【転職で成功するには】何が必要?情報収集方法や面接に役立つコツ・ノウハウを紹介

転職でさらにキャリアアップを目指したい。
未経験だけど憧れの業界に転職したい。
プライベートも大切にしながら働ける会社に転職したい。

現在の女性が転職に求める理想はさまざまです。

転職に成功するには、まず自分の転職の目的を明確に描くこと。

次に、自分の理想にマッチした求人情報を幅広く集めること。
そして、面接で自分をPRする方法を学ぶことが必要です。

この記事では、転職活動に役立つコツやノウハウをご紹介します。

Table of Contents

転職で成功する人の特徴

転職の目的が明確

転職で成功する人は、転職の目的が明確です。

キャリア優先か、収入アップか、人間関係の再構築か優先順位がはっきり
しています。

目的が明確な人には必要な情報が集まります。

転職に成功するには、まず「自分の理想のゴール・妥協できる点・妥協できない点」をはっきりと決めることが大切です。

情報収集力が高い

転職で成功する人は、情報収集力が抜群です。

求人情報は、転職サイト、転職エージェント、SNS、企業HPなど複数のチャネルから入手します。

転職エージェントのコンサルタントからも積極的に情報やアドバイスをもらいます。

効率よく情報を集めるノウハウを知っています。

応募~面接までのシーンで細やかな気配りができる

転職で成功するには細やかな気配りも必要です。

転職で成功する人は簡潔で読みやすい応募書類を作る、受付訪問時や待ち時間の立ち居振る舞いに気をつけるなど面接以外のことにも気を配ります。

気配りの行き届いた人ほど転職に成功する確率が高くなります。 

「貢献したい」という気持ちを打ち出す

転職に成功する人は、「貢献したい」・「役に立ちたい」という表現を好んで使います。

相手に対してプラスを与える姿勢で転職に臨んでいるのです。

採用担当者は、自分のスキル・経験でできる限り、相手の役に立とうとする姿勢がある人を歓迎します。

転職で成功するための情報収集方法とは?

複数のチャネル(転職サイト、転職エージェント、SNSなど)から求人情報を収集する

転職を成功させるコツは、複数のチャネルから求人情報を入手することです。

転職サイトや転職エージェントは必ず大手と中小を組み合わせて登録しましょう。

企業HP、ビジネスSNS、一般SNSも要チェック。

広範囲から効率的に情報を集めてください

優良求人が出るタイミングを知っている

一年の中で2~3月、6~7月、11~12は中途採用求人が増える時期です。

外資系企業、ベンチャー企業のように通年採用を行う企業もありますが、日系の大手優良企業は新卒採用と重ならない時期に中途採用する傾向があります。

【中途採用が増える時期】
・2~3月:4月1日からの新体制に合わせ求人
・6~7月:夏の賞与をもらって退職する人が多い時期に合わせ求人
・11~12月:冬の賞与をもらって退職する人が多い時期に合わせ求人

