【コーチング】起業家必見!ビジネスで成功するための必須スキル

コーチングをご存じでしょうか?

コーチングを受けると、叶えたい目的を見つけられ、なりたい自分に向かって進んでいきやすくなります。

また、起業家にとってクライアントの成功や実績は自分のビジネスの実績にも直結しますのでコーチングスキルを使うことでクライアントを成功に導く手段として学んでおくと良いでしょう。

この記事では「コーチング」について詳しく解説します。

コーチングとは?

コーチングとは個人や組織が目標を達成することをサポートするノウハウです。

たとえばスポーツではコーチが存在しますが、それと同様に、人生における目的や目標達成をコーチがサポートしてくれるのです。

そもそもコーチというのは馬車が語源です。

馬車のことをコーチ (Coach)と言いますが、人が望むところまで送り届ける馬車から意味合いが派生し、目標達成をサポートする意味でコーチという言葉が使われるようになったのです。

コーチは面談によって、クライアントの心の内から出る人生の目的や目標達成をサポートし、クライアントを送り届ける役割を担います。

そのため、コーチは高いコーチングスキルが求められます。

コーチによってはウェブ面談やメール・電話相談などを利用し、幅広く活動しています。

人に何かを相談するということは、自己開示(自分の悩みや情報を話すこと)が必要であるため、コーチとの信頼関係が重要です。

コーチは、クライアントの知り得た情報を漏らさない高いモラルが不可欠です。

多くのコーチはコーチング資格を受講・取得、経験を積み、クライアントをサポートしています。

どんな場面で発揮する?

コーチングは、この分野だけで使える、というものではありません。

人生全般で役立ちます。

特にアスリートのコーチは、指導する側も指導される側も効果が分かりやすいため多くのコーチが存在します。

コンサルティングの現場でも効果を発揮します。

その場の成果だけを目指す表面的なコンサルティングは一時的に効果を表すかもしれませんが、長期で見た際は効果が薄くなることがあります。

しかし、経営者や組織の目的からアプローチしたコンサルティングは持続的な効果をもたらします。

その際、コーチングのノウハウが活きてくるのです。

ほかにもセラピストや士業など、ビジネス全般でコーチングは効果を発揮します。

ビジネスの場面では、クライアントの成果=自分の実績となるためコーチングを学ぶことに意義があります。

さらに、家族関係や子育て、上司・部下、恋愛など人間関係全般でもコーチングの効果性は高いため是非、スキルの一つとして学ぶことをおすすめします。

コーチングとティーチング – その違いは?

コーチングと似たようなイントネーションの言葉に「ティーチング」があります。

コーチングとティーチングはどう違うのでしょうか?

簡単に言うとコーチングはクライアント主体でやり取りを進めることに対し、ティーチングは一方的に指導する方法です。

先ほど紹介したように、コーチングはアスリートのコーチのように相手に合わせた対話の中で内発的な目的や目標に向かうことを支援します。

一方、ティーチングは学校の先生やセミナー講師などが行う授業のように知識やノウハウを教えるものです。

アスリートのコーチと学校の先生のイメージで違いを認識すると良いでしょう。

ただし、ハッキリとしたすみ分けがしにくい場合もあります。

たとえば、コーチが一方的に指導する局面もあれば、ティーチャー(先生・講師)がコーチングのようなアプローチをする場合もあります。

つまり、コーチングもティーチングも人を成長させるための手法であるためケース・バイ・ケースで両方を使ったハイブリッド型の手法もあります。

学ぼう!コーチング・スキルとは?

