1. TOP
  2. 今の仕事を続けるか迷った時に考えるべき重要なこと!

今の仕事を続けるか迷った時に考えるべき重要なこと!

今の仕事を続けるか迷っている場合、迷いながら出勤すると仕事に身が入らないのではないでしょうか?

入社したての頃は新鮮で、充実した気持ちだったにも関わらず、今は
「このままでいいのだろうか?」「早く何とかしなければ未来がない」と焦りを覚える日々かも知れません。

しかし、安易に退職してしまうと、その後の人生が先細ってしまう可能性もあります。
この記事では今の仕事を続けるか迷った時に考えるべき重要な事柄について、具体的に解説します。

今の仕事を続けるかどうかは、しっかりとした基準を持って判断しましょう。

今の仕事を続けるか迷っている人によくある理由とは?

今の仕事を続けるかどうか迷っている人は、人それぞれさまざまな理由で迷っているかと思います。
しかし、その理由をまとめてみると、大きく分けて4つの理由に集約することが可能です。

その理由は
「仕事自体にやりがいがない」
「人間関係が辛い」
「他の会社が何となく良さそうに見える」
「将来性がない」

の4つです。
もしあなたが、今の仕事を続けるかどうか迷っているという場合は、これらのどれに当てはまるでしょうか?

1つずつその内容を見て行きましょう。

仕事自体にやりがいがない

今の仕事を続けるかどうか迷っている人は、仕事自体にやりがいを感じないという人がいらっしゃいます。

入社したての頃は早く仕事に慣れたいと思っていたとしても、いざ慣れてくると刺激がなく、
毎日同じことの繰り返しだと感じてしまうことが多いのです。

特に単調な業務内容である場合にはこの傾向が強く、「このままでいいんだろうか?」という疑問に
さいなまれるようです。給料や人間関係に問題がなかったとしても、人生の時間を有意義に使えていない
ような気がして、今の仕事を続けるかどうか迷うのです。

人間関係が辛い

人間関係が上手くいっていない場合は、今の仕事を続けるかどうか迷う人の大きな特徴の1つです。

人間関係はうまくいっている時期と、うまくいかない時期の波があり、人員配置が変わったら
人間関係の様子も変わりますし、同じメンバーのままだったとしても、人間関係が良くなったり
悪くなったりするケースがあります。

また、パワハラやセクハラなどの事情が相まって、人間関係が複雑化するケースや、
仕事が激務化して人間関係に変化が生じる場合などもあります。

どの場合も、人間関係が悪化した時に今の仕事を続けるかという迷いが生じるようです。

他の会社が何となく良さそうに見える

今の仕事に全く不満がなくても、今の仕事を続けるかどうか迷うという人もいらっしゃいます。

そういうケースは、他の会社と比べた時に起こり得るのです。たとえば、友人がやりがいを持って仕事を
していたり、取引先の担当者が楽しそうに仕事をしているのを見ると、その会社の方が良さそうだと感じる
のです。

いわゆる他山の石とか、隣の芝生は青いという現象で、他の人の境遇が自分よりも良く見えてしまう場合に、今の仕事を続けるかどうか迷うのです。しかし、実際は相手も自分の会社のことを良く見えている場合もありますので、必ずしも相手の会社が良いとは限りません。

将来性がない

今は会社に対して問題意識がなく、どちらかというと満足して働いているという人でも、
会社の将来性や自分がその会社で働く中での将来性が見えない場合にも、
今の仕事を続けるかどうか迷う場合があります。

逆に、今の仕事の状況が悪かったとしても、将来性に希望が持てる会社で勤めている場合には、
やりがいを持って働いている人もいるため、人間にとっては将来の希望はとても重要です。

今の仕事を続けるか迷った人が陥りがちなこと

もしも、ここで紹介した理由で今の仕事を続けるか迷った場合には、
今から紹介することに陥る可能性がありますので注意が必要です。

それは
「転職しても同じ悩みが継続する」
「一定期間後にまた今の仕事を続けるか迷ってしまう」という2つのパターンです。

では、どうして今の仕事を続けるか迷った人は、この2つのパターンに陥りやすいのでしょうか?
それぞれの内容について解説します。

転職しても同じ悩みが継続する

たとえば今の仕事にやりがいがなくて転職した場合、
転職後にやりがいを持って働けるかというと、必ずしもそうではありません。

転職活動の段階で、やりがいがありそうだと思って入社しても、
実際には思っていたほどやりがいがある仕事ではなかったということは想定しておく必要があるでしょう。

そもそも、今の会社を選んだ時も、さまざまな条件を自分なりに設定して入社しているわけですから、
転職の場合にも同じことが起こる可能性は非常に高いのです。

また、人間関係が辛くて転職しても、転職先でも何らかの人間関係のトラブルはあるかも知れませんし、
他の会社が良く見えたり、将来性がありそうに思って転職しても、入ってみないと分からないことは多々
あります。その結果、転職前と同じ悩みを転職後に持つケースはとても多いのです。

