【メルマガとは?】登録方法と書き方、収益化の仕組み作りまとめ

集客をする上でメルマガは、とても有効な方法です。

しかし、メルマガのことをよく分かっていなかったり、どうやって書けば良いか分からない人も多いです。

そこで、この記事では、メルマガの基本を紹介し稼ぐ方法までを解説します。

ぜひトライしてくださいね。

メルマガとは?

メルマガとは、メールマガジンの略です。

マガジンは雑誌を意味しますので、メール版の雑誌と考えると分かりやすいでしょう。

あなたのサービスやコーチングの価値を売るために、読者にとって意義のある情報配信をメルマガで行います。

読者の立場でいうと有益な情報を届けてくれるツール、配信者の立場でいうと宣伝やセールスをしてくれるツールということになります。

【登録方法】メルマガを始めてみよう!配信するにはどうしたら?

メルマガは、あなたが発信する情報の購読希望者(登録者)に対して配信するツールですが、具体的にどうすれば配信できるのでしょうか?

結論から言うと、メール配信システムに登録することで配信ができます。

配信システムは簡単に利用できるので、行動する気さえあれば誰でもメルマガ発行者となれます。

配信システムは無料と有料がありますので、状況に合わせてチョイスしましょう。

無料配信システム

無料配信システムを利用すると、費用を一切かけずにメルマガを配信することができます。

有名で代表的な無料配信システムには「まぐまぐ」オレンジメール」「acmailer」などがよく使われています。

有料配信システム

有料配信システムは、無料よりもサービスが充実しています。

料金は月額数千円程度のものから、10万円以上するものまでさまざまです。

有料配信システムでは「配配メール」メールスマート」ブラストメール」などがよく使われています。

どちらがいいの?メリット・デメリット

無料配信サービスと有料配信サービスのどちらを選ぶべきかは、ビジネスの段階や予算の状況によって異なります。

スタートアップの段階や、予算をかけたくない段階では無料配信サービスが良いですし、ある程度売り上げが見込めるようになれば有料配信サービスに切替ても良いでしょう。

その判断基準として、それぞれのメリットデメリット例を紹介します。

メリット

無料配信サービス

・コスト気にせずメルマガ配信ができる
・メルマガ配信の練習ができる
・無料で見込み客やリピーター客の獲得ができる

有料配信サービス

・迷惑メールに間違われない仕組みがある
・配信の効果測定ができる
・サポートがある
・事前に配信予約設定ができる

デメリット

無料配信サービス

・無料であるため途中で挫折しやすい
・開封率が分からない
・機能が少なくサービス向上には向いていない

有料配信サービス

・費用が事業の負担になる可能性がある(ランニングコスト)
・費用対効果を常に意識する必要がある

メルマガを書いてみよう!書き方のポイント

配信サービスを選択したら、いよいよメルマガを書く段階です。

しかし、いざ書こうと思ってもうまく書けないと悩む人が多いです。

そこで、どのようなことに気を付けて書けば良いのか、そのポイントをお伝えします。

読みやすさ

最初に考えるべきことは読みやすさです。

ひと通り書いてみてから読み直し、分かりにくいところは修正しましょう。

できれば、第三者に読んでもらい感想やフィードバックを貰うと良いでしょう。

メルマガ初心者は「書く」ことで精一杯になりがちですが、これでは自己満足で終わってしまいます。

慣れてくると「相手に伝える」段階にシフトしますが、この段階でも自己満足の領域です。

「相手に伝わる」内容でないと意味がありません。

「相手に伝わる」かどうかを意識をしながら書くと読みやすいメルマガになります。

売り込まない

メルマガ初心者は、つい売り込んでしまいがちです。

メルマガは集客のプロセスとして配信するわけですから、売り込みたい気持ちも分かります。

しかし、まずは情報が欲しくて登録している多くの読者は、売り込まれれば逃げたくなります。

有益な情報を提供しつつ、その結果として、あなたの提供するサービスが役立つという見せ方が大切です。

あえてメルマガ内でクロージングはせず、読者が自分で判断するよう工夫しましょう。

さり気ないPRや宣伝を意識しつつ、売り込みの押しが強くならないようにしましょう。

あなたの実体験 (オリジナリティ)

メルマガの情報が客観的なものでどこか他人事な内容で終わってしまうと、今一つ魅力がありません。

他社との差別化もできなくなるため、集客に結びつきにくいです。

オリジナリティーを出すためには、あなたの実体験を盛り込みましょう。

あなたの実体験を入れると、誰にも真似されないメルマガとなります。

まさに今、同じ悩みや困難に直面している読者に臨場感を与えられますし、共感されやすくなります。

あなたのサービスの価値を伝える (共感とメッセージ性)

