成功者を目指す人が習慣にしておきたい朝時間の過ごし方

あなたは毎朝どのように過ごしておられますでしょうか?

出勤時間ギリギリまで布団に入っているという人や、のんびりと朝食を楽しんでいる人、
日によってゆっくりしている時と慌てている時がバラバラな人などさまざまだと思います。
しかし、成功者を目指すのであれば、朝時間を有効活用されることをおすすめします。

朝は1日の中で最もフレッシュな時間帯で、朝時間をどのように過ごすかによって
その日のクオリティーに影響を及ぼすといっても過言ではありません。

1日のスタートを最上のものにして充実した1日を過すことの積み重ねが、
成功者になるための方法の1つといえるかと思います。

この記事では成功者を目指す人におすすめの朝時間の過ごし方を具体的に紹介し、
早起きについての最新の研究結果や、朝を有効活用している成功者の具体例を紹介します。

あなたの有意義な朝時間の参考にしていただきたいと思います。

成功者を目指す人におすすめの朝時間の過ごし方

もしもあなたが成功者を目指すのであれば、どのような朝時間がおすすめなのでしょうか?

有意義な朝時間の過ごし方は成功者によってもまちまちです。
人によって趣味嗜好や考え方、性格や体力が違うので、朝時間の過ごし方も十人十色といえるでしょう。

そこで今回は、成功者が実践していることが多い朝時間の過ごし方の中で、
誰でもすぐに実践できる方法を紹介します。今回紹介する方法は
「坐禅」「ウォーキングやジョギング」「クリエイティブな仕事」「ポジティブトーク」の4つです。

実はこれらの方法は科学的にも効果性が認められている内容である上、無料でできることばかりなので、
ぜひ一度試していただければと思います。

坐禅

坐禅は朝に限らずいつしても良いのですが、1日のスタートである朝に行うことによって、
仕事や作業がはかどりますので、朝時間の活用法としておすすめです。

坐禅は脳内からセロトニンという物質が分泌されるので、抑うつ効果があります。
また、これらを行うと集中力がアップしますので、仕事や作業のはかどり具合も変わってくるでしょう。

具体的な坐禅の方法は、場を整え、呼吸を整え、心を整えるという順番で行うと効果的です。
姿勢を正して、ゆっくりと呼吸をし、何も考えないように自分を落ち着かせます。

お坊さんでも無になれることは年に1~2回といいますので、雑念はそれほど気にしなくても大丈夫です。
坐禅を行っている最中に、余計なことばかり考えてしまって集中出来なかったとしても、
集中力自体は高くなりますので、しておいて損はないでしょう。

ウォーキングやジョギング

ウォーキングやジョギングも朝時間におすすめです。朝時間に外にでると太陽の光を浴びることになりますが、太陽の光もセロトニンを分泌させてくれる要因の1つなので、夜よりも朝に行うことが良いでしょう。

脳への作用という面でもこれらの方法はおすすめです。
なぜなら歩くという行動は脳の前頭葉という場所を活発にしてくれますので、脳が活発になってくれます。
歩くスピードは速い方が効果的であるため、ウォーキングよりもジョギングの方が効果性が高いです。

ただ、ジョギングの場合はアスファルトの多い都会では膝を痛める可能性が高いため、
早歩きのウォーキングが良いかも知れません。
いずれにせよ、あなたのペースで続けることが大切です。

クリエイティブな仕事

クリエイティブな仕事も朝時間が最適です。この理由は、朝は脳が整理整頓されている時間帯だからです。
脳は日中さまざまな情報がインプット・アウトプットされており、だんだん散らかっていくのですが、
睡眠中にこれらの情報が整理整頓されていきます。

そのため、朝起きてから2時間から3時間の間が、最もクリエイティブなことをするのに最適な時間帯
なので、ひょっとすると良い閃きが生まれるかも知れません。

ポジティブトーク

ポジティブトークとは、
前向きな発言のことを指します脳の思考は言語で行っているため、日々使っている言語は思考に
影響を与えます。思考が行動に影響を与えることを考えると、なるべく普段から前向きな言葉を
使うように心がけることが重要です。

特に朝時間や睡眠前のリラックスした時間帯は、これらのトークが脳に働きかけやすいので、
それを逆手に取って意識的にポジティブトークを行うことも朝時間におすすめの方法です。
たとえば「今日はツイてる!」というような言葉を投げかけると、
その日いち日が本当にツイてる気がしてくるかも知れません。

ツイてる気がしたら、
脳はツイている情報を探し出しますので、結果的に本当にツイてくる確率が上がるはずですよ。

早起きは健康に悪いって本当?

