1. TOP
  2. ビジネスで成功したい人が知っておくべき秘密

ビジネスで成功したい人が知っておくべき秘密

ビジネスで成功したいと思ったらどうすれば良いのでしょうか?

人によって「今の仕事を一生懸命取り組む」「給料が良い所に転職する」「独立する」など、
さまざまな方法を考えられているかと思いますが、ビジネスで成功するためには共通点があります。

この記事では、その共通点を「マインド」「学び」「実践」に分けて解説し、
具体的にどうすればビジネスで成功したいという思いを叶えることができるのかを解説します。

ビジネスで成功したい人に必要なマインド

成功者には成功マインドがあり、失敗する人には失敗マインドがあります。

ビジネスで成功するためには、まずはマインドを高めておく必要があります。
では、ビジネスで成功したいと思う人はどのようなマインドを持っていれば良いのでしょうか?

具体的に見て行きましょう。

ビジョンを重要視する

ビジネスで成功したいのであれば、ビジョンを重要視することが大切です。

会社員として成功したい場合も、独立して成功したい場合も、
ビジョンがなければ今の位置も分かりませんし、どのような取り組みをして良いかも分からなくなります。

たとえば、

転勤の辞令が下された時、その会社に将来ビジョンを持っているかどうかによって、引き受けるべきか
断るべきかが変わります。

独立してクライエントから仕事の依頼が来た時、自分の事業にビジョンが有れば、
その仕事を受けるべきか断るべきかの判断材料となります。

いずれの場合もビジョンがなければ的確な判断が難しいため、ビジョンを持つことは重要なのです。

失敗を失敗と思わない

失敗を失敗だと思わないことも重要です。

ビジネスで成功しない人は、失敗リスクを考えて行動しないことが多いのです。
「失敗したら怒られる」とか「失敗したら恥ずかしい」、「失敗したら給料が下がるかも」という具合に、
失敗に対してのマイナスイメージが強い傾向があります。

しかし、成功する人は、
「失敗したら次に活かすことができる」
「どうすれば失敗するか分かったから次は成功確率が上がる」という風に、失敗を教材だと考えています。

そのため、リスクを取ることができるのです。

成功者の中には、最大の失敗は行動しないことだと考える人もいらっしゃいます。
失敗に対して前向きなメンタルはとても重要なのです。

小さな成功体験を積み上げる

ビジネスで成功したい場合、失敗の対処だけでなく、成功体験に目を向けることも大切です。

成功体験は、大きな成功体験も経験値として良いことなのですが、小さな成功体験を積み上げていくこと
も大切です。小さな成功体験を積み上げると自信につながりますし、少しずつ成功に対する基礎力が上がって
いくことが実感できます。

些細な成功体験も見過ごすことなく、
自分の経験として蓄積していく気持ちを持つと、モチベーションも上がりますので、
ぜひ、日々の自分の仕事における成功体験を意識しましょう。

ビジネスで成功したい人がすべき学び

ビジネスで成功したい人が、マインドを高める作業と同時にすべきことは、成功するための学びです。

成功しようと思ったら、その分野に精通していなければなりません。
そのためにはしっかりと学ぶ必要があります。

また、内容によっては、人に任せた方がうまく行くものもあります。
ビジネスで成功したい人がすべき学びについて考えてみましょう。

専門分野を徹底してインプットする

ご自身がビジネスで成功したいと考える分野を、徹底してインプットすることは成功への基本です。

成功したい分野で、圧倒的な知識量や知恵があるとが成功確率を高めることは、多くの自己啓発書や
ビジネス書が解説している通りです。最近は書籍だけでなく、インターネットでも簡単に情報収集をする
ことができるため、手軽にインプットが可能です。

一般的に1つの分野で成功するには1万時間が必要だといわれていますので、
ひとつの目安としてしっかりと知識のインプットを行いましょう。

専門家に依頼することを覚える

専門家に依頼することを覚えることも学びとして重要です。

何でも自分でしなければならないと思っていると、ビジネスにレバレッジをかけることができません。
そのため、できることにすぐ限界が来ますので、人に依頼することを覚えることも大切です。

