1. TOP
  2. 【男性向け】30歳を越えてからの転職はリスク?転職すべき人とは?

【男性向け】30歳を越えてからの転職はリスク?転職すべき人とは?

30歳を過ぎると、仕事の流れや業界のこと、そして自社について見えてくるものですね。

ですが、いろいろと見えてくると逆に、
自社の将来に不安がでてきたりほかの業界、または職種に興味がでてきたりする方も多いことでしょう。

特に今は、終身雇用が前提だった時代に比べて転職が受け入れられやすい世の中ですから、
より転職という選択肢を現実に考えている方も少なくないでしょう。

ですが、ポテンシャル採用が転職できる20代とは異なり、
30歳を越えると少しずつ実績が求められる年代に差し掛かること、また30代中盤から後半になると
より転職が厳しくなるため、慎重になる方も少なくありません。

また、事前の知識や調査が足りていなかったために転職に失敗してしまったという方も少なくありません。

そこで、転職を検討している男性へ、
一度は考えていただきたいこと、知っておいていただきたいことをまとめました。

ぜひ一緒に考え、ビジネスマンとしてのよりよい選択に活かしてくださいね。

転職という選択肢が抱えるリスク

まず初めに考えるべきなのは、本当に転職にはどのようなリスクがあるのかということです。

転職の側面だけを考えて行動に移してしまうと、
結果的に想定していたのと違う結果になってしまって後悔する人は少なくありません。

ですから、まずはリスクを考えることから始めるのが大切です。

転職を行うことで生まれるもっとも大きなリスクは、
それまでに培ってきた会社からの信用や知識がリセットされるということです。

このリスクは思っている以上に大きなもので、
転職をすると初めはお互いに業務の進め方や仕事観を探りながら仕事を進めていくことになりますので、
思ったようなパフォーマンスを出せないということがあります。

それでいて30歳を超えると一定以上の結果を求められますから、
うまく仕事が進まない中で仕事を評価されてしまうことがあります。

また、会社によって使っているシステムや業務のルールは異なりますので、それに慣れるまで時間がかかる
ということはよくありますし、同僚のスキルが思ったほど高くなく、求めているクオリティが生み出せない
ということも少なくありません。

これらのことが積もってストレスとなり、また転職をしてしまうということがあります。

転職には、以上のようなリスクがあることをあらかじめ理解しておきましょう。

転職をした方がいい人、しない方がいい人

前節では、転職前に考えておかなければいけないことをまとめました。
それらを理解した上で、それでも転職した方がいい人、逆に転職をしない方がいい人を考えていきます。

転職した方がいいのはこんな人!やりたいことがあるのにできないなら動くべし!

先に転職をしたほうがいい人についてですが、まず挙げられるのは
高いスキルを保有しているのにも関わらず、会社にスキルを評価できる制度がないというケースです。

特にベンチャー企業や小さな会社ですと、会社自体にスキルが備わっていないために特殊なスキルについて
評価できる制度がない、もしくはそれが高度なスキルだと認識できていないケースは少なくありません。

また、会社の花形部門が別にあって、所属している部門が日の目を浴びていないために
評価が上がりにくいということもあります。
それではスキルを活かせる場もありませんし、収入も上がりにくくなってしまいます。

3年以上の時間をかけて一つのスキルを真面目に磨いていけば、
社会に評価されるスキルは身につくものです。
ですが、会社から評価されにくいポジションにいる方は、転職を検討しても良いでしょう。

また、将来に対する明確なビジョンがあって今の企業ではそれを実現できないような場合も、
転職をしたほうがいい人です。

特定のスキルを身に着けたい、新たな事業に取り組みたいが、会社としてスキルを保有していなかったり、
またはその余力がなかったりする場合では、どんなに高い意欲を持っていても実現することはかないません。

それでは自分自身の意欲低下につながってしまいますし、
10年先、20年先を考えたときに会社にとどまる方がリスクになってしまいます。

ですから、明確に将来のビジョンが描かけている人は、真っ先に行動することを推奨します。

転職しないほうがいいのはこんな人!人生の棚卸を先に行ってみましょう

逆に転職をしないほうがいいケースですが、まずは現状に対する不満が転職の理由になっている人です。

厳しい言い方になってしまいますが、すべてにおいて理想的な企業は非常に見つかりにくいものですし、
一時的に理想的だと思っても、それは時間の経過とともに変化してしまうものです。

それでいて、転職すると先に挙げたようなリスクを抱えることになりますから、
さらにストレスを溜める原因が増えることになります。

それでは仕事に対する意欲はいつまでも高まらなくなってしまいますから、
現状に対する不満から転職を考えている方は、先に自分が会社に求めていることの優先順位をつけ、
それを踏まえてどこまでなら許容できるのかを明確にすることから始めるとよいでしょう。

また、今後やりたいことが明確になっていない人や完全な未経験の職種に飛び込もうとしている人も、
転職をするべきではありません。

転職を考え始める人にもっとも多いのは現状に対して不満がある場合ですが、
環境を変えたからと言ってその不満がなくなるとは限りません。

会社という組織が人の集まりである以上、少なからず人間関係の問題は発生しますし、
理解しがたい上司はいます。

また、福利厚生などの制度がすべて整っている会社も稀ですから、転職をしても今抱えている不満を
再度抱えてしまう、ということはよくみられるケースです。

そのような時でも、今後取り組みたいことが明確になっていて、
そこにつながっていると感じられるのであれば乗り越えられるものですから、
まずはビジョンを明確にすることが大切になります。