起業してまだ間もない方、今後、起業や経営を考えている方、起業したものの上手くいかない方は是非、コーチングスキルを学びましょう。

特に起業家・経営者の場合、顧客の悩みを目的からアプローチするシーンに直面しやすく、従業員を雇った際にはマネジメントの手段として活用できます。

コーチングスキルの学び方として、資格を取るために講座を受講することが手っ取り早いのですが、これから起業する人や起業して間もない方は、高額の受講料が払えないかもしれません。

そのため、クライアントとして実際にコーチングを受けてみたり書籍で学ぶなどの方法もあります。

次は、いち早く要点を学びたい人向けにコーチングの必須スキルについてご紹介します。

傾聴と質問 ~ 問題の発見と新たな気づき~

まずは「傾聴と質問」です。

これらを適切に行うことでクライアントにとっての問題発見と新たな気づきが得られます。

傾聴とはクライアントの話しを「聴く」ことです。

ただ単に上辺だけ聞くのではなく共感的に聴くことが重要です。

そのため「聞く」ではなく「聴く」なのです。

相手の気持ちに立ち、耳を傾ける。

それが「傾聴」です。

人間は人から認められたいという欲求があり、それは話すことで満たされます。

話をしっかり聞いてくれる人は、その欲求を満たしてくれるわけです。

傾聴によってクライアントとの信頼関係が構築できますので、まず最初に必要なスキルです。

質問は相手に自己開示してもらうために大切です。

コーチの考えに誘導する作為的な質問ではなく、クライアントの内在的なところにアプローチすることが大切です。

ただし、連続して質問を繰り返すと尋問のようになりクライアントにプレッシャーを与えてしまいますので適切な頻度とタイミングが重要です。

問題解決 ~目標と目的の明確化 ~

次は、問題点が浮き彫りになったら、その問題を解決するためのアプローチを行います。

コーチングは、クライアントが問題解決によって、なりたい自分の実現可能や目標達成への絶え間ない支援です。

そして、問題解決のためには「目的」と「目標」の明確化が大切となります。

よく2つを混同しがちですが、目的は「最終的になりたい自分」であり、目標は「そのための手段」だからです。

たとえば、目的は「今より美しくなりたい」とするならば、その目的を叶える為に目標を掲げます。

例えば「毎日20分の運動を1ヶ月継続する」「間食は絶対にしない」「炭水化物は1日1食まで」「油分・糖分は絶対取らない」という目標が「手段」を表します。

よくありがちなケースとして、毎日頑張って目標をこなし達成したにもかかわらず、以前より自分が「美しい」と思えなかった。

なぜでしょうか?

ここでは、クライアント自身が漠然と思い込んでいる「美しさ」の定義と「最終的になりたいイメージ・ビジョン」=「目的」がズレていたのかもしれません。

ここで大事なことは「今より美しくなりたい」とは、クライアントにとって「どういう状態やどんな姿が美しいと思い、自分は最終的にどうなりたいのか」ということです。

体重は減り、油分や糖分を一切とらず、炭水化物は1日1食だけという極端な食事制限は筋力や肌のハリ・艶の減少をもたらし肌や髪、ボディライン全体に影響を与えます。

極端な食事制限によるストレスも顔の表情に影響を与えるでしょう。

ここで大事なことは「最終的になりたい自分」である目的のイメージ・ビジョンをコーチとクライアントが互いにしっかり共有できているかどうかです。

目的が「最終的になりたい自分」で、目標は「そのための手段」であることを認識しておきましょう。

スタート時の現状把握

スタート時の現状把握も大切です。

現状の把握ができていないと「目的」までどう進んでいけば良いのか分からなくなります。

スタート時の現状把握によって、目的までのアプローチの仕方が大きく異なってきますので現時点を必ず確認しなければならないのです。

とはいえ、クライアント自身が自分でハッキリ認識しているとは限りません。

現状がどのような状況か、クライアント本人も分かっていないこともあります。

先述した傾聴や質問によって、クライアント本人も気が付いていない現状や問題が何なのか気づかせていきましょう。

達成するための行動計画

目的と現在地が明確になったら「達成するための行動計画=目標」が重要となります。

さきほど「今より美しくなりたい」と表現しましたが、これを実践するためには行動計画が必須なのです。

「どういう状態で、どんな姿が美しいと思うのか」を具体的に明らかにし、必要な行動を実践します。

極端な食事制限はせず、少しずつダイエットする方法を求めているのであれば理想の状態をいつ叶えるのか、から逆算して具体的行動に落とし込みます。

他にも「メイク」という手段で目的を叶える場合、現状の自分の肌やコンプレックス・悩みと向き合い改善できるものは改善していく、もしくは、自分に似合うパーソナルカラーや骨格を明らかにすることで、より達成したい目的に今より近づくでしょう。