日本には昔から「早起きは三文の得」という言葉があります。
本当は朝が苦手だけれども頑張って早起きしている人も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、最近の研究で早起きは健康に悪いという内容のものが発表されています。
早起きは本当に健康に悪いのでしょうか?

オックスフォード大の研究で判明

イギリスオックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科学研究所の名誉研究員であるポール・ケリー博士が、科学イベントで発表したレポート(2015年)によると、
早起きはメタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病のリスクを高めるとのことです。

場合によっては心筋梗塞や脳卒中、心不全やうつ病のリスクも高まるとのことで、
このレポートがイギリスガーディアン紙などで報じられて話題となりました。

世界中の人の睡眠パターンを分析した理想の起床時間は、15歳から30歳は朝9時、31歳から64歳の場合は
朝8時、65歳以上が朝7時だとされ、早起きのリスクがうたわれています。

もちろん、1つの研究結果だけでその内容を決定づけることはできないかも知れませんが、
逆に早起きは体にいいという論理的根拠は見つからず、今のところ早起きは健康に悪いという方に
分があるようです。

早い時間に起きたかどうかではなく、起きてから2時間の過ごし方が重要

では早起きしない場合には朝時間の有効活用はできないのでしょうか?
もちろんそんなことはありません。ここで紹介していることは起床時間に関わらず手軽に行えることばかりです。ウォーキングやジョギングも1駅歩くなどの工夫で行うことができますし、休みの日だけジョギングで汗を流すというという方法もあります。

要するに
脳がリフレッシュしている起床後の2時間から3時間を有効に利用すれば良いということ
なので、
ぜひ上手な朝時間の使い方を工夫してみてください。

早起きで知られている成功者をご紹介

最後に朝時間を有効活用している成功者を紹介します。早起きは身体に悪いとのことですが、
早起きをしている成功者は朝時間を例外なく有効活用していますので、ここでは早起きで知られている
成功者を紹介したいと思います。

 ハワード・シュルツ(スターバックスのCEO)

スターバックスのCEOであるハワード・シュルツは朝4時30分起きです。
早朝から犬の散歩に出かけているとのことで、脳に良い朝活をしているようです。

ティム・クック(アップルのCEO)

ティム・クックはアップルのCEOでありながら、2005年よりナイキの社外取締役も務めています。
朝4時30分に部下にメールを送った後は、出社時間まで趣味の時間を過ごしているそうです。

ロバート・アイガー(ウォールト・ディズニーCEO)

ロバート・アイガーも朝4時30分に起床し、運動したあと新聞やメールチェック、ネットサーフィンや
テレビ視聴を行っています。驚くべきことにこれらを同時に行っているそうで、朝から大量の情報を
インプットしていることが分かります。

まとめ

成功者を目指す場合には、朝時間を有効活用することを推奨しますが、
早起きは身体に悪いという研究結果もありますので、早起きせずに手軽にできる方法がおすすめです。

坐禅やポジティブトークなど数分でできることや、ウォーキングやクリエイティブな仕事など、
日常の延長でできることが良いでしょう。

朝時間を有効活用している成功者は多く、
朝から活動的に過ごしている人としては有名企業のトップが名を連ねています。
あなたも明日からぜひ実践してみましょう。

 

あなたはこんなことに悩まされていませんか?

「一生懸命働いているのに時間がいくらあっても足りない」
「いつも待ち合わせ時間に遅れてしまう」
「連絡をもらっていた相手に返信を忘れがち」