一定期間後にまた今の仕事を続けるか迷ってしまう

仮に、転職してから前職の問題点をクリアしたかに思えても、
一定期間立てばまた今の仕事を続けるか迷ってしまう人はいらっしゃいます。

前職の問題点と同じ問題によって今の仕事を続けるか迷うケースもあれば、前職の問題点とは違った理由が
発生して、今の仕事を続けるか迷ってしまうケースもあります。

いずれの場合も、
結局は同じ結果となっているため、今の仕事を続けるかどうかの悩みから解放されないのです。

今の仕事を続けるかどうかは何を判断基準にすればいい?

では、今の仕事を続けるかどうかは、
一体どのようなことを判断基準にすれば失敗確率を下げることができるのでしょうか?

それは、現在の職場に原因を求めるのではなく、自分自身の将来に対して理由を求めるということです。

今の会社に原因を求めた場合は、自分の環境に対して原因を求めているだけです。
環境を変えれば状況が変わると思っている人が多いようですが、それは結局のところ、
環境に依存しているだけなので、環境が悪化すれば、自分の状況も再び悪化してしまいます。

そのようなことが内容に、ベクトルを向ける対象は常に自分にしておくと、失敗しにくいのです。
では、どういう事を基準にすればいいのかについて考えて行きましょう。

やりたい事があるか

やりたい事があるかどうかで、今の仕事を続けるかどうかの判断をしましょう。

もしもやりたい事がある場合、今の仕事を辞めてでもやりたいのかどうかは、とても前向きな判断基準と
なります。今の仕事に対する後ろ向きな理由ではなく、
自分の内から出る内発的な動機に対して、仕事を辞めるかどうかの理由を求めましょう。

やりたい事があるからという理由で、今の仕事を辞めた場合は、万一失敗したと感じても後悔は少ないはず
ですが、今の会社に原因を求めてしまうと、より悪い会社に勤めた場合には、後悔が大きいかと思います。

明確なビジョンが描けるか

明確なビジョンを描けるかも重要な要素です。

転職をする場合も、退職して他のことをする場合も、そこにビジョンがなければ大きな失敗リスクが
付きまとうでしょう。自分なりのビジョンを具体的に描けるのであれば、行動の指針となりますので、
成功確率は高まります。

今の仕事を続けるかどうか悩む前に、
辞めた後のビジョンを描くことができるのかを自問自答してみましょう。

まとめ

今の仕事を続けるかどうかは、多くのビジネスマンが抱える悩みです。

しかし、多くのビジネスマンが悩んでいるということは、
他の会社に変わっても同じ悩みを持つ可能性が高いということです。

悩みの理由は自分の内側に求め、将来展望を描いてから考えても遅くはないかと思います。

 

こちらも合わせてお読みください。

今の会社を辞めるべきか、考え直したほうがいいか、
自分が幸せで納得できる人生のために後悔しない決断をしたい。

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中英哉

田中英哉

ことぶら結婚相談所代表、フリーライター。
コーチングや心理カウンセラーの資格を多数保有し、その知識で一人でも多くの人に良い影響の輪を広げるべく日々活動中。
婚活者マッチングやライターとしての情報発信、京都でのユニークイベントなど、さまざまな活動に励んでいる。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビジネスで成功したい人が知っておくべき秘密

  • 今の仕事向いてないと感じた時に考えるべきこと

  • 時間の使い方が下手な人の特徴!反面教師にすべき習慣

  • 独立して仕事をいち早く軌道に乗せる方法!落とし穴に要注意

この記事も読んでみて!

  • 【男性向け】30歳を越えてからの転職はリスク?転職すべき人とは?

  • 35歳転職限界説は都市伝説 男性ビジネスマンはあきらめないで

  • 30歳過ぎると資格なしでは転職は難しいのか?

  • これを読むまで辞めるな!仕事を辞めていい人とダメな人 | 30代女性版

  • やりたいことを仕事にするため、転職する?副業する?

  • 30歳資格なしで転職が難しいというウソ