ターゲットに対する共感も重要です。

読者の共感を得られれば、説得力が増します。

説得力が増すことで、あなたのメッセージ性が高まるため、集客というゴールにリードしやすくなるでしょう。

読者への問いかけやあなたの実体験を盛り込み、共感的文章にしてから、あなたのサービスの価値を伝えましょう。

なぜ、あなたのサービスが必要なのか、どうして他の方法ではダメなのか必要性をしっかりと発信しましょう。

問題解決の提案

最後に、問題解決の提案を心掛けましょう。

ターゲットとしている読者は、今どのような問題や困難を抱えており、それがどのように自分の商品やサービスで解決できるのか提案すると良いでしょう。

問題解決後の状態を文章からイメージさせることができれば、あなたのサービスの必要性と価値を認識してもらえます。

読者がイメージしやすいよう、具体的で臨場感のあるメルマガが理想です。

メルマガで稼ぐには?仕組み作りのポイント

ただメルマガを配信しても、稼ぐ=収益化に結び付けることは困難です。

メルマガは集客プロセスの1部だと考え、さらに仕組化する必要があります。

では、どうやって仕組化すれば良いのでしょうか?具体的に紹介します。

集客あってのメルマガ

メルマガの以前に、まずは集客しなくては登録してもらえません。

メルマガよりも前段階の仕組みが必要となります。

代表的な方法が、ブログやSNS、広告を活用して、あなたのメルマガに誘引しましょう。

また、記事を書き貯めておけば自動的に配信される「ステップメール」で商品サービスを案内し、メルマガ登録に繋げる方法もあります。

ステップメールはファン化するために有効なツールですので、合わせて活用すると良いでしょう。

もちろんステップメールも集客が必要ですので、前段階のブログや広告などで読者を集める努力も怠らずに行いましょう。

開封率

どれだけ多数の読者にメルマガを届けても、開封されなければ意味がありません。

開封率を意識した配信も大切です。

開封率を上げるためには、セグメント化された読者に適切な時間帯に配信する必要があります。

読者の生活を想像し、メルマガを読みそうな時間帯に配信しましょう。

また、目を引く件名である言葉選びや、スマホ表示を意識した文章校正やデザインなどにも配慮しましょう。

とにかく「読みやすさ」

上記にて内容的な読みやすさに触れましたが、パッと見た瞬間の印象や読みやすさも意識しましょう。

たとえば、改行がない文章は読みにくいため、一定の行数(1行~3行)で改行しましょう。

また、構成をテンプレート化することで、読者に慣れてもらいやすくなる効果があります。

さらに、主語が誰なのか、誤字脱字はないか、漢字を多用しすぎていないかなどにも配慮しましょう。

このほか、文章の読みやすさを上げるためには、キャッチコピーやコピーライティングの勉強がおすすめです。

読者の反応

読者の反応を意識した戦略も大切です。

このことを、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と呼びます。

たとえばアンケートなどにより、読者に「返信」を促すことで意図した方向に誘導していきます。

読者に反応をさせると、読者を教育することができます。

コーチングに興味を持っていた読者に対して、コーチングの重要性や必要性を教育すれば、販売につながるわけです。

その教育のために反応を促し、無意識にあなたのサービスのメリットを理解してもらい共感されると、より売れやすくなるのです。

「集客⇒教育⇒販売」の仕組みのなかで、読者に反応させるというスパイスを加えましょう。

誰に向けてのメッセージか

無料メルマガを集客手段の一つとし、読者が多く集まればメルマガを有料化して稼ぐ方法というケースがあります。

しかし、この方法は有名人でないとハードルがとても高いです。

著名でない一般人が有料メルマガをするとなると、読者に「どんな価値」を提供し、共感してもらえるかが非常に重要です。

そして、読者とは誰なのか、その相手を具体的に設定する必要があります。

先ほども述べましたが、明確なターゲットに向けた読者層への、明確なメッセージは共感されやすくなります。

そして、感動を与えることもできます。

あなたのサービスの価値や理解が深まり、セールスしやすくなり収益化に結び付くことでしょう。

最終的には収益化に結び付くためには、誰に向けてどんなメッセージを発信していくのか常に意識しましょう。

まとめ

ビジネスを始めるにあたって、最初の一歩としてメルマガは有効な手段です。

しかし、メルマガ自体で稼ぐのではなく集客プロセスの一部だと認識する必要があります。

メルマガを踏まえた集客の仕組み作りを重視しましょう。

メルマガは無料と有料がありますので、あなたのビジネスプランのステージに合わせて活用しましょう。

メルマガを書き始めたら、まずは、誰に書いているのかと読みやすさを意識しましょう。

肩肘張らず、まずは最初の一歩を踏み出してやってみましょう!

こちらも合わせてチェックしましょう!

