、そして次々に仕事を頼んでいく方がよいのです。
そして、自分にしかできない仕事に集中することが、仕事ができる人になるための近道と言えます。

ただし、これは自分自身が取り組むべき仕事を理解し、そして実際に取り組んで初めて成り立つことです。
楽をしようとして周囲に仕事を与えてばかりいると、反感を持たれやすいので注意が必要です。

仕事ができない人の特徴:上から目線

d030e5a4d90f875e490f80ef1674cffb_s

仕事ができない人は、「自分は仕事ができない」ということを直視しません。

なるべく気づかないフリをし、無意識のうちにバレないようにしています。
そういった意識が、マウンティング行動として表れます。

たとえば、

  • 「○○さん」と呼ぶべき相手を「○○君」と呼んで「自分の方が上だ」とアピール
  • 友達でもないのにタメ口で話しかける
  • 「教えてください」と言えない

など。

転職や起業された方で、以前の職場で高い役職に就いていた方などに見られがちな傾向です。
起業すると会社で得ていた役職はなくなり、「部長」などと呼ばれることはなくなります。
周りから見ると「ただの人」になってしまうのです。

そして、それを受け入れなければならない、という試練に直面するのです。
本当に仕事ができる人は、とても謙虚です。
どんな相手に対しても、敬意を持って接しています。
そういった方はマウンティングの必要がないのです。

なぜなら、どのような人でも学べることが必ずあることを理解しており
そこに対して敬意を表しているからです。

また、仕事は、同僚や部下との関係性を築き、育て、そして、そうした人たちに仕事を依頼することで
初めて生産性が高まるものですから、
高圧的な態度で関係性を壊してしまうと結果的に自分も痛い目を見ることを知っているのです。

仕事ができない人の特徴:話が必要以上に長い

TAKEBE160224540I9A0512_TP_V

会議や披露宴のスピーチで、思いつくままにダラダラと話す方を見かけることもあるのではないでしょうか?
ここでいう「ムダに長い」というのは、「長い割に、何が言いたいのか分からない」という話し方です。

「話がムダに長い」ということは、「言いたいことを頭で整理できない」ということ。

仕事は、得たい結果があって、それを得るために逆算して行動を考えるもの。
話すときも、「この会話で何を得たいのか」を事前に明確にしたうえで話し始めます。

つまり、話がムダに長いということは、「逆算思考」ができていないということ。
「自分が何を得たいのか」が明確でないので、結局、会話をしてもどこにもたどり着かない、
ということになります。

こういった方は、頭の中が整理されていないのみならず、
「人の時間を奪ってもいい」と考えているため、心の中も依存的です。

「分かってほしい」という気持ちが強いため、
相手に話が伝わらないと感じると、余計に話が長くなる傾向にあります。

ですから、ご自身で話をする場合にも
結論ファーストで伝えたいことから逆算して話を展開していくように心がけるとよいでしょう。

また、話の中で脱線しないように
何について話し合っているのかを常に確認しながら進めることも必要です。

仕事ができない人の特徴:自分の頭で考えない

Green19_taisyoku20141123133801_TP_V

仕事を身に付ける段階では、上司や先輩から教わり、言われた通り素直にやってみることも必要。
ですが、仕事ができない人は、何も考えずに、ただ「言われたから」やります。

仕事ができる人は、言われたことをやるにしても、「何のためにこれをやるのかな?」と、考えながら、
仮説を持ってやっています。ですので、いずれ指導してくれる人がいなくなっても、
自分で考えて仕事を進めることができます。

一方、何も考えていない人は、言われたこと「しか」できないので、
マニュアル人間から脱することができません。

こういった方は「○○さんから言われたからやりました」とよく発言します。
厳しい言い方ですが、この発言をしていては10年経っても仕事で評価されることは難しくなります。

仕事ができる人は、言われたことをやるにしても、「何のためにこれをやるのかな?」
考えながら仮説を持ってやっています。ですので、いずれ指導してくれる人がいなくなっても、
自分で考えて仕事を進めることができます。

また、考える時も「やる必要があるのか」という否定的な意味合いではなく

「どのような意図をもって取り組んでいるのか」
「取り組みによって組織全体が得られるメリットは何か」

を考えるようにするとよいでしょう。

仕事で成果を出す人は常に建設的に物事を考えています。
否定的な考え方はマイナスを減らすことはできてもプラスを生み出すことはできないからです。

ですから、日ごろから建設的な考え方を身に着ける癖をつけながら、
時にリスクマネジメントの意識をもって考えを巡らせるようにするとよいでしょう。

仕事ができない人の特徴:食べ方や音が人に不快感を与える

HIRAgatugatuneko_TP_V (1)

