1. TOP
  2. 30歳資格なしで転職が難しいというウソ

30歳資格なしで転職が難しいというウソ

現在、転職は誰にとっても珍しくなくなり、
むしろキャリアを形作る上で、必要な経験にすらなりつつあります。

しかし、転職は誰でも成功させられるものではありません。
特にキャリアの分岐点とも言える30歳。
仕事の経験もそれなりにあり、これからの人生を決める大切な年齢。

人生最大の転職のチャンスですが、目立った資格がなくて不安という人が多いのが現実です。
そういった人はどうすれば良いかを考えていきます。

転職をするにあたって最初に必要なもの

30歳からの転職において、
まず必要なのは、正しくない考えを捨てることです。

特に、「資格なし」が不利になるのではないか。
この考えは早々に捨てた方が良いと言えます。

現在、転職市場は、空前の活況にあり、どの企業も人手不足や人材不足で求人を出していながら、
その求人が不調に終わって嘆いている状況があります。

採用者側よりも応募者側に選択肢が多く、
極端な話、選びさえしなければ、転職それ自体が失敗して無職になるということはそうそうありません。
就職しようと思えば、どこかしらには就職できますし、転職も同じく、しようと思えば簡単にできます。

そして、ここにも転職における正しくない考え方があるのですが、これは多くの人が無意識に行っています。
何かと言えば、「転職の目的を転職にすること」です。

この考え方を持っていると、転職はたいてい上手くいきませんし、何より、「資格なし」が振りといった
別の正しくない考え方を持ちやすくなります。

なぜ転職をするのに正しくない考え方を捨てる必要があるのか

転職をするために、正しくない考え方を捨てる理由は他にもあります。

たとえば、転職○○歳限界説といったような言説が、転職には多く溢れています。
特に30歳の転職、とりわけ資格なしといった自分に自信を持ちにくい人ほど、こういった様々な言説を
集めてしまいます。

そのような情報の大半は、正しくない情報なのですが、人間というものは不思議なもので、
自分にとって不利になる情報ほど多く集め、そして、そういった情報ほど信じてしまう生き物です。

転職というものは、人と企業の数だけ、多くの成功談と失敗談、そして評価が存在しています。
一概に何が正しい、何が正しくないとは言い難いものがあります。

結論から言えば、転職全体において正しいということも正しくないということもないという話に
なってしまうのですが、それでも大局的に見て明らかに正しくない情報が多くなっているのが現実です。

つまり、
何が正しいかではなく、何が正しくないかを見極める力が、転職においては必要なのですが、
先述したように、

多くの人が、正しくない情報や考え方ばかり収集し、真に受け、転職を成功させられていません。

転職をダメにする正しくないものの正体とは

転職において、正しくない考え方や情報とは何か?

それは、30歳を超えてからの転職は厳しくなるといったものや資格なしは転職で不利になるといった、
転職活動をしている人をネガティブにするものです。

そういった情報が一概に正しくないわけではないという考えを持つ人も少なくないでしょうし、
それはそれで尤もなのですが、転職活動の正しさとは、誰にとっても転職を成功させることにあり、
その意味で、転職活動の妨げになるネガティブ思考や感情を呼び起こすものに正しさはないのです。

 

      転職活動を失敗させるものは、ネガティブな思考や感情であり、
                   成功させるものはポジティブな思考や感情です。

 

単なる精神論に見えるかもしれませんが、
転職活動に正しさというものがあるとすれば唯一これだけが正しいことと言えます。

その理由は明白で、転職活動をしているとつい自分のことで一杯になり、忘れがちになりますが、
採用する側の企業は、自社の未来を明るくするために人の採用をするのです。

雇用という言葉が、単純な労働力の確保といったイメージを持たれているから見落とされがちですが、
雇用とは本来会社の未来を切り開くために行うもの。

そこにネガティブな要素はありませんし、必要とされません。
とにかく、前を向くことこそが必要とされるのです。

ですから、本質的なところで、年齢や資格のありなしというのは、問題ではありません。
いかに会社にとって良い投資先となるか、会社の未来を創り出せるか。それこそを見られるのです。

30歳の転職で資格は必要なのか

30歳の転職は、文字通り人生の大きな分岐点と言えます。

それは、ある程度職業経験を積み、専門的な知識や技能を持っていることが前提となりやすく、
採用側も将来を見越した採用をするからです。

新卒採用は、ポテンシャル採用と言って、将来性に賭ける投資ですが、
30歳からの中途採用は、ポテンシャルだけでなく、スペックも細かく見られます。

それまで何をやってきたが、事細かに見られ、その経歴が重要視されることから、
文字通り等身大の自分が評価される機会となります。

そういった意味で、資格なしという自身の状況は、転職を行う上で非常に不利なものだと感じるはずです。

しかし、ここまでで書いたように、
資格なしというのはそれほど重要な要素でなければ重大な欠陥でもありません。

資格を何一つ持っていない自分に自信を喪失し、転職の成功を絶望視する人が現実には多いですが、
それは、転職を失敗させるほどには大きな欠点ではないのです。

資格なしはそれほど悲観するものではない

世の中に出回っている求人には、応募資格として、何らかの資格を求めているものが数多くあります。

そういった情報に多く触れていると、転職にはやはり資格が必要なのではないかと考えるのも無理は
ありません。まして、職業経験がそれなりにあることが前提とされる30歳ともなればなおさらです。