【読者の増やし方と集客】
メルマガとは何?ブログとの違いから配信する方法まで初心者向けに解説

 

集客をする上でメルマガは、とても有効な方法です。

しかし、メルマガのことをよく分かっていなかったり、どうやって書けば良いか分からない人も多いです。

そこで、この記事では、メルマガの基本を紹介し稼ぐ方法までを解説します。

ぜひトライしてくださいね。

メルマガとは?

メルマガとは、メールマガジンの略です。

マガジンは雑誌を意味しますので、メール版の雑誌と考えると分かりやすいでしょう。

あなたのサービスやコーチングの価値を売るために、読者にとって意義のある情報配信をメルマガで行います。

読者の立場でいうと有益な情報を届けてくれるツール、配信者の立場でいうと宣伝やセールスをしてくれるツールということになります。

【登録方法】メルマガを始めてみよう!配信するにはどうしたら?

メルマガは、あなたが発信する情報の購読希望者(登録者)に対して配信するツールですが、具体的にどうすれば配信できるのでしょうか?

結論から言うと、メール配信システムに登録することで配信ができます。

配信システムは簡単に利用できるので、行動する気さえあれば誰でもメルマガ発行者となれます。

配信システムは無料と有料がありますので、状況に合わせてチョイスしましょう。

無料配信システム

無料配信システムを利用すると、費用を一切かけずにメルマガを配信することができます。

有名で代表的な無料配信システムには「まぐまぐ」オレンジメール」「acmailer」などがよく使われています。

有料配信システム

有料配信システムは、無料よりもサービスが充実しています。

料金は月額数千円程度のものから、10万円以上するものまでさまざまです。

有料配信システムでは「配配メール」メールスマート」ブラストメール」などがよく使われています。

どちらがいいの?メリット・デメリット

無料配信サービスと有料配信サービスのどちらを選ぶべきかは、ビジネスの段階や予算の状況によって異なります。

スタートアップの段階や、予算をかけたくない段階では無料配信サービスが良いですし、ある程度売り上げが見込めるようになれば有料配信サービスに切替ても良いでしょう。

その判断基準として、それぞれのメリットデメリット例を紹介します。

メリット

無料配信サービス

・コスト気にせずメルマガ配信ができる
・メルマガ配信の練習ができる
・無料で見込み客やリピーター客の獲得ができる

有料配信サービス

・迷惑メールに間違われない仕組みがある
・配信の効果測定ができる
・サポートがある
・事前に配信予約設定ができる

デメリット

無料配信サービス

・無料であるため途中で挫折しやすい
・開封率が分からない
・機能が少なくサービス向上には向いていない

有料配信サービス

・費用が事業の負担になる可能性がある(ランニングコスト)
・費用対効果を常に意識する必要がある

メルマガを書いてみよう!書き方のポイント

配信サービスを選択したら、いよいよメルマガを書く段階です。

しかし、いざ書こうと思ってもうまく書けないと悩む人が多いです。

そこで、どのようなことに気を付けて書けば良いのか、そのポイントをお伝えします。

読みやすさ

最初に考えるべきことは読みやすさです。

ひと通り書いてみてから読み直し、分かりにくいところは修正しましょう。

できれば、第三者に読んでもらい感想やフィードバックを貰うと良いでしょう。

メルマガ初心者は「書く」ことで精一杯になりがちですが、これでは自己満足で終わってしまいます。

慣れてくると「相手に伝える」段階にシフトしますが、この段階でも自己満足の領域です。

「相手に伝わる」内容でないと意味がありません。

「相手に伝わる」かどうかを意識をしながら書くと読みやすいメルマガになります。

売り込まない

メルマガ初心者は、つい売り込んでしまいがちです。

メルマガは集客のプロセスとして配信するわけですから、売り込みたい気持ちも分かります。

しかし、まずは情報が欲しくて登録している多くの読者は、売り込まれれば逃げたくなります。

有益な情報を提供しつつ、その結果として、あなたの提供するサービスが役立つという見せ方が大切です。

あえてメルマガ内でクロージングはせず、読者が自分で判断するよう工夫しましょう。

さり気ないPRや宣伝を意識しつつ、売り込みの押しが強くならないようにしましょう。

あなたの実体験 (オリジナリティ)

メルマガの情報が客観的なものでどこか他人事な内容で終わってしまうと、今一つ魅力がありません。

他社との差別化もできなくなるため、集客に結びつきにくいです。

オリジナリティーを出すためには、あなたの実体験を盛り込みましょう。

あなたの実体験を入れると、誰にも真似されないメルマガとなります。

まさに今、同じ悩みや困難に直面している読者に臨場感を与えられますし、共感されやすくなります。

あなたのサービスの価値を伝える (共感とメッセージ性)