また、新しいメイク技法を習い、実践を繰り返すという行動で叶えることも可能でしょう。

達成するためには必ず行動が必要です。

具体的な行動プランを作ることが重要です。

その際、逆算思考が大切です。

目的から現状までを逆算することで、やるべき目標のアウトラインが見えてくるでしょう。

承認と要望 ~ 達成度合いの確認と共有~

行動計画=「目標」ができあがったら達成度合いの確認を行います。

もちろん、クライアントとコーチとの間で達成度合いは共有します。

達成できている場合は承認し、達成が困難である場合にはクライアントの要望などにアプローチしながら、引き続き内発的に目的達成をサポートします。

重要なことは、目的や目標を下げないことです。

達成への進捗状況がおもわしくない時、つい目的や目標を下げてしまいがちですが下げてしまうと行動が鈍化する可能性があります。

人間にはホメオスタシス(恒常性維持機能)があり、目的が近くなると現状維持をしてしまうのです。

もっと言えば、目的設定の段階で現状の延長にある内容にしてしまうと叶う確率が低くなります。

目的は抽象的かつ高いもので、そこから逆算した目標を目指すアプローチが大切です。

イメージできないほど高い目的から逆算し、具体的にイメージができる目標を設定すればコーチング効果はとても高くなるでしょう。

【コーチングの効果】メリット・デメリットとは?

コーチングにはさまざまなメリットがありますが、一方でデメリットもあります。

デメリットを理解しないままメリットだけを追い求めると効果がでない可能性が高まります。

メリット・デメリットの両面を理解した上で取り組む必要があるでしょう。

メリットとは?