口コミサイトやSNSで企業の評判やリアルな社風をチェックする

転職で成功するには、企業のマイナス面も確認する必要があります。

必ず口コミサイトはチェックしましょう。
SNSで社名検索するのもおすすめです。

オフィスの様子やイベント時の写真などが出ていれば、社員の表情や雰囲気から社風が自分に合うかチェックすることができます。

転職エージェントを上手に活用するポイント

30代・40代など自分の年代に強い転職エージェントを選ぶ

転職で成功するには自分の強みを理解してくれる転職エージェントを見つけることがポイントです。

転職エージェントを選ぶときは、30代、40代など自分の年代に強い転職エージェントに登録しましょう。

リーダークラス、マネージャークラスが欲しい企業、落ち着いた年代の人を採用したい企業など中堅キャリア層を募集する企業の求人が豊富です。

業界・職種・スキル…いろいろな特化型転職エージェントをうまく組み合わせる

転職エージェントには、経理に強い、外資に強い、ベンチャーに強いIT業界に強い、未経験者の紹介に強いなど、さまざまな会社があります。

ほとんどの場合登録は無料なので、できるだけ数多く登録しましょう。

少なくとも大手1~2社、特化型5~6社以上の登録をおすすめします。

ハイクラスを目指す人はヘッドハンティング会社にも登録する

ハイクラスのポジションを目指す人はヘッドハンティング会社(サーチ型)と呼ばれる転職エージェントへの登録もおすすめです。

ヘッドハンティングと銘打っていても大抵の場合自社HPで登録者を募集しています。

ニッチな非公開優良求人と出会える可能性があります。

 転職の成功と失敗を分ける応募時の小さな気配り

転職に成功する人はメール返信のスピードが速い

仕事ができる人はメールの返信も早いもの。

転職活動においても、遅くても1日以内にメールは返信する必要があります。

時間帯は9時~21時が適切。
深夜のメールは「夜中
2時に起きている=生活が不規則な人」などとイメージされる可能性があるので、避けたほうがベターです。

メールの書き方に柔らかさと気配りがある

メールは、ぱっと見て理解できる書き方がベストです。

最初に結論を書き、
2~3行ごとに改行するのがコツ。
また、ひらがなを増やすと全体的に柔らかな印象になり内容を的確に伝えかつ配慮が行き届いている印象を与えることができます。

例)
宜しく → よろしく
頂きます → いただきます
下さい → ください
致します → いたします

誤字脱字はご法度。書類の書き方で仕事シーンがイメージされると心得る

書類やメールの誤字脱字はご法度です。

入社してからの仕事でもミスをすると判断されます。
優良企業になるほど細かい点もチェックします。
「神は細部に宿る」という言葉があります。

転職で成功するには小さいことをおろそかにしない姿勢が大切です。

今、目にしているのは書類でも、その先には人がいることを意識しましょう。

 面接では姿勢正しく・お辞儀は美しく!

面接の合否に第一印象は大きく影響。最初のお辞儀を美しく

面接の第一印象を大きく左右するのは、実は最初のお辞儀です。

意外と美しいお辞儀ができる人は少ないもの。
面接の前に、背筋は伸びているか、角度や頭を下げている秒数は適切か?

必ずチェックして、できるまで練習しておきましょう

 面接中の身体の姿勢が良いと、きちんとした印象に

面接中は姿勢正しく椅子に座ってください。
姿勢が正しいと前向きで自信にあふれた人に見えます。

また、姿勢を良くすると発声もよくなり、受け答えがはきはきしますので自分にとってもプラスです。

同じ言葉でも姿勢が良いと説得力が増します。

 最後のお礼の言葉と丁寧なお辞儀で面接官にさわやかな印象を残す

転職で成功するには、最初のお辞儀とともに最後のお辞儀も大切です。

よく、成功したベンチャー経営者がお客様の車が去るまで頭を下げていた、大物政治家がエレベータ前まで一有権者を見送って深々とお辞儀したなど、お辞儀についての逸話はビジネス成功物語にたびたび登場します。

それだけ、最後のお辞儀というのは人の印象に残るのです。

面接の最後は、感謝を込めて丁寧にお辞儀をしましょう。

転職に成功するための面接ポイント

面接はコミュニケーション。相手の質問をきちんと受け止めて答える

面接では落ち着いて、相手の質問を受け止めて答えましょう。

あわてると質問の意図とはかけ離れた答えをしがちです。

合否の決め手となる質問は「転職理由・志望動機・入社後のビジョン3つ。

事前に準備し、面接前に話す練習をしておきましょう。

転職理由はポジティブな内容に。前の会社の否定は厳禁!

転職で成功するには、転職理由をポジティブに説明する必要があります。

たとえ、前の会社がブラック企業であったり人間関係が悪かったりしても一切それに触れてはなりません。

なぜなら、完璧な会社などそうなく、人間関係のいざこざは、どこでも起きる可能性があるからです。

「新しい仕事にチャレンジしたいた」「グローバルに働きたい」など徹頭徹尾ポジティブな理由で通してください。

志望動機には「役に立ちたい」「貢献したい」という言葉を使う

転職で成功するには自分を採用したらこんなメリットがあると伝える必要があります。

転職で成功する人は、職務経歴書の自己
PR欄の最後を「貢献したい」という言葉で締めくくる傾向があります。

「貢献したい」「役に立ちたい」という言葉は自分の能力をPRすると同時に謙虚さも感じさせる素敵な言葉です。

ぜひ、使ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職活動も仕事も基本は同じ。
情報収集力やプレゼン力、細やかな気配りが必要です。

採用する側はスキルと同じくらいに人柄や社風とのマッチングも重視します。
小さなことにも十分目を配り、真剣に転職活動に取り組みましょう。

 

もし、天職に就きたいと考えるなら探すことに一生懸命にならないように気を付けてください。

最初のコメントをしよう

必須