しかし、現実問題として、
それほど資格のない自分を絶望視することは、はっきり言って時間の無駄と言えるでしょう。

なぜかと言えば、応募要件に何らかの資格を記載している求人の多くが、
実は単なる飾りとして資格を
記載していることが多いからです。

もちろん専門的な技能職や仕事を行うにあたって許認可の関係上資格を必要とするような仕事の求人は
別ですが、
そうではない多くの仕事の求人は、応募資格を飾る程度の意味合いでしかない資格をよく書いています。

なぜそうするかと言えば、多くの会社において、
採用担当者の採用力がそれほど高くなく、正当な職業評価をできていないからです。

世に出ている求人の多くは、一体どのような人材が欲しいのか、深く理解せずに、
ただ人が足りないからという理由だけで出されているのです。

求人は思い込みでつくられている

欲しい人材も分からずに求人が出されているということは、案外知られていません。
その理由は単純なもので、
採用担当者自身がそのことに気付いておらず、またそのことをきかれる機会もほとんどないからです。

求人の多くは作成される際に、採用担当者と求人広告を作成する担当者との相談によって
作成されるのですが、採用担当者は自社にとって必要な人材を分かっているつもりで
求人作成に臨みますし、求人広告を作成する担当者は、その会社のことは大抵ほとんど知りません。
内情ともなれば、一層無知の世界です。

そのため、求人の多くは、思い込みによってつくられておりだからこそ、
応募資格として何らかの資格が書かれることが増えます。

要するに、採用担当者の考える理想の人材要望書として求人がつくられており、
会社にとって必要な人を求めている内容になっていないことがほとんどなのです。

年齢制限として30歳と書かれていようが、資格なしではダメだと書かれていようが、
実際にその会社に必要な人材がその条件にそぐう人であるとは言えないのです。

この世の求人の多くは資格を必要としていない

それでも、多くの人は、応募資格が書かれていれば、応募を控えます。
その資格がなければダメだと感じ、諦めてしまいます。

募集されている仕事の内容を見れば、そんな資格など必要ないことが明らかであっても諦めてしまうのです。
けれど、本当は諦める必要はないのです。

むしろ諦めてはいけないのです。

特に30歳で資格なしの自分なんかと思っている人こそ、チャレンジする必要があります。
メで元々という意味ではありません。

資格のない自分に自信を持てないのであれば、一層挑戦を重ねるしかないという話です。

極端な例ですが、世の中には、学歴もなければお金もなく、これといった職業経験もない人が、
ひたすら地道な活動を積み重ね、数でそれらをカバーし、大富豪まで上り詰めたという話もあります。

それほど、熱心でなくとも、もし自分に何か足りないものがあると思うのであれば、
他のことでカバーすれば良いという考えを持つことで、道を切り開くことは可能です。

そもそも、この世界には資格を必要とする仕事など、限られた数しかなく、
ほとんどの仕事は資格など必要としないのです。

簿記の資格がなければ経理の仕事ができないなんてルールはありません。
パソコンの資格がなければ、事務職が務まらないなんてこともありません。

調理師の資格がなければ、店の営業は難しいかもしれませんが、
調理の仕事ができないなんてルールすらないのです。

本当に必要なの、その仕事で結果を出せる能力であり、会社の業績を上げていく力なのです。
資格ではありませんし、年齢でもありません。

選択肢がいくらでもあることを知る必要がある

それでももし、30歳で資格なしの転職は無理だろうと思うのであれば、今は、様々な選択肢があります。
資格学校や独学で資格を身につけるというのはオーソドックスな方法ですが、それでは時間とお金が厳しい
という問題もあります。

一方で、現在は、長時間労働などが規制され、プレミアムフライデーなど時短や働き方改革、
仕事と生活の両立などが重要視される世の中です。

時間は以前よりも作りやすくなっています。

働きながら資格を取得していきたいという人には、多くの派遣会社が、資格の取得をサポートしながら、
将来的な正社員雇用を支援するサービスを展開し始めています。

方法もいくらでもあるのが現代です。

昔は、30歳で資格なしでなんて転職は厳しいという時代もありましたが、
今は、恐れさえしなければ、どうとでもできる時代です。

まとめ

30歳資格なしの転職が難しいというのは過去の話。
現代では、誰でもどうにかできる時代です。
求人が余り、求職者が少なくなっている今、不安や恐怖に勝てるかどうか、それにかかっていると言えます。

 

「頑張っているのに、仕事もプライベートもうまくいかない」
そんな状況から、好きなことで起業し、旦那様との会話も復活したお話。↓

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

諸 馬

諸 馬

転職活動、育児関連、ビジネス関連の記事作成を中心に行っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 成功者の共通点はすべて行動と思考に現れる

  • 個人で起業するならブログから始めるしかない

  • 会社員が安心して独立するためのおすすめの仕事方法

  • ビジネスで成功するためのたった一つの秘訣

この記事も読んでみて!

  • これを読むまで辞めるな!仕事を辞めていい人とダメな人 | 30代女性版

  • 自分が何がしたいのかわからない!やりたいことを見つける方法10選

  • 【自分で適職診断】仕事を辞めたいあなたは必見!自分に合った仕事、やりたい仕事の見つけ方

  • 35歳転職限界説は都市伝説 男性ビジネスマンはあきらめないで

  • 今の仕事を続けるか迷った時に考えるべき重要なこと!

  • 【いまの職場でいいの?】転職や起業を考えて迷ったときの判断基準11選