仕事ができる方は、周りの人への気遣いができます。
それは、「仕事は人とのかかわりあいで成り立つ」ことをよく理解しているから。

逆に、仕事ができない方は、自分が人に与える印象を考えていないので、食べ方や発する音が下品なことが
多いです。

  • パスタを蕎麦のようにズーズー音を立てながらすする
  • 食べかすをテーブルにこぼす
  • ナイフやフォークを振り回す

など。

仕事ができる方は、食べ方はもちろんのこと、見た目にも気を遣っています。
ですので、男女ともモテる方が多いです。

仕事の質を高まる秘訣は多角的な視野を持つこと

仕事ができない人の7つの特徴をご紹介してまいりました。
最後に一つだけ、逆に仕事ができるようになるために必要なことをお伝えします。

それは、多くの視点を持って世の中を見ることです。世の中に存在する物事は、
あくまでも「事実」にすぎません。

それに意味を付けているのは紛れもなくあなたです。
そして、現状の視点で物事を捉えていたら変化を起こすことは難しいでしょう。

ですが、今までとは異なる視点で物事を捉えるようになれば、
そこから何かしらのメッセージを受け取れるはずです。
そして、そのメッセージの積み重ねこそがあなたをできるビジネスマンへと成長させます。

どのようにメッセージを受け取ればいいのか、それはこうしたサイトや本、そして、あなたが
「この人は仕事ができる人だ」と思える人の意見を参考にすることで、身に着いていくことでしょう。

 

多角的な視野を持つための行動習慣チェックリスト

多角的な視野を持てといわれても、急にそんな視野を持つことは困難です。
最初からできるのであれば、誰も苦労することはないでしょう。

では、多角的な視野を持つためには、具体的にはどのような行動をすれば良いのでしょうか?

ここでは行動習慣として
「アウェイの場に飛び込む」「多くの人と接する」「多くの本を読む」
「毎日1つ以上、初めての体験をする」

の4つを紹介します。行動習慣のチェックリストとしてご確認ください。

 

アウェイの場に飛び込む

アウェイの場に飛び込むことは、多角的な視点を持つためにとても大切です。
ものごとを発展させる時には、必ずといっていいほどアウェイの場に飛び込んでいるはずです。

新しい仕事で成功しようと思ったら、そもそも新しい仕事をする時にアウェイの場に飛び込んでいます。
親友ができる前に、出会いというアウェイな状況があります。
コミニティーの常連として活躍する前に、初参加の日というアウェイな状況があります。
アウェイの場が、あなたの視野やチャンスを広げているのです。

 

 多くの人と接する

多くの人と接することも、多角的な視野を持つ上ではとても重要です。
多くの人と会話をしていると、相手の考え方を知ることができます。
自分の発想になかったことや、自分が知らない分野の知識など、さまざまなことを吸収する機会となります。

その結果、今まで持っていなかった世界観があなたの中に広がりを見せ
あなたの視野もどんどん広がって行くことになるでしょう。1人でも多くの人と接しましょう。

 

 多くの本を読む

多くの本を読むこともオススメです。
本はとても安価にも関わらず、さまざまなノウハウや知識が詰まっています。
手軽に自己投資ができる方法ですから、使わない手はありません。

特に本の良いところは、普通は出会えないような著名人や歴史上の人物などの考え方を学ぶことが
できることです。
時空を超えた世界観を自分の中に取り入れることができますので、時間が許す限り多くの本を読みましょう。

 

 毎日1つ以上、初めての体験をする

毎日1つ以上、初めての体験をすると脳が活性化します。
今までの固定観念を覆す訓練にもなりますので、ぜひ試していただければと思います。

とはいえ、毎日1つ以上、初めての体験をするというのは容易なことではありません。

あまり難しく考えず、なるべくハードルを下げて考えると良いでしょう。
たとえば毎日違う道で通勤するとか、普段食べないお弁当を食べる、靴紐の長さを変えるなど、
どんなことでも構いませんので、初めての体験をし続けましょう。

 

多角的な視野を持つための思考習慣チェックリスト

多角的な視野を持つためには、思考習慣を変える必要があります。
行動を変えるには、思考を変えることが大切であるため、まずは思考習慣をチェックしてみましょう。
では、どのような思考に変えれば良いのでしょうか?

