会社員が安心して独立するためのおすすめの仕事方法

空前の「起業ブーム」が日本で芽吹き始めています。

日本はこれまで起業や創業、開業といった
個人が独立する環境としては魅力がなく
そのためその数は世界的に見ても低い状況にありました。

しかし、経済を活性化するためには個人の独立をおすすめし、
新たな仕事を始めていくことが
とても重要であり、必要なことです。

そういった状況を打破しようと、日本政府が国をあげて起業を増やそうと
個人の独立を強く支援し始めています。

会社員の独立には多くの支援が行われている

日本が国をあげて会社員の独立や起業に力を入れ始めているといっても
毎日会社にいって仕事をして、
毎月決まった給料をもらっている以上に安心できることはありません。

いくら不満があっても、
わざわざ自ら危険を冒すようなことは
なかなかできませんし、おすすめもできません。

とはいえ、国もそれくらいは分かっています。
そのため、お金や人、専門機関や専門的なアドバイザー、相談機関、
交流機会などあらゆる方向から支援の手を差し伸べており
それによって
独立して自分で仕事を
行う人が増えてきているのも事実です。

それほどまでに、現在の日本国内における企業支援・独立支援は
手厚いものになっており、しかも、ビジネス案さえあれば
誰でも容易にそういった支援を受けられる状況になっています。

独立のハードルは大きく下がっている

これまで、独立して何らかの事業を興すには、多くのお金を必要とし
銀行などから融資を引き出す必要がありました。

しかし、今では、パソコン一つあれば誰でも独立して働くことができる上、
銀行も金余りで融資したくて仕方ない状態になっています。

銀行だけでなく、地方自治体やベンチャーキャピタルなど
起業や独立にあたって投資を引き受けるところは
増え続けており
クラウドファンディングなど元手となるお金を集めるためのサービスも
増えています。
独立
する環境としては、
これ以上ないものが日本でも広がっているのです。

地方自治体にいたっては、新規に起業した人や独立した人をおすすめし、
その人達に対して仕事を創るような機会も次々に提供し始めています。
地方ほど起業や独立には向かないと言われてきましたが、
それももはや昔のことであり
今は地方でも、十分に起業や独立は可能になっています。

闇雲に独立するのが正解とは言えない

起業や独立を増やすべく、社会はダイナミックな動きを見せている昨今
ですが、それを実際に行う側とすれば、
それでも容易なことではありません

何せ、会社員などであれば、それまで築き上げたものや
その後の給与などを全て投げ打ち、またゼロから仕事やお金を
創らなければならなくなってしまうからです。

いくら支援をされたからといって、そうそうできることではありません。
そもそも助成金や補助金で独立時の負担を減らせたからといって
仕事がなければ未来はありません。
確かに、今の支援は経営が軌道に乗るまで仕事や運営をサポートする
内容も増えていますが、与えられた仕事が永遠に続くわけでもなく、
結局のところ、自分で仕事を創れなければ、経営は立ち行かなくなります。

いくらおすすめの人材や支援を投入されても、
独立後は暗中模索することになり、不安はどこまでも尽きないのです。

そして、そういう人にまで独立をおすすめしているのが、
今の日本なので、独立するにあたっては、そういった甘言に
ただ流されるのではなく、
将来的にやっていけそうか、まで詰める必要があります。

独立したいけれど、不安が大きいという場合
これは独立のタイミングとは言えないのです。
独立にあたっては、多くの支援を受けることが可能ですが、
だからといって、いつまでも助けてもらえるわけではないのです。

独立することで多くの素晴らしいものを手に入れることができる

一方で、今の日本の雇用は、働く人に優しくありません。
低賃金で長時間労働をする職場も多く、
そういった場合は働いても働いても報われることがありません。

独立すれば、あなたの働きはお金としてしっかり返ってきます。
働ければ働くほど、あなたが得る報酬はどこまでも増えていきます。
会社員では得ることのできなかった達成感とやりがいが
そこにはあります。

また、昨今日本人の多くを悩ませる子育てや介護の問題も、
独立してしまえば、会社員ほど頭を悩ませる必要もありません。

独立してしまえば、仕事の時間は
すべて自分で決めることが可能になります。

会社員のように時間に拘束されることはありません。
それこそ、自分の気分や都合に合わせて
いくらでも自由に
仕事をすることができます。

独立とは、リスクとともに自由を得る働き方の一つです。

大きな不安を抱える一方で、
会社員のままでは得ることのできない、素晴らしい時間を得ることが
できるようになります。
これは、まがうことなく一つの事実であり、独立して得られる
最上の果実と言えます。