コーチングで得られるメリットは、大きく分けると3つです。

  1. 主体的に考え、自己決定し、行動できるようになる
  2. 習慣が変わり、変化が分かる
  3. 自分のやりたいことが見えてくる

ほかにもさまざまなメリットや付随する価値がありますが特に大きな恩恵がこの3つとなります。

では、それぞれのメリットについて1つずつ見て行きましょう。

主体的に考え、自己決定し、行動できるようになる

コーチングによってクライアントは主体的に考え、自己決定し行動できるようになります。

この要素はとても重要です。

まず主体的に考えるということは、自分の存在価値を高めることでもあります。

何も考えずに生きていると人に流されて生きることになったり、知らず知らずのうちに人が敷いたレールに乗ってしまうことになりかねません。

つまり、自分の幸せを他人に委ねているか・いないかということになるのです。

自分の頭を使い主体的に考えることで自分のあるべき姿やなりたい姿が見えてくるでしょう。

その上で自己決定ができるようになります。

自己決定するというのは、人生を自己責任で生きるということです。

すると言い訳の必要がなくなり、建設的に生きられます。

他人の決定で失敗すると言い訳したくなりますが、自己決定した場合、言い訳できません。

言い訳は雑念であり、脳の思考にノイズを与えますのでポテンシャルが低くなります。

そのことから、自己決定は大切な要素なのです。

そして、最後に自分で自発的に行動できるようになります。

なりたい自分を見つけても行動しなければ達成はできません。

コーチングは行動までしっかりとアプローチします。

習慣が変わり、変化が分かる

コーチングを繰り返すことで、習慣が変わり変化が分かるようになります。

習慣というのはとても大切です。

なりたい自分に向かて行動しようとしても習慣化しなければ実現はできません。

自己啓発書として有名な「7つの習慣」のタイトルも「7つの方法」や「7つのスキル」などではなく「7つの習慣」となっているほど「習慣」を大切にしています。

また、マザーテレサはこんな明言を残しています。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

つまり、習慣は性格を変え、さらには、人生・運命もを変えるのです。

目的地にアプローチできる習慣を身に付けられることは、コーチングの大きなメリットでしょう。

そして、習慣化する中で徐々に変化を感じ取れるようになります。

いつまでも変化が感じられなければ取り組んでいることに自信が持てなくなりますが、ちゃんと変化を感じられることで自信を持ち継続していくことが可能となります。

そのためにコーチが存在し、励まし、クライアントの目標達成をサポートするのです。

自分のやりたいことが見えてくる

コーチングのもう1つのメリットは、自分のやりたいことが見えてくるところです。

人生において、やりたいことが分からないという人はとても多いです。

成人している大人の場合、やりたいことが分からない人が大多数かも知れません。

学校教育の中で成績を求め続け、少しでも良い学校に進学し良い会社に就職することを目指すうちに、やりたいことを見失うのでしょう。

目的と手段が逆転している典型だと感じます。

というのも、ユースフル労働統計(労働統計加工指標集2017年)によると学歴と生涯年収が比例することが分かります。

中学卒:1億9,400万円(男性)、1億3,750万円(女性)
高校卒:2億730万円(男性)、1億4,640万円(女性)
高専・短大卒:2億1,450万円(男性)、1億7,530万円(女性)
大学・大学院卒:2億7,000万円(男性)、2億1,670万円(女性)

一方で、国連の世界幸福度ランキングで日本は58位(156カ国)です。

先進国でありながらこの順位は低水準と言わざるを得ません。

つまり、高学歴・高収入を目指す仕組みである反面、自己実現ができていないことがわかります。

コーチングによって、やりたいことを見つけられるというのは人生における大きな価値となるでしょう。

デメリットとは?

コーチングのデメリットを考える際、これからご紹介する3つを検証する必要があります。

これらの内容が適切でなければ、コーチングをしても効果がなかなか出ない可能性があります。

これらデメリットを知っておけば、クライアントの成果がなかなか出ない時に見直すポイントになるでしょう。

目標設定が正しく合っているか?

そもそも「目標設定が正しく合っているか?」ということは、コーチングにおける最重要項目といっても過言ではありません。

目的から逆算して設定した目標を間違えると、プロセスも全て最初から見直す必要があります。

まず、目的設定について先ほどの例でいうと「今より美しくなりたい」のに、結果が逆効果になっていては意味がありません。

クライアントにとって「どのように美しくなりたい」かという定義をクリアにしコーチとともに共有します。

その定義に合った手段である目標を計画的に順序だてて設定します。

「今より美しくなりたい」定義から逆算し、まずは減量をしてから、次に筋肉をつけて引き締まった体形バランスを管理・維持していくとします。

そのためには、まず「減量」のために必要な食事管理からスタートします。

その際、食べ方や嗜好品など普段、習慣になっている食習慣の見直しも行います。

このように目的から逆算した目標設定を計画的に適正に行わなければ、クライアントが叶えたい目的に導くことはできないでしょう。

クライアントには常に「目的を叶えた自分のイメージ」を持ち続けることが大切です。

イメージの大切さから、脳科学の視点でお話すると人間は脳の構造上、低い目的設定をすると現状維持のバイアスが働きます。

すると、変化を嫌い、このままでいるために脳が働きます。

新たな情報や改善しようとする変化など、全て現状維持のままにしようと抵抗が生まれます。

よって、目的設定をする際、現状の自分では叶わないのではないかと思うような少し高めの目標設定をする必要があります。

しかし、あまりにも高すぎる目標設定はイメージできません。

イメージできないことを脳が再現することはありません。

つまり、具体的にイメージしやすく頑張ったら手の届きそうな、やや高い目標を設定をする必要があるのです。

脳はリアルにイメージしたことを叶えようとする性質があるため、そこをうまく利用したアプローチが重要となります。

クライアント自身が本当に変化を望んでいるか?

次に、クライアント自身が本当に変化を望んでいるか?ということも検証しなければなりません。

既に現状の自分に満足しているなら、なぜ、コーチングを受けて変わりたいのか確認する必要があります。

せっかく理想の状態であるにも関わらず、何か漠然とした不安などがある際は何かほかの理由があるかもしれません。

また、クライアント自身が単になんとなくコーチングを受講したり会社の福利厚生や業務の一環として受けた場合などは、特に注意が必要です。

コーチングを受講する時点で他人の作為が入っている場合、クライアント本人の希望と、かけはなれた結果となる可能性があるのです。

また、クライアント本人の意思でコーチングを受けたとしても、本心では変化を望んでいない可能性もありますので大きな効果は期待できないでしょう。

クライアントの本音と建て前を見抜けることもコーチとして必要なスキルになります。

「目標」と「目的」にズレがないか?

