1. TOP
  2. 仕事ができる人の信頼関係の構築力 5つのポイント

仕事ができる人の信頼関係の構築力 5つのポイント

  • 「上司や同僚、お客さんが自分の意見を受け入れてくれない」
  • 「周りから信頼されてない気がする・・」
  •   その結果、仕事にも支障が出ている・・・

 

やりたいことでビジネスをする為に、周囲との信頼関係の構築は大事ですよね。
相手と信頼関係があるかないかで「自分の言葉を受け入れてもらえるか」どうかが決まり、
仕事ができる・できないという評価にも大きく関わってきます。

学生の頃、好きな先生の話は聞くけど、嫌いな先生の話は言ってることは正しくても何だか
しっくりこない・・・・そんな経験ありますよね。

人はどんなに理屈が通った話でも、信頼していない人(嫌いな人)の話は聞きません。

では、信頼関係はどのように構築すればいいのでしょうか?
必須なのは、「この人は大丈夫」という安心感を与えることです。
人は本能的に安心・安全を求めるからです。

 

今回はコミュニケーション中に“相手に安心感を与える”
「信頼関係の構築力構築法 5つのポイント」をお伝えします。

 

信頼関係の構築法:笑顔を意識する

 

笑顔を意識すること。
当たり前のことのようですが、鏡でも見ていない限り、コミュニケーション中に
「自分が今どんな表情をしているか?」は忘れてしまいがちですよね。

もし、相手が眉間にしわを寄せていたら「なんか怖そう・・・」「怒ってるのかな?」と思ってしまい、
安心感は得られず、心のガードを堅くしてしまいます。

反対に穏やかな笑顔を浮かべている方には「優しそう」「話しやすそう」と感じ、
「安心感」が満たされます。すると無意識的に心のガードを和らげてくれるのです。

人と会う時は、最初の数秒間でもいいので、笑顔でいるよう意識してみましょう。

信頼関係の構築法:話の共通点を見つける

人は”自分に近いと感じる人”に親近感(=安心感)を持ちます。
初対面の人と地元が同じだったりすると、それだけで一気に話が盛り上がったりしますよね。
「この人は絶対良い人だ!」とまで思ったりもします。

安心感”を相手から感じるからです。

私の経験でも、訪問販売の営業マンと地元が一緒で盛り上がり、「この人から買ってあげたい」と感じ、
気付いたら契約していたことがあります・・笑

このように”自分に近いと感じた人”には、“安心感”を感じ、短時間で信頼関係の構築が可能になります。
人と話す際は「相手との共通点は何か?」を常に探しながら会話してみましょう。

信頼関係の構築法:言葉と非言語を相手に合わせる

 

「出身地、趣味、仕事の話」などに共通点があると、自分と近いので“安心感を感じる” と前述しました。

しかし、「会話しても共通点が全くない・・・」そんな人の場合は、どうしたらいいでしょうか?

もし会話の中で共通点が見つからない場合は、”話のネタ以外を合わせる”ことで
「この人は自分に近い!」という安心感を感じてもらうことが可能です。
ポイントは大きく2つあります。

  • 1.言葉を合わせる
  • 2.非言語を合わせる

 

1.言葉を合わせるは、
相手の「言葉を合わせる」ことで安心感を感じてもらう方法です。

例えば相手が
「結婚式で北海道に行ってきたんです」と言ったら
「北海道に行ってきたんですね」と返答する。

「新しいプロジェクトの企画、採用されて嬉しい!」
「それは嬉しいですね!!」と返答する。

相手の言葉を変えずに、そのまま繰り返すこと。
これを「バックトラッキング」と言います。

特に効果的なのは
「嬉しい、楽しい、悲しい、寂しい」など、感情の言葉を繰り返すことです。

単純なようですが、バックトラッキングをするだけで、
「自分の話を聞いてくれている」「自分の話を理解してくれている」
という“安心感”を感じます。

 

2.非言語を合わせる

相手の言葉以外の部分である”呼吸、姿勢、話すスピード”等を合わせる事で、
安心感を感じてもらう方法です。

相手が低音でゆっくり話すタイプなら、
あなたも落ち着いた声のトーンで、ゆっくり話す。

呼吸が浅く早口で話すタイプなら、あなたも早口で話す。
これを「ぺーシング」と言います。

「なんかこの人は話しやすいな~」と感じる人は、
自分と話すスピードや声のトーンが似ていたりしませんか?

年の差が離れている、職業が全く違う分野の人などとは
話の共通点がすぐには見つからないかも知れません。

そんなときは相手の「言葉」と「非言語」を合わせることで、
「自分と似ている」という”安心感”を感じてもらうことが可能です。
この“安心感”が信頼関係の構築に強力に作用します。

信頼関係の構築法:相手の優位感覚に合わせる

 

安心感を感じてもらう為に「利き感覚」を把握することも重要です。
手にも 「右利き、左利き」という利き手があるように、人にも無意識に優先して使っている「利き感覚」
というものがあります。

具体的には・・・

  • 視覚優位型
  • 聴覚優位型
  • 身体感覚優位型

の3つに分かれます。

以下に各タイプの特徴をお伝えしますので、あなたがよく接する人や信頼関係を築きたい方など
特定の人をイメージして当てはめてみてくださいね。

 