ターゲットに対する共感も重要です。

読者の共感を得られれば、説得力が増します。

説得力が増すことで、あなたのメッセージ性が高まるため、集客というゴールにリードしやすくなるでしょう。

読者への問いかけやあなたの実体験を盛り込み、共感的文章にしてから、あなたのサービスの価値を伝えましょう。

なぜ、あなたのサービスが必要なのか、どうして他の方法ではダメなのか必要性をしっかりと発信しましょう。

問題解決の提案

最後に、問題解決の提案を心掛けましょう。

ターゲットとしている読者は、今どのような問題や困難を抱えており、それがどのように自分の商品やサービスで解決できるのか提案すると良いでしょう。

問題解決後の状態を文章からイメージさせることができれば、あなたのサービスの必要性と価値を認識してもらえます。

読者がイメージしやすいよう、具体的で臨場感のあるメルマガが理想です。

メルマガで稼ぐには?仕組み作りのポイント

ただメルマガを配信しても、稼ぐ=収益化に結び付けることは困難です。

メルマガは集客プロセスの1部だと考え、さらに仕組化する必要があります。

では、どうやって仕組化すれば良いのでしょうか?具体的に紹介します。

集客あってのメルマガ

メルマガの以前に、まずは集客しなくては登録してもらえません。

メルマガよりも前段階の仕組みが必要となります。

代表的な方法が、ブログやSNS、広告を活用して、あなたのメルマガに誘引しましょう。

また、記事を書き貯めておけば自動的に配信される「ステップメール」で商品サービスを案内し、メルマガ登録に繋げる方法もあります。

ステップメールはファン化するために有効なツールですので、合わせて活用すると良いでしょう。

もちろんステップメールも集客が必要ですので、前段階のブログや広告などで読者を集める努力も怠らずに行いましょう。

開封率

どれだけ多数の読者にメルマガを届けても、開封されなければ意味がありません。

開封率を意識した配信も大切です。

開封率を上げるためには、セグメント化された読者に適切な時間帯に配信する必要があります。

読者の生活を想像し、メルマガを読みそうな時間帯に配信しましょう。

また、目を引く件名である言葉選びや、スマホ表示を意識した文章校正やデザインなどにも配慮しましょう。

とにかく「読みやすさ」

上記にて内容的な読みやすさに触れましたが、パッと見た瞬間の印象や読みやすさも意識しましょう。

たとえば、改行がない文章は読みにくいため、一定の行数(1行~3行)で改行しましょう。

また、構成をテンプレート化することで、読者に慣れてもらいやすくなる効果があります。

さらに、主語が誰なのか、誤字脱字はないか、漢字を多用しすぎていないかなどにも配慮しましょう。

このほか、文章の読みやすさを上げるためには、キャッチコピーやコピーライティングの勉強がおすすめです。

読者の反応

読者の反応を意識した戦略も大切です。

このことを、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と呼びます。

たとえばアンケートなどにより、読者に「返信」を促すことで意図した方向に誘導していきます。

読者に反応をさせると、読者を教育することができます。

コーチングに興味を持っていた読者に対して、コーチングの重要性や必要性を教育すれば、販売につながるわけです。

その教育のために反応を促し、無意識にあなたのサービスのメリットを理解してもらい共感されると、より売れやすくなるのです。

「集客⇒教育⇒販売」の仕組みのなかで、読者に反応させるというスパイスを加えましょう。

誰に向けてのメッセージか

無料メルマガを集客手段の一つとし、読者が多く集まればメルマガを有料化して稼ぐ方法というケースがあります。

しかし、この方法は有名人でないとハードルがとても高いです。

著名でない一般人が有料メルマガをするとなると、読者に「どんな価値」を提供し、共感してもらえるかが非常に重要です。

そして、読者とは誰なのか、その相手を具体的に設定する必要があります。

先ほども述べましたが、明確なターゲットに向けた読者層への、明確なメッセージは共感されやすくなります。

そして、感動を与えることもできます。

あなたのサービスの価値や理解が深まり、セールスしやすくなり収益化に結び付くことでしょう。

最終的には収益化に結び付くためには、誰に向けてどんなメッセージを発信していくのか常に意識しましょう。

まとめ

ビジネスを始めるにあたって、最初の一歩としてメルマガは有効な手段です。

しかし、メルマガ自体で稼ぐのではなく集客プロセスの一部だと認識する必要があります。

メルマガを踏まえた集客の仕組み作りを重視しましょう。

メルマガは無料と有料がありますので、あなたのビジネスプランのステージに合わせて活用しましょう。

メルマガを書き始めたら、まずは、誰に書いているのかと読みやすさを意識しましょう。

肩肘張らず、まずは最初の一歩を踏み出してやってみましょう!

こちらも合わせてチェックしましょう!

【読者の増やし方と集客】
メルマガとは何?ブログとの違いから配信する方法まで初心者向けに解説

 

 

最初のコメントをしよう

必須