先述のとおり「目標」と「目的」にズレがないか?をよく検証しなければなりません。

クライアントが描くビジョンや目的をしっかり明確に共有し、そのプロセスに「目標」を置くことが大切です。

途中でつまずくことがある際は、互いに振り返り最終的に叶えたいクライアントの「目的」をしっかり認識し合うことが重要です。

”コーチングだけ”でビジネスは成功できない!他の必須スキルとは?

最後に、ビジネスを成功させるための必須スキルとして「コーチング」をご紹介してきました。

しかし、それだけでビジネスは成り立ちません。

では、ビジネスを成功させるために、その他必要なスキルはどのようなものがあるのでしょうか?

それぞれ具体的に見ていきましょう。

集客

ビジネスを行う上で、集客は避けて通れません。

どんなビジネスも顧客がいなければ成り立たないわけですから、集客のノウハウは必須となります。

たとえば、広告を出したらすぐ顧客が集まるというのは大きな誤解です。

集客は、どのターゲット層に向けて宣伝・販売するのか事前に準備することが大切です。

ビジネスにおいて信頼を得るためには宣伝活動が必要であり、繰り返し行うことで信頼を高め、商品・サービスの価値を感じ納得してもらい購入に至ります。

やみくもに、誰にでも集客しても効果はありません。

あなたが意図した相手に、イメージ通り認知してもらう必要があります。

つまり、ブランディングです。

どういう媒体で宣伝するか絞り、宣伝を行います。

意図したターゲット層の集客につなげるためには一定の時間を要し、かかる費用の予算など予め準備する必要があります。

マーケティング

次に、マーケティングも必要です。

そもそも、どのように悩んでいる・困っている人にあなたの商品・サービスを提供するのかを決めなければなりません。

マーケティングは魚釣りに例えると分かりやすいです。

釣る魚の種類によって、時期や場所、仕掛けを考える必要があります。

釣りたい魚の属性・特徴に合わせた釣り方をする必要があるのですから、最初にターゲットとなる魚を具体的にリサーチして設定しなければなりません。

マーケティングができているからこそセールスが有効となり、結果、多くの魚が釣れる(集客できる)わけです。

セールス

マーケティングのあとはセールスが重要となります。

エサに集まってきた魚を実際に釣り上げることがセールスです。

セールスはセミナー後に対面で販売する方法、インターネット販売など、さまざまですが、あなたの商品・サービスに興味があり価値を感じてくれる人や現状の痛みや困難を改善したい人に対して具体的な申し込み(オファー)を促すものです。

そこで、自分の商品・サービスを利用後、顧客がどう変化するのかビフォー・アフターをイメージさせることが重要です。

顧客にとって望んでいるアフターをより鮮明に印象付けられることが成功の秘訣となります。

オリジナリティ

最後に、あなたの商品・サービスがオリジナリティを持っていることが重要となります。

他社との差別化がなければ、価格競争に巻き込まれてしまい埋もれてしまいます。

できれば競合が行っていないサービスや他では真似できない「あなたならではの価値」を提供しましょう。

同じ業界で似たサービスを提供している複数の会社があったとしても得られる結果は大きく異なります。

それは競合との差別化がしっかりできているか・できていないかで大きく変わるでしょう。

これまでのあなたのキャリアや経験を一度棚卸し、あなただけが持っている、あなたしかできない強みを活かしたオリジナリティ溢れる商品・サービス作りをしましょう。

まとめ

コーチングとは、人生やビジネスにおける目的達成をサポートしてくれるものです。

受ける側も行う側も、ともに目的達成を叶えることが成功につながります。

もちろんコーチングだけでなく他のスキルとも合わせて、あなたのビジネスを成功に導きましょう。

こちらも合わせてお読みください!
「集客力を高める方法10選!アイデアや考え方も徹底解説」

最初のコメントをしよう

必須