■「視覚」が利き感覚の人の特徴
図やイメージ、絵、映像など、視覚を使って情報を理解、表現する傾向がある。

【よく使う言葉】
「話が見えない」「見通しがいい」「イメージしやすい」など、イメージや色、
見た目に関する言葉を使う。

【話すスピード】
比較的早口で話す傾向
【呼吸】
呼吸は浅め
【体の使い方】
身振り手振りを良く使う
【声のトーン】
声はやや高め
【目線】
目線は上方に向く傾向。
その他、外見、見かけを大事にする傾向がある。

 

■「聴覚」が利き感覚の人の特徴
論理的に考える人が多い、音や文字、言葉、数字で理解、表現する傾向がある
【よく使う言葉】
「聞こえる」、「波長が合う」などリズムや音に関する言葉
「ガチャガチャ」「シーン」などの擬音語も使う
【話すスピード】
話すスピードや呼吸、声のトーンは視覚重視と身体感覚重視の中間
【目線】
目線は横左右に動く傾向

 

■「身体感覚」が利き感覚の人の特徴
自分が感じたことをもとに情報を理解、表現する傾向がある
【よく使う言葉】
「つかむ」「~と感じる」「腑に落ちる」など、身体に関連した言葉を多用する
【話すスピード】
比較的ゆっくり話す傾向
【呼吸】
呼吸は深め
【体の使い方】
身振り手振りを良く使う
【声のトーン】
声はやや低め
【目線】
目線は下方に向く傾向

 

※1つの感覚だけがあるというよりは、特に強い感覚が1つある、と思ってください。

例えば、相手が話す際に目線を上に向けながら身振り手振りを交えて早口で話すことが多ければ、
「視覚優位型」の可能性が高いでしょう。
 その場合は、できるだけ図などを使って説明したり「イメージできますか?」と

質問してみるといいでしょう。

信頼関係の構築法: まずは自分が心を開く

これまで、コミュニケーション中に安心感を与え、信頼関係を構築するための
“テクニック部分”をお伝えしました。
ですが、信頼関係の構築に一番大事なのは・・・
テクニックではなく自分自身が相手に心を開くことです。

 

以前、僕の知人の女性(Aさん)がこんな話をしていました。
交流会である男性に声をかけられたんです。
「出身はどちらですか?」
「どんなお仕事をなさってるんですか?」
「お休みの日は何をして過ごしてるんですか?」

 

と興味をもって、私に質問してくれるんですけど、
返答をした後に私が「○○さんは、どうですか?」と聞くと、

 

「いや~、大したことしてないですよ。」
「そんな事より、Aさんの事を教えてください。」

 

と言って、ご自身の事は何も話してくれないのです。

しまいには「僕は自分のことは必要以上に他人に話さないんです」・・・。

明るい笑顔で”感じが良さそう”なのですが、
何を考えているか分からなくて、怖くなりました。
「何か売られるんじゃ?」、とも感じてそそくさと帰りましたよ!

 

このように、表情を意識して相手に関心を向けても、そもそも自分自身が
心を開いていなければ相手は「安心感」を感じられません。
言いかえると、
「信頼関係の構築はテクニックだけでは作れない」ということです。

方法1~4ではテクニックをお伝えしましたが、
まずはあなたが相手に心を開くことが大前提となります。

まとめ:信頼関係の構築で大事なこと

 

相手に「安心感」を感じてもらいながら、信頼関係を構築する方法。
いかがでしたでしょうか?

仕事が出来る人は「自分の言葉を受け入れてもらう為」の「信頼関係の構築力」が優れています。
「信頼関係」が構築できているほど、相手は好感を持ち、良い反応を見せてくれるのです。
職場の上司・同僚やプライベートでぜひ実践してみてください。
  • なぜか自分だけ評価されてない気がする」
  • 「何を話しているかよくわからない」と言われる
  • 「思い通りに仕事を進められない・・」

なんていうあなたは、こちらの記事↓で、説明上手になりましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

やりたいことでビジネスする方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やりたいことでビジネスする方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

五十嵐秀典

コーチ
コミュニケーションスクールの集客・マーケティングに立ち上げから携わる。
10年以上コミュニケーションを研究した経験を活かし職場やプライベートの人間関係で悩むビジネスパーソン向けにコーチングを行っている。
使命はコーチングを通して「人間関係の悩みを解決し、やりたいことを実現する人を増やすこと」
東京の西多摩生まれで、多摩の自然が大好き。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 話下手克服!話下手な人の会話術

  • 仕事ができる人の信頼関係の構築力 5つのポイント

  • カンタン!上手に説明するための「話し方」7つのコツ

この記事も読んでみて!

  • カンタン!上手に説明するための「話し方」7つのコツ

  • 成功者の共通点はすべて行動と思考に現れる

  • プレッシャーやストレスを無理せず上手に解消する方法

  • 仕事もプライベートも空回りしていた女性が夫に愛されながらやりたいことで起業できた理由

  • 成功しない人に共通する5の特徴 人のふり見て我がふり直そう

  • 失敗から立ち直る方法を心理カウンセラーが分かりやすく解説