ここでは、その方法として
「自分を低めるタブーを作る」「常に視野が狭くなっていないかを意識する」
「ものごとの具体化と抽象化を検証する」
の3について紹介します。

 

自分を低めるタブーを作る

自分を低めるタブーを作るとは、これだけは絶対にいわないものを決めるということです。
思考は言語で行っており、1日のうちで6万回、脳の中で行っているといわれています。

その思考がマイナス言語ばかり使っていれば、価値観や行動もマイナスとなりますので、
マイナス思考はコントロールする必要があります。

たとえば「できない」「無理」「分からない」は自分の中でタブーとし、考えてしまったら
頭の中で「キャンセル」と取り消すように意識してみましょう。
繰り返しているうちに、少しずつマイナス思考が軽減できるかと思います。

 

 常に視野が狭くなっていないかを意識する

思考は自分で支配することが難しいと思っている人がいらっしゃるかも知れませんが、
意識的にとらまえると、案外思考との付き合い方が分かってきます。
自分の視野を広げたい場合には、自分の考えが狭くなっていないか、常に検証すると良いでしょう。

もしも、視野が狭くなっていると感じた場合には、なぜ視野が狭いかを突き詰めるのではなく、
どうすれば視野が広がるかを突き詰めて行きましょう。
見つけたい答えを頭の中で検索することが重要です。

 

 ものごとの具体化と抽象化を検証する

ものごとの具体化と抽象化を検証することも大切です。
視野を広げるためには思考を抽象化することがとても重要なのです。

たとえば、「チワワ」を抽象化すると「犬」になります。
「犬」を抽象化すると「哺乳類」となります。「哺乳類」を抽象化すると「動物」となります。

このように、思考を抽象化することによって、チワワの時には見えなかった他の犬種や、
犬の時には知り得なかった他の動物が見えてくるのです。

思考の抽象化は、多角的な視野を持つための材料と気づきを与えてくれますので
普段から中小思考を意識してみると良いでしょう。

まとめ:仕事ができるようになる方法

AL004-kuchibeniyoteihyou20140722_TP_V

ここまでお読みになった方は、「自分が当てはまってるんじゃないか」と心配になったかも知れません。
でも大丈夫です。

もし、ここに書かれていることに当てはまる自覚があるとしたら、
「このままじゃいけない」という危機感を持っているということ。

逆に、「自分はまったく問題ない」と思っている方が、危険信号かも知れません。

なので、仕事ができるようになる一歩としては、「変わろう」と決めること。
今までの自分の考え方や行動を否定することです。

そして、お勤めの方であれば上司や先輩、起業されている方であればコンサルを付けるなどして、
人からアドバイスをもらいましょう。

そして、耳の痛いことを言われたとしても、素直に受け止め、行動を変えてみましょう。
少しでも変わることができれば、「仕事ができる人」に変身するのは時間の問題ですよ。

頑張りましょう。

 

関係にうんざりして仕事に行きたくない時もありますね・・。

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中直子

田中直子

外資系企業OL時代に、「やりたいことが分からない」と悩み、転職活動をするものの、40社ほど履歴書を送って1社も内定せず。

コーチングに出会い、「自分には価値がない」と思い込んでいたことに気づき、起業。

コーチングをとおして、「本当にやりたいこと」を見つけて「ビジネス」として実現できる人が増えるよう活動中。

著書に「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」(セルバ出版)がある。

好きな食べ物はホルモン焼き。


この人が書いた記事  記事一覧

  • メルマガとは何?ブログとの違いから配信する方法まで初心者向けに解説

  • 自分は空っぽな人間と思っていた女性が「本当にやりたいこと」を見つけるまで

  • ビジネスで成功しない人の特徴7つ

  • 仕事もプライベートも空回り、やりたいことがわからない彼女が夫に愛されながらやりたいことで起業できた理由

この記事も読んでみて!

  • 仕事ができる人の習慣|どうやったら「できる人」になれるのか?まで解説

  • 時間の使い方が下手だと思っていた人たちが激変した3つの取り組むべき事

  • 成功者を目指す人が習慣にしておきたい朝時間の過ごし方

  • 管理職は辛いって本当?管理職が果たすべき8つの役割と責任

  • カンタン!上手に説明するための「話し方」7つのコツ

  • 時間に追われる毎日を卒業!ツールを上手に使って時間管理