1. TOP
  2. 転職
  3. 転職前に知っておいてほしい、成功と失敗を分けるたった一つの考え方

転職前に知っておいてほしい、成功と失敗を分けるたった一つの考え方

人生を大きく左右する転職は、間違っても失敗したくない選択ですよね?

ですが、実際にはうまくいかずに失敗したと後悔する人も少なくありません。
それに対して、見事に転職を成功させて飛躍的な成長を遂げる人もいます。

その違いはどこから生まれるのでしょうか?
それは、たった一つの考え方の違いによって生まれています。

ここでは、その考え方についてご紹介します。

 

成功する人は3年先を見る、失敗する人は1か月先を見る

転職を成功させる人と失敗する人の違い、
それは、どれくらい先を見据えて物事を考えられているのかの違いにあります。

転職に成功する人は、3年先に自分がどのような状況にあるかを見て転職に臨んでいます。

3年先に臨む状況を手に入れるために、今できる最善の行動を取ろうとしているのです。
その為、会社の成長性や競合他社との違い、そして職場の評価制度や会社として保有しているスキルなどを
調べ、いくつか選択肢を持ったうえで、最も適していると思える企業に転職します。

そして、転職直後には自分が望む環境が手に入らなかったとしても、
3年後に手に入れられるように、スキルを磨き、人脈を築いて転職を成功させます。

それに対して失敗する人は、1か月先を見て行動を起こします。つまり、今の人間関係が辛いから、
今の収入が低いから、今の業務が合わないからという理由で、翌月にはその環境が変わることを期待して
転職に臨みます。

そのため、求人票に提示されている収入モデルや業務内容だけを見て、転職を決意します。

ですが、人間関係は当然入社してみないとわかりませんし、企業研究が不十分ですから、
収入や業務内容についても入社後に自分で思っていたのと違うと思って、
再度転職を繰り返すことになってしまうのです。

転職は、数を重ねれば重ねるほど自分に不利になっていきます。

特に3回以上転職を繰り返してしまうと、企業側がリスクを恐れて採用に踏み切りにくくなってしまい
ますから、入念な調査と自分の将来像を明確にしてから望むことが重要です。

転職に失敗する人が失敗するべくして失敗している理由

それでは、転職に失敗する人は具体的になぜ失敗してしまうのでしょうか?
どのような考えが失敗をもたらしているのでしょうか?

まず、ポジティブすぎる考えは注意が必要です。

職場や業務内容を変えるということは決して良い面ばかりではなく、辛いことも数多くあります。
特に業務内容に関しては、外から見ると魅力的に思えても実際の取り組みは地道で、決して華やかなもの
ではない場合がほとんどです。

ですから、実際に取り組んでみた時のギャップで、再度転職を検討してしまうのです。

また、転職が状況や環境を変えてくれるという考えも、失敗しやすい考え方です。

転職を考えるということは今の状況に満足できていないということですが、
その状況はほとんどの場合、自分が作り出したものであって、
環境を変えたら同じような状況にはならないと思うのは注意が必要です。

例えば上司が評価してくれないという不満があったとしても、大きく評価が変わることは稀ですし、
評価されたとしてもそれが出世や収入面に反映されるには時間がかかります。

また、収入が上がらないと思うのであれば、転職によって一時的に収入は変わったとしても、
その後の出世は送れる可能性が高まりますから、将来的に見ると総収入は下がる可能性があります。

特に気を付けなければいけないのが収入面についてで、基本的に収入を上げていくためには出世が
欠かせませんが、出世は在籍年数が長い人や新卒で入った人が優先される傾向にあります。

その点において、転職で入社した場合には年数で後れを取ってしまいますし、評価もゼロから上げて
いかなければいけません。

結果として出世が遅れ、周囲と収入に差が生まれた時に再度転職を検討する、ということに
なりかねないのです。

転職は諸刃の剣であり、慣れてしまうと転職でしか環境を変えられなくなってしまいます。
それはつまり、保有すべきスキルが身に着かないということにもなりかねませんから、注意しましょう。

転職に失敗する人は似た行動をとっている

転職に失敗する人は似た行動を取ります。
それは、内定に飛びついてしまうことです。

転職に失敗する人は1か月先を見て行動するとお伝えしましたが、現状への不満が爆発しそうになっている
ということでもあります。そして、だからこそ内定が出たらすぐにそちらに移ろうとして、
吟味することなく内定を受諾してしまいます。

転職は、その後の人生を大きく左右する選択です。
だからこそ、よく考えるための材料を仕入れ、比較検討しながら決断をする方が好ましいと言えます。

転職で成功する人は企業に何を求めているのかが明確

それでは転職を成功させる人は、どのようにして成功を手にしているのでしょうか?