たとえば、自分が経営の勉強をしっかりとし、具体的な仕事の依頼を専門家にお願いするなど、
仕組み作りに注力すれば、事業が発展しやすくなります。

ビジネスで成功するための実践

ビジネスで成功したい場合には、学んだことを実践しなければなりません。

多くの人が多くの学びを得ているものの、実践しないために成功しないことが見受けられます。
学んだというのは、電車で目的地までの経路検索をした状態と変わらず、実際に電車に乗らなければ
目的地にたどり着くことはあり得ませんので、しっかりと実践することが大切です。

インプットしたことの実践を徹底する

インプットすることを実践してみると、学んだ通りに行かないことを経験されるかと思います。

「あんなにノウハウを学んだのにどうして上手くいかないんだろう?」という悩みに直面する人が
多いのです。なぜこういうことが起こるかというと、人間には個人差があるからです。

他の人ができたことを、自分ができるとは限りません。
そのため、大衆的に提供されたノウハウが、個人的に合うとは限らないのです。
これはインプットした情報を実践して初めて分かることなので、覚えたことは直ぐに実践する癖を付ける
と良いでしょう。覚えたことを実践し続けると、何となく自分に馴染んで来ることに気が付くはずです。

それはノウハウと自分との間の誤差を、実践によって修整することができた証ですので、
こうなると成功に向けて進みやすくなります。

トライ&エラーをいとわない

実践をすると、数々の失敗経験をします。

失敗リスクに慎重になり、トライする勇気がでなくなることもありますが、
そんな時ほどトライ&エラーだと割り切りが必要です。
成功したいと思っても、実践したことが必ず成功するとは限りません。

成功本やハウツー本に書かれていることが、
必ずしも成功を保障してくれているわけでもありません。

そのため、自分でチャレンジし、失敗したらやり直すか他のことを行うという繰り返しが必要なのです。
この、トライ&エラーを高いモチベーションでし続けるために、マインドの項目で解説した、
「失敗を失敗とは思わない」ことが大切なのです。

成功したいのであれば、トライ&エラーを繰り返し、経験値を増やしていきましょう。

成功体験を水平展開できる

ビジネスで成功したい場合には、ここまで紹介したことを実践されると成功確率が上がるかと思いますが、
最後に更なる成功を呼び寄せる方法を紹介します。

それは、成功体験を水平展開することです。
たとえば自分が広報によって事業を成功させたのであれば、
広報を人に教える新規ビジネスを立ち上げることができるでしょう。

自分のビジネスの成功体験を体系化しているならば、コンサルティングを行うことができるでしょう。

また、さまざまな成功体験を情報商材化したり、書籍化することで、
あらたなビジネスチャンスを得ることが可能です。
成功体験を他のビジネスに水平展開することで、より大きな成果を期待することができます。

まとめ

ビジネスで成功したいと思ったら、
「マインド」「学び」「実践」を意識することで、成功確率が上がります。

もちろん、これらをしたからといって、必ずしも成功するとは限りませんが、
確率は上がるかと思います。

成功への道のりはトライ&エラーが大切なので、
これらを意識しながら、ぜひ実践を繰り返していただければと思います。

 

逆にビジネスで成功しない人の特徴とは?
なぜ上手くいかないのか?
まとめてみました。

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中英哉

田中英哉

ことぶら結婚相談所代表、フリーライター。
コーチングや心理カウンセラーの資格を多数保有し、その知識で一人でも多くの人に良い影響の輪を広げるべく日々活動中。
婚活者マッチングやライターとしての情報発信、京都でのユニークイベントなど、さまざまな活動に励んでいる。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビジネスで成功したい人が知っておくべき秘密

  • 今の仕事向いてないと感じた時に考えるべきこと

  • 時間の使い方が下手な人の特徴!反面教師にすべき習慣

  • 独立して仕事をいち早く軌道に乗せる方法!落とし穴に要注意

この記事も読んでみて!

  • 【あなたは信頼されてる?】仕事で信頼できる人と信頼できない人の特徴

  • 成功者の共通点はすべて行動と思考に現れる

  • あなたは大丈夫?仕事ができない人の特徴7つと、仕事ができるようになるカンタンな方法

  • 仕事ができる人の信頼関係の構築力 5つのポイント

  • 気分の浮き沈みはつきもの!仕事のモチベーションを高めるための5つのメソッド

  • 本当に人生が変わる本20選