独立はしたいけれどどういう仕事をすれば良いか

独立とは、会社員にとって、ある種の夢です。

会社から開放され、自分の人生を生きることのできる
誰もが憧れる道です。
不安や恐怖に襲われることも間違いありませんが、
それでも独立することで得られるものが、それ以上に大きいのです。

しかし、独立するには仕事が必要です。
独立後の仕事は自分で掴んでくるしかありません。
ここで多くの人は独立を諦めてしまいます。
中には、会社員として毎日やるべきことが存在していることに
大きな感謝を覚える人もいます。

それでも独立を志す人ならば、ここで誰もが考えます。

独立するにあたって、おすすめの仕事はないのか?」

仕事さえあれば独立できるのですから
こういった疑問を感じるのは自然なことです。
そして、多くの人はGoogleなどの検索エンジンで、
会社員が独立するにあたっておすすめの仕事は何か、と調べるのです。

おすすめの仕事は本当におすすめなのか?

会社員の独立でおすすめの仕事は何か?

この言葉をインターネット上で検索すると、実に多くの情報が出てきます。
中には、こんな独立方法があったのか、と思うようなものもありますが、
多くの情報はどれもこれも似たようなものばかりです。

あなたも一度検索してみてください。
もしかすると既に検索しているかもしれませんが、
こういった仕事をよく見るのではないでしょうか。

・飲食店
・学習塾
・不動産
・代行ビジネス
・ネットショップ
・コンサルタント
・ブログ

これらの特徴は、それこそ手軽に始められることや個人ビジネスとして
多くの人が思いつきそうなものという点です。
必ずしも間違いとは言えませんが、どれもこれも
思いつきレベルものであり、到底現実的とは言えません。

なぜおすすめの独立方法はおすすめではないのか?

飲食店や学習塾、不動産、代行ビジネス
ネットショップにコンサルタント。

会社員が独立するにあたって、なぜ、これらの仕事がおすすめできないのか。
そこには単純ながら明快な理由があります。

たとえば、飲食店や学習塾、不動産ですが
これらは恐らく会社員が独立するにあたって
多くの人が実際に着手しているビジネスにあげられます。

しかし、初期投資が非常にかかり、
競合があまりに多く。需要自体もほとんどない」という理由から
およそ独立後に着手する仕事としては適切ではありません。

多くの借金を抱えるだけ抱えて、
その後の人生を真っ暗にしてしまうことも珍しくありません。

会社員が独立して仕事をするにあたって
初期投資を抑えるというのは基本中の基本

たとえば、もともとこれらのビジネスにおいて高い実績を持っており、
競合がひしめく中でも勝ち上がれる強力な戦略があるのであれば
話も変わりますが、そうでなければ「無謀」という言葉すら
おこがましいほどに無理筋なビジネスです。

一方、代行ビジネスやネットショップ、コンサルタント、ブログなどは
初期投資がほとんどかからないことから現在人気の独立手段となっています。

これらについては、一概にダメという話ではありません。

もしこれらで独立するのであれば、
独立する前にこれらである程度の実績を積み上げてから行うべきという
点で、
独立後に行う仕事として適切と言えません。

つまり、独立してから着手する仕事としては
おすすめできないという話です。

会社員から独立する鍵は独立前の行動が全てを握っている

会社員が独立するにあたっておすすめの仕事とは
結局のところ、会社員の延長でできることです。
つまり、会社員の間でもできること。

代行ビジネスでもネットショップでもコンサルタントでもブログでも、
初期投資がかからず、会社員として働く傍らでもできるようなものが
現実的です。

なぜかといえば、この方法が、最も不安なく始められ、ある程度稼ぎを
創りながら軌道に乗せていくことが可能だからです。

独立後には、様々な支援を受けることが可能ですが、
それらは初期の資金を工面してくれるものであるケースは少ないのが
現状です。

たとえ資金を工面してもらえたとしても、
それは後に大きな金額として返済しなければならないものであったり
何らかの提携を求められるものだったりと、独立後の仕事の幅を
制限してしまいます。

独立後に最も重要なのは、お金です。
それもただの数字ではなく、いつでも現金化できるものです。

そのため、会社員が独立を考えるのであれば、その時点で、
独立は始まっていると考え、お金を稼ぎ始めることが必要です。

独立直後から、ある程度お金が入る状態で仕事を展開していく。
これが、最も理想的な独立です。

まとめ

実は、会社員は誰でも独立が可能です。
様々な支援を受けて事業を拡大することもできます。

そのためにも、会社員の内から独立後を考え仕事をつくっておく。
これが最もおすすめの独立方法です。

 

では、会社員のうちから気軽に始められる『週末起業』
なかでも大きなメリットがある「自宅サロン」という
起業方法をご紹介します!