基本的には3年先を見て行動しているということに尽きますが、そのために大切なことは

  • 困難を乗り切るメンタルとスキルを身に着けること、
  • そして、3年後にどうなっていたいかが明確になっていることです。

明確になっていると言うことは、口頭で説明できるということ、そして数字で言い表せるということ
二つの意味があります。

転職に成功する人は、どのような状況を求めているのか、立場、業務内容、さらにはプライベートに関する
ことまで、詳細に状況を説明できますし、そのために必要な制度や企業が明確です。

また、収入面や業務の成果などを数字で説明できることも特徴です。

いくらの収入を手に入れたいのか、業務としてどれくらいの成果や規模の仕事がしたいのかが
数字で説明できるため、それに向けた計画も立てやすいのです。

それらが明確だからこそ、仮に内定をもらえたとしても、
3年後の理想に辿りつかなそうであれば辞退も検討しますし、急いで転職することもありません。

転職を成功させている人は成功をつかみに行く

転職を成功させる人は、ある意味で転職そのものにはあまり期待をしていません。

転職はあくまでも働く環境を変えるためのものであって、収入や働きやすさはあくまでも
自分でつかみ取るものだと考えて取り組んでいる傾向にあります。

そして、すべての責任は自分にあると考えて現状に不満を言わず、どうすれば改善できるのか、
理想に近づくにはどうすればよいのかを考え続けています。

もちろんそれは簡単にできることではありませんが、
転職を成功させるためにはそれだけのスキルや経験が必要だということを覚えておくとよいでしょう。

転職する前に考えておきたい最も大切なこと

成功する人の特徴と失敗する人の特徴を整理すると、転職前に準備しておくべきことが明確になります。
それは、将来像を明確にしてそのために何が必要なのかを把握することです。

多くの場合、転職によって手に入れたいものがつかめると考えがちですが、本当はそうではありません。
転職でつかめるのは理想に辿り着くための道であり、それを進んでいかないと本当に手に入れたいものは
手に入らないのです。

特に考えておきたいのが出世についてで、役職を持っていない状況で転職すると、
役職に就くまでに時間がかかってしまう場合があります。

そうなるとなかなか収入が伸びませんし、マネジメントなどの業務内容のレベルアップも遅れて、
ビジネスマンとして次のステージに上ることが遅れてしまいます。

ですが、役職に就いた状態で転職できれば、収入の大幅なアップが期待しやすくなりますし、
転職の業務にも幅が広がり、出世も早くなります。

ですから、必ず将来の目標とそこに至るまでの道のりを明確にしてから、転職に臨むようにしましょう。

成功と失敗の定義とは?

最後に考えていただきたいのが、あなたにとっての成功と失敗の定義は何かということです。

たとえば、収入を上げたいと思って転職をした時に、仮に年収が100万円上がったとしても
労働時間が増えてプライベートの時間が無くなったらそれは成功と言えるのでしょうか?

また、年収は10万ほどしか増えなかったとしてもプライベートの時間が増えた場合、
それは成功でしょうか、失敗でしょうか?

この定義は、転職した後の満足度に大きな影響を与えます。

転職を繰り返すことを推奨できないのはお伝えした通りですが、その為には転職の結果に満足する必要が
あり、そのためにはどのような状態が満足できる状態なのかを明確にしなければならないのです。

全てにおいて満足のいく転職をすることは稀ですから、
自分にとって成功と言える内容とその優先順位を明確にして、継続して勤められるように
準備していきましょう。

まとめ

転職を成功させるためには、いかに入念に準備し、そしてそのための努力ができるかがカギとなります。
逆に、一時的な感情や考えでは失敗を手繰り寄せてしまうでしょう。

また、それらを考えた時に転職をしないという選択肢も出てくるはずです。

あなたにとって最善の道を選べるように、しっかりと考え、そして準備していきましょう。
そして、よりよいビジネスライフやプライベートを迎えられるように心がけていきましょうね。

 

35歳を過ぎてからの転職は実際にどうなのか?
転職限界年齢は上昇する傾向にあります。

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

haruki

haruki

ベンチャー企業就職後、年商15億円の売上規模を持つサイトの事業責任者として従事。
また、同社の新規事業に立ち上げから携わってローンチさせ、一年間をかけて軌道に乗せる。
歴史や中国古典が好きで、そこから組織の作り方や人の考え方を学んでいる。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 間近に迫るAIで仕事がなくなる時代!20年後も仕事に困らない方法とは

  • 管理職は辛いって本当?管理職が果たすべき8つの役割と責任

  • メンターに学んでも成功しない人とは?成果が伸びない人の特徴5選

  • 自由と制限が部下を育てる!新入社員が一人前になる上手な育て方

この記事も読んでみて!

  • 今の仕事を続けるか迷った時に考えるべき重要なこと!

  • 30歳資格なしで転職が難しいというウソ

  • 【仕事辞めたい】ちょっと待って!そんな時に試してほしい12の方法

  • 35歳過ぎて転職できないと諦めてしまう前にやるべき3つのこと

  • 転職で成功するには何が必要?情報収集方法や面接に役立つコツ・ノウハウを紹介

  • やりたいことを仕事にするため、転職する?副業する?