また、未経験の職種に移ろうとしている人も注意が必要です。

隣の芝生は青いといわれるように、未経験の職種はよく見えるものですが、
実際はどの職種も辛いことや嫌なことはあるものです。

これは、話を聞くだけで判断するのが非常に困難です。

そのため、まったく経験をしないまま未経験の職種に移ってしまうと、
こんなはずでは無かったと後悔するケースがほとんどです。

ですから、先にビジネススクールに通うなどして多少の経験を積んだうえで、
それでも取り組みたいと思える時に転職をすることが大切です。

特に30代の転職では、未経験での転職自体が狭き門となってしまいますので、
最低限の知識やスキル、経験をどこかで積んでから転職を行う必要があります。

転職を成功させる最大の秘訣とは?あなたにとっての○○を考えてみましょう

転職をすべき人、すべきでない人をまとめてまいりましたが、
転職を成功させるうえでもっとも大切なことは、あなたにとっての転職成功の定義は何かということです。

意外と、これを考えていない場合が少なくありません。

収入が上がる、余暇が増える、やりたい仕事に就けるなど様々な成功の定義があり、
それは人によって違うものです。

ですが、その定義を明確にすることで転職先を選ぶ際の基準とすることができますし、
また転職後の業務を意欲的に、かつ充実した日々にすることができるものです。

30代の転職は今後の人生を大きく左右するものです。
だからこそ、しっかりと考え、自分で道を選択して歩みを進めていくことが大切です。

これだけある転職の方法

さて、それでは実際に転職するためにはどのような手段を選べばよいのでしょうか。
転職するためにはいくつか方法がありますので、一つずつご紹介します。

転職エージェントに登録する

一つ目は転職エージェントに登録し、紹介してもらう方法です。

エージェント企業にはリクルートエージェントのような様々な業種、職種を総合的に網羅している企業
もあれば、特定の業界に特化した専門エージェントもありますので、
まずは双方に登録して幅広く話を聞くようにすると知識も増えて選択肢が広がります。

また、ビズリーチのようにスカウトを待つという方法もあります。
登録だけであれば無料でできますから、一度サイトを見てみるとよいでしょう。

直接企業に応募する

二つ目にご紹介するのは、自分で直接企業に応募する方法です。

エージェントは応募企業がエージェント企業に費用を払う必要がありますから、
利用を避けたり内定のハードルが高くなってしまう場合が少なくありません。

企業のホームページを見ると中途採用の応募フォームがありますから、
そこから必要書類を準備して応募しましょう。

知人の紹介で転職する

続いて紹介するのは、知人の紹介による入社です。

紹介による入社は知り合いがいることで会社に馴染み易いですし、また、事前により詳細な話を
聞けるので入社後の仕事がイメージしやすいものです。

紹介してもらうためには、日ごろから積極的な人づきあいが必要になりますが、
大きくチャンスを広げることもできますから選択肢に入れておくとよいでしょう。

独立する

最後にご紹介するのは、少し見方を変えて独立してしまうというケースです。

企業に勤めていると、どうしても不満に感じることや自分の裁量でできないことが多いものです。

その点、安定がなくなるので不安に感じることはありますが、働く時間や仲間、
そして仕事の内容など、自分の裁量で判断できる範囲が広がりますから、やりがいも増していきます。

軌道に乗れば収入も増えやすい傾向にあります。

最近はインターネットを活用して仕事を請け負う方法なども増えてきておりますから、
以前に比べて独立のハードルは下がってきております。

今すぐに、というのは難しくても、将来的な選択肢として入れておくのはよいでしょう。

まとめ

30歳を過ぎてから転職するのは、今後の人生を左右する大きな選択です。

そのためにしっかりと考えて判断する必要がありますが、時間をかけすぎてしまうと逆にタイミングを
逸してしまい、思ったような行動がとれなくなってしまうこともあります。

ですから、できるだけ考える時間を持ったうえですばやく行動することを心がけていきましょう。

 

今の仕事を続けるか迷った時に考えるべき重要な事柄について
合わせてチェックしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

haruki

haruki

ベンチャー企業就職後、年商15億円の売上規模を持つサイトの事業責任者として従事。
また、同社の新規事業に立ち上げから携わってローンチさせ、一年間をかけて軌道に乗せる。
歴史や中国古典が好きで、そこから組織の作り方や人の考え方を学んでいる。

この人が書いた記事  記事一覧

  • シンプルな時間の使い方で段取り力アップ!これであなたも仕事ができる人

  • 【男性向け】30歳を越えてからの転職はリスク?転職すべき人とは?

  • 成功者に見る習慣化のススメ 習慣を身につける秘訣とは?

  • 時間の使い方が下手だと思っていた人たちが激変した3つの取り組むべき事

この記事も読んでみて!

  • 今の仕事向いてないと感じた時に考えるべきこと

  • 転職の成功と失敗を分ける転職活動で気をつけるべき「落とし穴」とは

  • 【いまの職場でいいの?】転職や起業を考えて迷ったときの判断基準11選

  • これを読むまで辞めるな!仕事を辞めていい人とダメな人 | 30代女性版

  • 30歳資格なしで転職が難しいというウソ

  • 今の仕事を続けるか迷った時に考えるべき重要なこと!